MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
 テンビン&胴付き、いずれも好調のシロギス【東京湾・金沢八景沖】

テンビン&胴付き、いずれも好調のシロギス【東京湾・金沢八景沖】

明確なアタリを出し、その後はシャープな引きでロッドをキュンキュン絞り込む! エントリークラスでもその醍醐味が味わえるシロギスが、水温の上昇と共に徐々に浅場に移動。活性も急上昇中だ。

perm_media 《画像ギャラリー》 テンビン&胴付き、いずれも好調のシロギス【東京湾・金沢八景沖】の画像をチェック! navigate_next

微妙なアタリも逃さない! オートマチックな胴付き!

釣り方がわからなくても安心。リクエストがあれば釣行前のレクチャーも行います!

1.8m前後の7:3調子の竿に、2000番クラスのスピニングリール。道糸はPE1号が基本。

一荷で食わし数を伸ばす常連さんはテンビン仕掛け。

「胴付きはダイレクトにアタリが伝わり釣りやすかったです」とデビューしたての釣りガール。

胴付き仕掛けでコンスタントに釣るビギナー女子たち。

ベテランはもちろん、ビギナーも楽しめる!

「荒川屋」発祥のペンハンド釣法を駆使して釣りまくる常連さん。

微妙なアタリも取れ、誘いもかけやすいと教えてくれた。

テンビン仕掛けも胴付きもハリスは1号。ハリは競技用キスの8号で胴付きのエダスは40㎝。

エサはイソメの頭を切り、ハリのチモトまで刺す。テンビン仕掛けのタラシは2㎝、胴付きは5㎝くらいが基本。

プロポーション抜群の魚が目立った。

大収穫!今夜はどんな料理を作ろうかな?

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「荒川屋」。

「今期は例年以上に状況が良いと言えますよね。数も釣れているし、型も良い。これから本格的なシーズンを迎えるにあたり、視界良好でボク自身も楽しみにしています」と、この釣りを周年通して行う金沢八景「荒川屋」の山下光昭船長がニッコリ語る。
ちなみに取材時の釣果は、半日でトップ70匹前後。サイズも25㎝クラスの良型がかなり取り込まれた。
現在のポイントは行程20分の近場で、水深は15m前後。今後はさらに浅場を攻めるので釣りやすくなると言う。
仕掛けは従来通りの腕長15㎝程度の片テンビン2本バリで、誘いを入れながら食わすのも楽しいが、「荒川屋」では、慣れない人には胴付きの1本バリを推奨している。
「投入時のトラブルや手返しを考えると、胴付きの方が圧倒的に楽。オモリを海底に付ける感じで待っていれば、潮に流される船といっしょにシロギスが探れ、釣れますからね。ウチはビギナーでも楽しめる釣りを昔からコンセプトに、まずは釣っていただくことを念頭に描いていますから」と光昭船長。
誘って釣って良し、体感するも良しの「荒川屋」でシロギスを満喫しよう。

以上の記事は「つり丸」2014年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル