MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
爆釣早揚がりも珍しくないキントキ五目に刮目【大原沖】

爆釣早揚がりも珍しくないキントキ五目に刮目【大原沖】

とにかく釣れてます。どれくらい釣れているかって? もし君が竿頭を目指すなら、誰よりも大きなクーラーを持っていけばいい。それで君の竿頭は間違いナシだ…という小粋なフィッシングジョークを飛ばしたくなるほど釣れるてます、ハイ。

手軽に釣れて美味しい! この夏イチオシはキントキ五目!!

ポイントは太東沖の通称「大根」。水深は27m前後。

とにかく追い食いを狙って楽しもう!

良型キントキの3点掛け!

4本バリ仕掛けに4点掛け!

海中から赤い魚体がズラズラと上がってくる!

仕掛けは胴付き式。エサはサバの切り身。

アタリがあったら、引きが強くても、重くても、じっと耐えて我慢! それだけで追い食いしてくる!

当日は8時前にクーラー満タンで早揚がりとなった!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「敷嶋丸」。

大原出船のキントキ五目が、今年も爆釣しはじめた!
大原「敷嶋丸」では、7月26日の出船で30〜38㎝のキントキを29〜36枚といきなり爆釣。その後も、乗船客全員がクーラー満タンで早揚がり継続中だ。
キントキは、ガツン! とくるアタリが衝撃的だ。また、そのアタリと同じくらい強い引きが断続的に襲ってくる。だが、キントキ釣りはこれに堪えなければならない。なぜなら追い食いを待てば、3本バリなら3匹、4本バリなら4匹のキントキが掛かってくるからだ。大きいもので800g前後もあるキントキ。欲張って5本バリ、6本バリ仕掛けを作ってしまうともう大変だ。
今の時期が一番旨いキントキ。肉厚で脂も満載だ。お刺身が旨いことはすでに知られているが、「敷嶋丸」の山本元次郎・大船長のオススメはズバリ塩焼き! 食味、食感はマダイに匹敵すると言われ、あるいはそれ以上かもしれない!
キントキ五目は本命キントキの他にハタやカサゴなどの底物と青物がよくまじる。特にこれからの時期は、ヒラマサやワラサも回遊するだろう。
とにかくデカいクーラーボックスを用意して大原へ行ってみよう。強烈なアタリと引きを楽しめ、そして食べても激旨なキントキ。今なら、でっかい群れで出迎えてくれるはずだ!

当日の仕掛けはこんな感じですっ

以上の記事は「つり丸」2014年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。
最新記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読