MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ワラサ・ヒラマサ・ブリ、青物ジギング初夏の陣開幕中!【波崎沖】

ワラサ・ヒラマサ・ブリ、青物ジギング初夏の陣開幕中!【波崎沖】

常磐沖にスプリンター集結中! ジギングで狙うワラサ、ブリ、ヒラマサが好気配だという。ガツンッと大物を釣り上げるべく、取材地に向かった。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

イナダは絶好調! バリ食いモードでスカッとしよう!

サワラも回遊中だ。ジグを回収中に表層付近でヒットすることも。サワラの群れが濃ければ、この魚がメインターゲットになるかもしれない。

取材日に関しては、ジャーク幅は広め、スピードはスローの「もったり」したアクションが効果的だった。

何本釣っても気持ちがいい青物。タモ入れされて船上に抜き上げられて、ようやくホットする。

しっかり引きつけて!いざっ!

この瞬間がたまりません!

今夜はこいつで一杯!

ヒットが集中したスミスのマサムネ。常磐沖では人気の高い定番ジグのひとつだ。

4月半ばには、ワラサ&ブリフィーバーも。

小ぶりでもヒラマサだ。1本に価値がある。

ワラサ・ブリがなんと一人21本という爆釣デーがあった。

トリヤマパターンもあり。ジギングでの釣果が中心だが、今後はキャスティングで狙っても面白いかもしれない。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「信栄丸」。

「群れ次第の部分もあるけどね。ワラサやブリが良かったり、ヒラマサが根回りに入ってきたり。けっこうにぎやかな感じだよ」
と話す、波崎「信栄丸」の寺井和彦船長。
一日単位でみればたしかにムラはある。しかし、一週間単位で見れば十分に盛り上がっている。とくに今春はブリクラス、10㎏前後のヒラマサも顔を出しており、サイズがよいのも特徴だ。
実釣取材は、残念ながら谷間の日に当たってしまった。イナダは釣れ盛るが、ワラサ以上のクラス、ヒラマサは沈黙。かろうじてサンパク(2㎏クラスのブリ)を仕留めるにとどまった。
「いつもはけっこう速めにシャクるといいことが多いけど、今日はゆっくりした動きがいいみたいですね。意外に追ってくるのかな、上のほうで食ってきますよ」と常連さん。
思いのほかヒットパターンが多彩なのも当地の特徴のひとつ。その分、柔軟な発想で対応する必要がある。
これから本格的な夏に向かっていってもワラサ、ブリ、ヒラマサは好調持続、と信じたい。昨年も5月は安定釣果が続いていた。期待は十分だろう。

以上の記事は「つり丸」2014年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル