MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キャスティング&ジギングで狙う青物&根魚【南房・布良沖】

キャスティング&ジギングで狙う青物&根魚【南房・布良沖】

房総半島の南端に位置する南房・布良。この沖には黒潮洗う“布良瀬”と呼ばれる非常に豊な瀬が広がっており、沖釣りではマダイやイサキなどの好ポイントとして知られている。

南房・布良沖は今最も注目されるオフショアニューフィールドだ

スローピッチではこんな見事なアカハタが。根魚はお土産分だけ取れたらリリースするなど適切な対応を。乱獲は避けよう。

ポイントは港の目の前。出船して5分、10分という近さだ。

カサゴもデカイ! カンコでなく、カサゴでこのサイズ!

4月下旬の取材では、キャスティングでヒラマサのチェイス、バイト、ヒットは多数あったものの、残念ながら船上には取り込まれなかった。

イサキもジギングでヒット。デカっ!

当日の布良沖には青物狙いの漁師の引っぱり船が多数。ヒラマサを揚げていた。

18tと14tの大型船2隻態勢の「松栄丸」。別船のイサキも絶好調! こんなジャンボイサキも登場中!

水深10~30mほどの浅根が広がる布良沖。いろんな可能性を秘めたフィールドだ。

良型のダブル! 後半潮が効きはじめると、このサイズがバリバリヒット!

当日の竿頭は61匹! ちなみに前日は89匹!! 絶好調なのだ。

良型のトリプル! 「刺身や塩焼きはもちろんですが、とくに“なめろう”と“さんが焼き”はオススメですヨ!」

ビシはFLの60号、コマセはアミ。ビシの上窓は1/3開け、下は全閉が基本。

付けエサはバイオベイトとイカタン。

オケはアッという間にイサキで埋め尽くされる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・布良港「松栄丸」。

布良沖でキャスティングやジギングのルアーゲームが楽しめるのが、布良港「松栄丸」。これまでこの布良沖を攻められるルアー船はなかったが、「松栄丸」では昨年新造船を就航させ、大型船2隻という万全の態勢でアングラーを迎えてくれる。もちろん、布良港では唯一のルアー乗合船である。
いい換えれば、布良沖はルアーに関しては未開といっていい。可能性は未知数だ。いつどこでどんな魚が釣れるのか、どんなサイズが出るのか…? これから少しずつ明らかにされていくことだろう。
目下のターゲットはヒラマサやブリ(ワラサ)、カンパチなど青物と根魚。取材当日はプラグキャスティングでヒラマサのチェイスやバイトは多数! 残念ながら船上には揚がらなかったが、漁師は引っぱりでキャッチしており、取材翌日には「松栄丸」でもキャッチされた。今後大いに期待したい。
さて「松栄丸」ではルアーの他にもイサキが狙い目。ダブル、トリプルで良・大型が乱舞中!! エサもルアーも「松栄丸」から目が離せない!

以上の記事は「つり丸」2014年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
最新記事
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読