富浦沖のマダイ、乗っ込み気配好感触&大型チャンス【内房・富浦沖】

富浦沖のマダイ、乗っ込み気配好感触&大型チャンス【内房・富浦沖】

今シーズンは各地で遅れ気味でスタートした乗っ込みマダイだが、ここ内房・富浦沖でも例年より若干遅い釣れだしながら、好調な釣果が続いている。


富浦沖から象背根のマダイはチャンスタイムに乗り遅れなければ高確率でゲットできるはず!

現在、舞台女優として活躍中の小野瀬みらいチャン。天然系? ながら、大学時代にソフトボール部で鳴らしただけあって釣りセンスは抜群だ!

最初こそぎこちないロッドワークも、すぐにベテラン顔負けのスムーズなものに。

先生役の筆者にきた4kgオーバーのワラサ。隣のマダイは番組で!

「5枚じゃ満足できないです! もっと釣りたかった〜!」。今後の活躍に期待したい。

この日は、女性陣が大活躍! 連チャン含め5枚ゲット!

浅場で7kgオーバーのメダイ。

「人生初マダイ」ゲットで大喜び!

たまらない瞬間です!

ベテランの山口さんは手堅くゲット。ロケの数日後には5㎏の大ダイを釣り上げたんだとか。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦港「第三共栄丸」。

「今年は水温が低く、その後は汚れた潮がなかなかとれず食いがいまひとつでしたが、4月中旬から水温が上がり潮も薄濁りに変わって食いが上昇しました」と、富浦港「第三共栄丸」の笹子宏宣船長は言う。
取材日は、舞台女優として活躍中の小野瀬みらいチャンが初のマダイ釣りにチャレンジ。沖釣り経験はまだ数回しかないが、大学時代はソフトボール部で活躍したという運動センスを発揮して、なんとなんとの大連チャン劇を展開したのであった。
「浅い場所でも食いだしました。タナは上から取りますが、誘いはゆっくり下げていく落とし込みが有効なときが多いですよ」と船長。
そのアドバイスどおり手持ちで誘いをかけると、みらいチャンにヒット。気がつけば5枚の大金星だ。この日は乗り合わせた女性陣の奮闘が目立ち、5枚プラス特大メダイ、人生初マダイゲットと大いに盛り上がった。
当日は1㎏級主体で大型は出なかったが、僚船で6㎏近い大型が取り込まれた。数日後には常連の山口さんが5㎏ゲット。
富浦沖から象背根のマダイはチャンスタイムに乗り遅れなければ高確率でゲットできるはず。今後もまだまだ目が離せない!

以上の記事は「つり丸」2014年6月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


中小型が多い時期でもとにかく狙いは大ダイ! (LT広布号)

中小型が多い時期でもとにかく狙いは大ダイ! (LT広布号)

秋のマダイ釣りは、中小型の数釣りが楽しめるシーズン。外房・大原沖のひとつテンヤマダイも8月に入ると水深10〜20mの浅場で中小型主体に数釣れる日が多くなっている。そして、それに大ダイ、中ダイがまじっているのだ。


水深10〜20m浅場で時合いにマダイラッシュ警報発令中!(幸丸)

水深10〜20m浅場で時合いにマダイラッシュ警報発令中!(幸丸)

飯岡沖のテンヤマダイ釣りは、他のエリア同様、春の乗っ込みや秋がハイシーズンと思われがちだが、実はいまが注目されている。


外房・勝浦沖のひとつテンヤ&タイラバで釣る! 五目釣りも(とみ丸)

外房・勝浦沖のひとつテンヤ&タイラバで釣る! 五目釣りも(とみ丸)

マダイにヒラマサ、ヒラメにマハタ、さらに大型カサゴ、魚種多彩に楽しめるのが勝浦沖のひとつテンヤ&タイラバだ。勝浦、川津港「とみ丸」の吉清紘生船長は、深場浅場、荒根平場とバリエーションに富んだポイントを流し、いろいろな魚を釣らせてくれる。


意外と簡単に釣れちゃう? ヒラマサ&大ダイのカモシ釣り(太平丸)

意外と簡単に釣れちゃう? ヒラマサ&大ダイのカモシ釣り(太平丸)

外房、御宿沖の「三本松」はマダイ、ヒラマサの好漁場。今期は特にヒラマサが好調で、御宿岩和田港の「太平丸」は伝統のカモシ釣りで狙い、4~5㎏級を中心に数多くのヒラマサが仕留められている。


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読