MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イサキの数釣り高確率! 高級ゲストも待っている!【網代南沖】

イサキの数釣り高確率! 高級ゲストも待っている!【網代南沖】

3月からスタートしている網代南沖の遠征イサキ五目。航程1時間半〜2時間のポイントでイサキをメインに狙う五目釣りだ。これから夏場まで人気の釣り物でもある。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

追い食いさせて、クーラーボックス満タンだ!

連日好釣果が続く網代南沖のイサキ。永井名人は4点掛け!

うまく追い食いさせてハリ数分食わせよう!

ポイントの網代南沖は航程1時間半〜2時間ぐらい。

狙う水深は浅場で20m台、深いところは80mぐらいも狙う。

良型イサキの一荷。

アタリがあったら追い食いを狙おう。

ベテランは多点掛け連発!

本誌ライターの芝さんはイサキとメジナの一荷。

イサキもゲストもオキアミエサで狙う!

突然、強いアタリがあるので油断しないように!

ゲストのおでまし!

嬉しい高級シマアジ!

永井名人は朝イチに3㎏級のマダイを食わせた。

本誌ライター・芝さんは、当日最大の5㎏マダイをゲット!

こちらはヒラマサ!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・網代港「ゆたか丸」。

関東周辺では、これからイサキが最盛期に突入する。多くのエリアで数釣りが楽しめるが、なかでも網代南沖は安定して好釣果が期待できる。
「イサキはこれからが本格シーズンです。出船すればほぼ毎回好釣果が出ています。いつも朝イチや途中にゲストも狙っています。それでも、慣れた人は大型クーラーがイサキでいっぱいになるほどです」と話すのは、網代「ゆたか丸」の森野孝船長。
このページの写真を見てもわかるとおり、イサキは多点掛けが連発! ビギナーでも基本を押さえれば、お土産は堅いと言えるだろう!
そして網代南沖では高級ゲストの期待もできる。シマアジ、ヒラマサ、マダイをはじめ、さまざまな高級魚の可能性もあるのだ。
網代南沖のポイントまでは航程1時間半〜2時間ほど。遠征釣りであるが、これからは海が穏やかな日が多くなり、遠征にはオススメの時期。イサキの数釣りに高級ゲストも狙える、ちょっと贅沢な網代南沖の「遠征イサキ五目」にぜひ挑戦してみよう!

オキアミエサの2〜3本バリ仕掛け!

網代南沖の遠征イサキ五目はコマセ釣りで狙う。前述したようにイサキのほか、シマアジ、ヒラマサなどの青物のほか、マダイ、メジナなども掛かる。
そのためタックルは遠征五目用、ワラサ用、パワーのあるマダイ用などがオススメ。今回の網代「ゆたか丸」の取材には永井裕策名人に同行してもらった。そのとき永井名人が使っていたのは、竿がシマノ「ミヨシリミテッド40 270」、リールはシマノ「フォースマスター1000MKHD」の組み合わせで、マダイ用タックルだ。
ビシはステン缶かプラビシ。「ゆたか丸」では80号を使用。コマセはオキアミを使うが、置き竿でパラパラパラと出るように調整する。
道糸の先にビシを装着した片テンビンをつなぎ、クッションゴムを介して仕掛けをつなぐ。仕掛けは左のイラストのように3本バリが標準だが、慣れない人は2本バリのほうが扱いやすいだろう。
ハリスは4〜6号、6mが標準。ヒラマサや大型シマアジなどがよくアタっているようなら、ハリスは6号、またはそれ以上でもOK。ハリは軸が太く頑丈なグレバリの10号前後がベストバランスだ。クッションゴムは、使用ハリスの号数に対応した太さで、全長1mを使う。

コマセをまきすぎない! 高活性時は手返しよく

釣り方で注意しなければいけないのは、とにかくコマセをまきすぎないこと。これはイサキ狙いのときもゲスト狙いのときもだ。
ポイントとなる海域は潮が速いこともしばしば。速潮時にコマセをたくさんまいてしまうと、大量に流れていくコマセに魚が付いて、船からだけでなくポイントからも魚が離れてしまうからだ。そためにビシの調整は、コマセがパラパラパラと出るようにする。
タナの取り方とコマセワークは上のイラストのとおり。イサキのアタリがあったらすぐに巻き上げるのではなく、その場で少し待つか、ゆっくりと巻き上げて追い食いさせて多点掛けを狙おう。
食いがいい高活性時は、手返しよく仕掛けを投入することが、数を伸ばすコツでもある。また、イサキの食いがいいときは、付けエサをイカタンにするのもアリだ。エサもちがいいので、エサ付けの手間が省けて手返しを速くすることができる。
網代南沖の遠征イサキ五目は、青物、マダイ、イシダイ、メダイ、メジナなど引きの強いゲストが掛かる。とくにこれらのゲストの可能性が高いポイントを狙うときは、リールのドラグは緩めに調整しておくこと。
イサキとは違う強いアタリがきたら、無理せずに糸を出し入れしながらやり取りしよう。
またポイントによってはイサキが食っているなか、マダイらしき反応が頻繁に出るときがある。そんなときは船長からアナウンスがある。指示ダナは絶対厳守なので、イサキの下にいるマダイを食わせるには、ハリスを長くして狙うのもテクニックの一つだ。

以上の記事は「つり丸」2014年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル