MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
シーズン真っ只中!ジギングとキャスティングで狙うヒラマサ【外房】

シーズン真っ只中!ジギングとキャスティングで狙うヒラマサ【外房】

“春シーズン”と呼ばれる4~6月は、例年であれば2~3㎏クラス主体で数釣れるのが特徴だ。5月中旬の取材でも10㎏前後がキャスティングで4本キャッチされ、ジギングでは3~4㎏クラスが多数取り込まれた。

perm_media 《画像ギャラリー》シーズン真っ只中!ジギングとキャスティングで狙うヒラマサ【外房】の画像をチェック! navigate_next

釣果、終始安定! 大型もヒット中!

タモが破れそうなくらい大きい!

今のシーズンのアベレージ。ジギングでキャッチ。

オハロウさんもプラグキャスティングでヒット!

安定したファイトでキャッチしたのは10kg級。しかも同サイズをこの日2本! ルアーは2本とも「ボラドールフローティング」(マングローブスタジオ)だった

左手にハンディキャップを抱えながらもジグをシャクり、ファイトする伊藤さん。山口船長もその姿勢とヒラマサに対する情熱には脱帽だった。

「1年ぶりのヒラマサです!」諦めずに通ったアングラーに女神は微笑む!

真潮根のプラグキャスティングに大型がヒット。速い潮に乗ったもの凄い抵抗に必死に耐える!

「山正丸」の助手として乗船する花園智絵さんは9kgを見事にキャッチ!

キャスティングはアンダーハンドが基本だ。

ローカルスタンダード代表の尾上拓哉さんは、自身が制作する「ダイブベイト」で10kgをキャッチ!

この日絶好調!ジギングでヒラマサキャッチ。

キャッチしたあとはリリース!

ジギングで同時キャッチ!

リリースも同時に!

タックルはジギングとキャスティングの両方を用意しよう。

リリース前提ならプラグのフックもシングルを付ける人が多くなっている。

外房ヒラマサ初挑戦で初キャッチ!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。

今年の外房は、ひと昔前までは大騒ぎになるほどの10㎏クラスが珍しくなくキャッチされ、なんと30㎏オーバーも取り込まれるなど、大いに盛り上がっており、ベストシーズンと呼ぶにふさわしい釣果に湧いている。
そんな外房では、2~3年前から少し変化が起きている。釣ったヒラマサをリリースする人が増えているのだ。
とくに5月はちょうどヒラマサの産卵期とあって、良型以上のサイズはみな抱卵・抱精してお腹がパンパン。アングラーたちはそんなヒラマサたちが多くの子孫を残してくれることを祈ってリリースしているのだ。
もちろん、リリースは強制ではない。あくまでもアングラーの気持ち次第。もちろん、持ち帰って食べることも大切。ありがたく美味しく食べることも、“釣り”だからだ。
クロマグロやウナギなどの資源減少は、乱獲が原因なのではないかと問題視される昨今。アングラーのこのような行動が少しずつ広がれば、日本の釣りの将来はきっと明るい。

以上の記事は「つり丸」2014年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル