MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
クーラーボックスを脂の乗った良型アジで埋めよう!【相模湾東部】

クーラーボックスを脂の乗った良型アジで埋めよう!【相模湾東部】

相模湾で安定してアジの好釣果が記録されているのが相模湾東部一帯。なかでも城ヶ島沖周辺では連日、トップで40匹台から50匹台の釣果が出ている。

「洋征丸」では連日、トップ40匹台、50匹台を記録!

ビギナーには船長や中乗りさんが釣り方をレクチャーしてくれる!

慣れた人は、一荷を連発!

「いいアジです!」と清水希香さんは良型アジの一荷。

「体高があって、丸々してます〜!」と希香さん。

なんと希香さんはクロムツとアジの一荷!

アタリきたかも!

慎重に釣り上げた。

永井名人も一荷連発!

ビックリ!

これからは良型主体の釣果が期待できる!

この日のトップは45匹!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪沖「洋征丸」。

数釣りが楽しめる代表ターゲットの一つであるアジ。相模湾のビシアジではこれからの時期、良型主体の数釣りが期待できるのだ。
「これからは30㎝を超える良型が多くなります。脂の乗りもよくとても美味しいですよ」と話す、小坪「洋征丸」の高木洋征船長。
「洋征丸」では連日、トップ40匹台、50匹台を記録。釣れるサイズがいいので、中型クーラーではすぐに満タンになることもしばしばだ。
これからの時期、数を伸ばすにはコツがある。本格的な夏に向けて潮が澄み、サバも多くなる。そのため澄潮対策とサバ対策が必要だ。
また、「洋征丸」ではマダイ狙いやハモノ狙いも楽しめる。アジのお土産を確保したら、こちらで楽しむのもアリだ!

仕掛けは状況に応じて使いわけよう!

これからの時期は潮が澄んでくるので、アジに狙いを絞るならハリスは2号以下がおすすめ。

エサは赤タン。サバが邪魔するときは、左のように極小にカットするのがオススメ。

相模湾ではポリビシがよく使われる。

この時期、「洋征丸」で用意している仕掛けは上の写真のものだ。「これから夏場は潮が澄んできます。そのためアジを専門に狙うのであれば、ハリスは細いほうが食いがいいですね。2号以下のハリスを使うことをオススメします」と話す、高木船長。
船宿で用意している仕掛けはハリス2号。食いが渋い時は1.7号がオススメ。1.5号では良型のサバが掛かったときにハリスが切れやすいので、サバが多いときにはオススメできない。
また、サバが多いときのためにシンプルで目立たない仕掛けも用意しておくといいだろう。アクセサリー類は付けず、ハリは銀色。ハリ数は2本におさえる。エサは目立たないように極小のアカタン。とくにサバが多いようなら、エサはハリに付けず、空バリで狙う。
アジのポイントではマダイのヒットもある。取材時にはマダイらしきハリス切れもあったほか、取材翌日には4kgが取り込まれている。マダイも狙うときの仕掛けは、ハリス3号以上、全長2〜3m。ハリは太地ムツの11〜12号で、ハリ数は1〜2本。エサは細かく切ったサバの切り身が実績が高い。

魚礁や高い根の周辺はタナが高くなる!

相模湾東部のビシアジでは、東京湾に比べるとタナが高い傾向にある。それはポイントが魚礁周りだったり、高い根周りをおもに狙うからだ。
「魚礁や高い根の周辺では、アジの反応の幅が、それらの高さと同じぐらいになります。反応が幅広く高くなりますから、タナも高くなるんです」と話す、高木船長。
「洋征丸」では反応がとくに浮く場合以外は、ビシを海底まで落としてからタナを取る。取材当日のタナは海底から5m前後。海底からタナまで幅広くコマセをまくことは、アジのタナが一定しなかったり、サバやエサ取りを寄せることにもなる。ハリが漂う付近を推測して、狭い範囲にコマセをまくことが大事だ。
イラストは、タナが海底から5mの場合のタナ取り例だ。ビシが着底したら糸フケを取る。糸がまっすぐ立ったらすぐに3m巻き上げる。その位置からコマセをまきながらタナまで巻き上げるようにする。

サバ避け法を覚えておこう!

これから夏場に向けて、サバが多くなる。仕掛けの落下中にサバが掛かり、仕掛けが着底しないことも珍しくない。そんなときのために、上のイラストで示した高木船長オススメのサバ避け法を覚えておこう。
まずはイラストの右側で示した方法を試す。仕掛けを短く、付けエサを小さくして、タナ付近でコマセをまき、タナ取り直後のアタリを狙う作戦だ。それでもダメなら左側で示した付けエサなしの1本バリ作戦で狙おう!

以上の記事は「つり丸」2014年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読