沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

富浦沖のマダイ、乗っ込み気配好感触&大型チャンス【内房・富浦沖】

富浦沖のマダイ、乗っ込み気配好感触&大型チャンス【内房・富浦沖】

今シーズンは各地で遅れ気味でスタートした乗っ込みマダイだが、ここ内房・富浦沖でも例年より若干遅い釣れだしながら、好調な釣果が続いている。


富浦沖から象背根のマダイはチャンスタイムに乗り遅れなければ高確率でゲットできるはず!

現在、舞台女優として活躍中の小野瀬みらいチャン。天然系? ながら、大学時代にソフトボール部で鳴らしただけあって釣りセンスは抜群だ!

最初こそぎこちないロッドワークも、すぐにベテラン顔負けのスムーズなものに。

先生役の筆者にきた4kgオーバーのワラサ。隣のマダイは番組で!

「5枚じゃ満足できないです! もっと釣りたかった〜!」。今後の活躍に期待したい。

この日は、女性陣が大活躍! 連チャン含め5枚ゲット!

浅場で7kgオーバーのメダイ。

「人生初マダイ」ゲットで大喜び!

たまらない瞬間です!

ベテランの山口さんは手堅くゲット。ロケの数日後には5㎏の大ダイを釣り上げたんだとか。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦港「第三共栄丸」。

「今年は水温が低く、その後は汚れた潮がなかなかとれず食いがいまひとつでしたが、4月中旬から水温が上がり潮も薄濁りに変わって食いが上昇しました」と、富浦港「第三共栄丸」の笹子宏宣船長は言う。
取材日は、舞台女優として活躍中の小野瀬みらいチャンが初のマダイ釣りにチャレンジ。沖釣り経験はまだ数回しかないが、大学時代はソフトボール部で活躍したという運動センスを発揮して、なんとなんとの大連チャン劇を展開したのであった。
「浅い場所でも食いだしました。タナは上から取りますが、誘いはゆっくり下げていく落とし込みが有効なときが多いですよ」と船長。
そのアドバイスどおり手持ちで誘いをかけると、みらいチャンにヒット。気がつけば5枚の大金星だ。この日は乗り合わせた女性陣の奮闘が目立ち、5枚プラス特大メダイ、人生初マダイゲットと大いに盛り上がった。
当日は1㎏級主体で大型は出なかったが、僚船で6㎏近い大型が取り込まれた。数日後には常連の山口さんが5㎏ゲット。
富浦沖から象背根のマダイはチャンスタイムに乗り遅れなければ高確率でゲットできるはず。今後もまだまだ目が離せない!

以上の記事は「つり丸」2014年6月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


葉山沖コマセマダイの仕掛けをご紹介! 青物もまじる(正一丸)

葉山沖コマセマダイの仕掛けをご紹介! 青物もまじる(正一丸)

竿はマダイ用に小型電動リールを組み合わせた、オーソドックスなコマセマダイ仕様でOKだ。横森船長が推奨する仕掛けはハリス4号、6〜8m。ハリはイセアマの8〜10号。クッションゴムは4号ハリスに適合した太さのもので、長さは1m。この仕掛けなら、大型マダイのほかイナダ、ワラサがヒットしても対応可能だ。


生きエビエサはマダイの大好物! テンヤマダイを攻略(梅花丸)

生きエビエサはマダイの大好物! テンヤマダイを攻略(梅花丸)

マダイといえば、数枚釣れれば御の字の魚だが、ツ抜けが当たり前、上手な人は30枚以上あげてしまう、という釣れっぷり。この状況を飯岡「梅花丸」梅花亮祐船長に聞くと、「今期はハナダイが調子悪くて。でも代わりにマダイが絶好調。釣れ過ぎぐらいですよ」と、まじめな若船長がニコニコ顔で答えた。


タイラバ絶好調! トップ釣果でひとり12枚も!(フレンドシップ)

タイラバ絶好調! トップ釣果でひとり12枚も!(フレンドシップ)

「今年はマダイの調子がいいですよ。10月からマダイと青物のリレー乗合を始めていますが、マダイを青物が釣れないときの保険に考えているくらいですからね」とは船橋港「フレンドシップ」の田岡要司船長の言葉。


多彩なゲストが釣りを楽しませてくれる! 相模湾マダイ五目(つね丸)

多彩なゲストが釣りを楽しませてくれる! 相模湾マダイ五目(つね丸)

相模湾佐島沖のマダイ五目が絶好機を迎えている。秋は数釣りシーズンと言われマダイのゲット率が高まるうえ、イナダやアジ、サバ、アマダイにイトヨリ、カツオより旨い大型のヒラソウダなどなど…多彩なゲストが出現!


【一義丸】詳細情報-沖釣り専門誌が現場で徹底取材

【一義丸】詳細情報-沖釣り専門誌が現場で徹底取材

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が現場で取材した【剣崎松輪港・一義丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。ワラサ、アジ、マダイなどが主なターゲット。


最新の投稿


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

10月4日~2019年2月28日に静岡県土肥港「とび島丸」で開催されている「第10回ヤリイカ釣りバトル」の参加者募集内容です。


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読