MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
良型アカムツラッシュ! 多点掛けも期待大!【南房鴨川沖〜和田沖】

良型アカムツラッシュ! 多点掛けも期待大!【南房鴨川沖〜和田沖】

「40㎝オーバーのアカムツばかり10匹釣れましたよ!」という話を聞いたのは、5月初旬。しかも、オニカサゴやヤリイカなどの中深場タックルで上げたという。この情報を確かめるべく、さっそく南房・江見太夫崎「渡辺丸」へ釣行した。

perm_media 《画像ギャラリー》良型アカムツラッシュ! 多点掛けも期待大!【南房鴨川沖〜和田沖】の画像をチェック! navigate_next

大型アカムツの宝庫! 40cmオーバーがアベレージだ

のどかな江見吉浦港から出船する。

「第10渡辺丸」はアカムツ狙いの場合、大型船だが基本的に定員は6人。オマツリをさせないための船長の配慮である。PEラインは4号以下にそろえたい。貸し道具もPE4号である。

鴨川沖水深300mでヒットした40㎝級のアカムツ。

思わず笑みが…。

和田沖は40㎝オーバーの大型が多いポイント。

アカムツ独特の引きを味わえますよ!

一荷連チャン中!

取り込みは必ずタモを使用。深海から浮上したアカムツは水面でも元気だ。

あっという間にこの通り!

こんなアカムツが深海の底で群れているのであろう。

付けエサはサバの切り身とホタルイカ。ホタルイカは目と目の間にハリを刺す。

多点掛け調子いい感じ!

ユメカサゴは常連ゲスト。

おなじみ互康行さんの釣果がコレ。波崎沖と同じタックルで楽しめるからハマルという。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・江見太夫崎「渡辺丸」。

田沖水深250m前後では昨年秋、50㎝の大型まじりのアカムツが数多く釣れていたことは記憶に新しい。だが、この海域で5月6月にアカムツがッ抜けする勢いで釣れるとは、聞いたことがない。渡辺英雄船長に問うと、
「私も5月6月にアカムツが釣れるとは、分からなかったんですよ。例年なら、ヤリイカを追いかけてますからね。やってなかったんですね。それにしても、アカムツの魚影は濃いですね」
主なポイントは和田沖水深250m前後と鴨川沖水深250〜350m。和田沖は大型狙い、鴨川沖は中型を数釣りができるという。実際、鴨川沖では一荷ヒットが3回連続もあったほど。
「タックルは波崎沖で使っているものと同じでいいですよ。ただし、オモリは200号メインで潮が速いときは250号を使います。だから、それに耐えうる竿と、最低でも道糸は400mはほしいですね。この条件をクリアーできれば、普段使い慣れたものをフル活用できます。どうぞお気軽に挑戦してください」とのことだ。

以上の記事は「つり丸」2014年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル