MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ワラサ・ヒラマサ・ブリ、青物ジギング初夏の陣開幕中!【波崎沖】

ワラサ・ヒラマサ・ブリ、青物ジギング初夏の陣開幕中!【波崎沖】

常磐沖にスプリンター集結中! ジギングで狙うワラサ、ブリ、ヒラマサが好気配だという。ガツンッと大物を釣り上げるべく、取材地に向かった。

perm_media 《画像ギャラリー》ワラサ・ヒラマサ・ブリ、青物ジギング初夏の陣開幕中!【波崎沖】の画像をチェック! navigate_next

イナダは絶好調! バリ食いモードでスカッとしよう!

サワラも回遊中だ。ジグを回収中に表層付近でヒットすることも。サワラの群れが濃ければ、この魚がメインターゲットになるかもしれない。

取材日に関しては、ジャーク幅は広め、スピードはスローの「もったり」したアクションが効果的だった。

何本釣っても気持ちがいい青物。タモ入れされて船上に抜き上げられて、ようやくホットする。

しっかり引きつけて!いざっ!

この瞬間がたまりません!

今夜はこいつで一杯!

ヒットが集中したスミスのマサムネ。常磐沖では人気の高い定番ジグのひとつだ。

4月半ばには、ワラサ&ブリフィーバーも。

小ぶりでもヒラマサだ。1本に価値がある。

ワラサ・ブリがなんと一人21本という爆釣デーがあった。

トリヤマパターンもあり。ジギングでの釣果が中心だが、今後はキャスティングで狙っても面白いかもしれない。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「信栄丸」。

「群れ次第の部分もあるけどね。ワラサやブリが良かったり、ヒラマサが根回りに入ってきたり。けっこうにぎやかな感じだよ」
と話す、波崎「信栄丸」の寺井和彦船長。
一日単位でみればたしかにムラはある。しかし、一週間単位で見れば十分に盛り上がっている。とくに今春はブリクラス、10㎏前後のヒラマサも顔を出しており、サイズがよいのも特徴だ。
実釣取材は、残念ながら谷間の日に当たってしまった。イナダは釣れ盛るが、ワラサ以上のクラス、ヒラマサは沈黙。かろうじてサンパク(2㎏クラスのブリ)を仕留めるにとどまった。
「いつもはけっこう速めにシャクるといいことが多いけど、今日はゆっくりした動きがいいみたいですね。意外に追ってくるのかな、上のほうで食ってきますよ」と常連さん。
思いのほかヒットパターンが多彩なのも当地の特徴のひとつ。その分、柔軟な発想で対応する必要がある。
これから本格的な夏に向かっていってもワラサ、ブリ、ヒラマサは好調持続、と信じたい。昨年も5月は安定釣果が続いていた。期待は十分だろう。

以上の記事は「つり丸」2014年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル