MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
富浦沖のマダイ、乗っ込み気配好感触&大型チャンス【内房・富浦沖】

富浦沖のマダイ、乗っ込み気配好感触&大型チャンス【内房・富浦沖】

今シーズンは各地で遅れ気味でスタートした乗っ込みマダイだが、ここ内房・富浦沖でも例年より若干遅い釣れだしながら、好調な釣果が続いている。

perm_media 《画像ギャラリー》富浦沖のマダイ、乗っ込み気配好感触&大型チャンス【内房・富浦沖】の画像をチェック! navigate_next

富浦沖から象背根のマダイはチャンスタイムに乗り遅れなければ高確率でゲットできるはず!

現在、舞台女優として活躍中の小野瀬みらいチャン。天然系? ながら、大学時代にソフトボール部で鳴らしただけあって釣りセンスは抜群だ!

最初こそぎこちないロッドワークも、すぐにベテラン顔負けのスムーズなものに。

先生役の筆者にきた4kgオーバーのワラサ。隣のマダイは番組で!

「5枚じゃ満足できないです! もっと釣りたかった〜!」。今後の活躍に期待したい。

この日は、女性陣が大活躍! 連チャン含め5枚ゲット!

浅場で7kgオーバーのメダイ。

「人生初マダイ」ゲットで大喜び!

たまらない瞬間です!

ベテランの山口さんは手堅くゲット。ロケの数日後には5㎏の大ダイを釣り上げたんだとか。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦港「第三共栄丸」。

「今年は水温が低く、その後は汚れた潮がなかなかとれず食いがいまひとつでしたが、4月中旬から水温が上がり潮も薄濁りに変わって食いが上昇しました」と、富浦港「第三共栄丸」の笹子宏宣船長は言う。
取材日は、舞台女優として活躍中の小野瀬みらいチャンが初のマダイ釣りにチャレンジ。沖釣り経験はまだ数回しかないが、大学時代はソフトボール部で活躍したという運動センスを発揮して、なんとなんとの大連チャン劇を展開したのであった。
「浅い場所でも食いだしました。タナは上から取りますが、誘いはゆっくり下げていく落とし込みが有効なときが多いですよ」と船長。
そのアドバイスどおり手持ちで誘いをかけると、みらいチャンにヒット。気がつけば5枚の大金星だ。この日は乗り合わせた女性陣の奮闘が目立ち、5枚プラス特大メダイ、人生初マダイゲットと大いに盛り上がった。
当日は1㎏級主体で大型は出なかったが、僚船で6㎏近い大型が取り込まれた。数日後には常連の山口さんが5㎏ゲット。
富浦沖から象背根のマダイはチャンスタイムに乗り遅れなければ高確率でゲットできるはず。今後もまだまだ目が離せない!

以上の記事は「つり丸」2014年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル