MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
爆釣早揚がりも珍しくないキントキ五目に刮目【大原沖】

爆釣早揚がりも珍しくないキントキ五目に刮目【大原沖】

とにかく釣れてます。どれくらい釣れているかって? もし君が竿頭を目指すなら、誰よりも大きなクーラーを持っていけばいい。それで君の竿頭は間違いナシだ…という小粋なフィッシングジョークを飛ばしたくなるほど釣れるてます、ハイ。

手軽に釣れて美味しい! この夏イチオシはキントキ五目!!

ポイントは太東沖の通称「大根」。水深は27m前後。

とにかく追い食いを狙って楽しもう!

良型キントキの3点掛け!

4本バリ仕掛けに4点掛け!

海中から赤い魚体がズラズラと上がってくる!

仕掛けは胴付き式。エサはサバの切り身。

アタリがあったら、引きが強くても、重くても、じっと耐えて我慢! それだけで追い食いしてくる!

当日は8時前にクーラー満タンで早揚がりとなった!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「敷嶋丸」。

大原出船のキントキ五目が、今年も爆釣しはじめた!
大原「敷嶋丸」では、7月26日の出船で30〜38㎝のキントキを29〜36枚といきなり爆釣。その後も、乗船客全員がクーラー満タンで早揚がり継続中だ。
キントキは、ガツン! とくるアタリが衝撃的だ。また、そのアタリと同じくらい強い引きが断続的に襲ってくる。だが、キントキ釣りはこれに堪えなければならない。なぜなら追い食いを待てば、3本バリなら3匹、4本バリなら4匹のキントキが掛かってくるからだ。大きいもので800g前後もあるキントキ。欲張って5本バリ、6本バリ仕掛けを作ってしまうともう大変だ。
今の時期が一番旨いキントキ。肉厚で脂も満載だ。お刺身が旨いことはすでに知られているが、「敷嶋丸」の山本元次郎・大船長のオススメはズバリ塩焼き! 食味、食感はマダイに匹敵すると言われ、あるいはそれ以上かもしれない!
キントキ五目は本命キントキの他にハタやカサゴなどの底物と青物がよくまじる。特にこれからの時期は、ヒラマサやワラサも回遊するだろう。
とにかくデカいクーラーボックスを用意して大原へ行ってみよう。強烈なアタリと引きを楽しめ、そして食べても激旨なキントキ。今なら、でっかい群れで出迎えてくれるはずだ!

当日の仕掛けはこんな感じですっ

以上の記事は「つり丸」2014年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
最新記事
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
サブクーラーとしてさまざまな用途に使えるミニクーラー「マーク無しクーラーミニ」
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
スーパーライトジギングのエントリーモデル「ヴェデル SLJ エアポータブル(マルチピース)」
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読