MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房のヒラマサをキレあるジャークで攻略せよ!【外房】

外房のヒラマサをキレあるジャークで攻略せよ!【外房】

外房のヒラマサが近年稀に見る好釣果に沸いている。一人2~3本以上キャッチ、船中20本以上などは珍しくないとう、かなり驚くべき釣果となっているのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》外房のヒラマサをキレあるジャークで攻略せよ!【外房】の画像をチェック! navigate_next

今期は外房ヒラマサに出会うチャンス!

当日の最大は6㎏クラス。もちろん、さらなる大物はいる!

ジグもアンダーハンドでキャストして広範囲を探ろう。

まるまるしていてツヤも最高!

ネットに入るまで油断は禁物。

これが外房のヒラマサだ!

リリースを心がけるアングラーは多い。

重くてずっしりきます。

絶好調とあって、平日もこの賑わい。予約は早めに!

ダントツのヒット率を誇る「マサムネ」(スミス)。この通称・山正丸カラーは必携ですぞ。

尾上氏が製作する「ダイブベイト」。実績抜群だ。

ひと流し目の2投目から3連続でキャッチしたコジレイ。

外房ルアーヒラマサ苦節ン年のコジレイこと児島玲子さんもついに初外房ヒラマサをキャッチ! 「次はぜひキャスティングで獲りたい!!」

ワラサも絶好調でヒットしている。こんなメタボならうれしい!

タックルはジギング用とキャスティング用の2タイプ準備しよう。

ラインは3~4号。

ジグは100~200g以上。プラグも様々なタイプを用意しておこう。

天気も良くて最高だー!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。

取材日の模様を見ても相当釣れているような印象を受けるだろうが、実はこのときは「なんでもっと早く来ないの? もう釣れなくなってきちゃってるよ」と「山正丸」山口徹船長がいうほど、どちらかといえば今シーズンとしてはあまりよくない状況だったのだ。
外房のヒラマサといえば、何十回も通ってやっと一本出会えるかどうかと言われるほど、なかなか会うことができないターゲットなのだが…。つまり、そんな外房のヒラマサに、今期はまさに会うチャンスなのである。
目下メインの攻略法はジギング。山口船長は「キレよくジグを動かすことを意識してください」とアドバイスする。そう、これがキモだ。
こんな機会はそうあるものではない。ぜひこのチャンスに外房のヒラマサをその手中に納めていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル