MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
シロギスは釣果上向き、釣趣最高、味も良し【東京湾】

シロギスは釣果上向き、釣趣最高、味も良し【東京湾】

まぶしい初夏の東京湾。八景島の際で船を止め、いっせいに仕掛けが入る。一人の竿にアタリが出て、注目のなか上がって来たシロギスは20㎝を超える良型!

釣果も上向き、食べても美味! 浅場メインなので釣趣も最高!

小気味よい引きが楽しい!

当日は良型主体に釣れた!

一荷もある!

トラギスとの一荷。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「弁天屋」。

金沢八景「弁天屋」では、良型中心に、連日トップ30〜50匹の釣果が続いている。「潮が速い時は手前で何カ所かポイントを回ってから、中ノ瀬や富津へ向かいます」と「弁天屋」糟谷武彦船長はいう。
取材当日は八景島周りで20㎝級の丸みのある良型が姿を見せた。そして中ノ瀬ではまず同サイズ、続いて15〜17㎝の数釣りと船内でアタリが止まることなく出続けた。航程も20分程度と近いうえ、水深も手前が8m、中ノ瀬で18m程度なので、小さなアタリもしっかり伝わってくる。食いが立てば一荷もあり、トップが52匹、2番手も40匹台の釣果。
中ノ瀬は波も穏やかで釣りやすいが、3月頃からアカクラゲがいるため、仕掛けに絡んだら、面倒がらずにスポンジ等で取り除くことが不可欠だ。
シロギスの旬はこの初夏。フライ、テンプラ、塩焼き、刺身などが一般的だが、お客さんに聞いたという三枚に下ろし、梅の身を付けて、大葉と一緒に春巻きの皮で巻いて揚げる料理方法も船長は教えてくれた。
良型狙いのテクニカルな釣りなので、数釣りには技術が必要だが、高活性なシロギスはその引き味も心地よい。日差しが強まるなか、水分補給等の対策を万全に、旬のシロギスを楽しもう。

当日の仕掛けはこんな感じでした

付けエサはアオイソメ。

以上の記事は「つり丸」2017年8月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
最新記事
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読