沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

キャスティング&ジギングで狙う青物&根魚【南房・布良沖】

キャスティング&ジギングで狙う青物&根魚【南房・布良沖】

房総半島の南端に位置する南房・布良。この沖には黒潮洗う“布良瀬”と呼ばれる非常に豊な瀬が広がっており、沖釣りではマダイやイサキなどの好ポイントとして知られている。


南房・布良沖は今最も注目されるオフショアニューフィールドだ

スローピッチではこんな見事なアカハタが。根魚はお土産分だけ取れたらリリースするなど適切な対応を。乱獲は避けよう。

ポイントは港の目の前。出船して5分、10分という近さだ。

カサゴもデカイ! カンコでなく、カサゴでこのサイズ!

4月下旬の取材では、キャスティングでヒラマサのチェイス、バイト、ヒットは多数あったものの、残念ながら船上には取り込まれなかった。

イサキもジギングでヒット。デカっ!

当日の布良沖には青物狙いの漁師の引っぱり船が多数。ヒラマサを揚げていた。

18tと14tの大型船2隻態勢の「松栄丸」。別船のイサキも絶好調! こんなジャンボイサキも登場中!

水深10~30mほどの浅根が広がる布良沖。いろんな可能性を秘めたフィールドだ。

良型のダブル! 後半潮が効きはじめると、このサイズがバリバリヒット!

当日の竿頭は61匹! ちなみに前日は89匹!! 絶好調なのだ。

良型のトリプル! 「刺身や塩焼きはもちろんですが、とくに“なめろう”と“さんが焼き”はオススメですヨ!」

ビシはFLの60号、コマセはアミ。ビシの上窓は1/3開け、下は全閉が基本。

付けエサはバイオベイトとイカタン。

オケはアッという間にイサキで埋め尽くされる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・布良港「松栄丸」。

布良沖でキャスティングやジギングのルアーゲームが楽しめるのが、布良港「松栄丸」。これまでこの布良沖を攻められるルアー船はなかったが、「松栄丸」では昨年新造船を就航させ、大型船2隻という万全の態勢でアングラーを迎えてくれる。もちろん、布良港では唯一のルアー乗合船である。
いい換えれば、布良沖はルアーに関しては未開といっていい。可能性は未知数だ。いつどこでどんな魚が釣れるのか、どんなサイズが出るのか…? これから少しずつ明らかにされていくことだろう。
目下のターゲットはヒラマサやブリ(ワラサ)、カンパチなど青物と根魚。取材当日はプラグキャスティングでヒラマサのチェイスやバイトは多数! 残念ながら船上には揚がらなかったが、漁師は引っぱりでキャッチしており、取材翌日には「松栄丸」でもキャッチされた。今後大いに期待したい。
さて「松栄丸」ではルアーの他にもイサキが狙い目。ダブル、トリプルで良・大型が乱舞中!! エサもルアーも「松栄丸」から目が離せない!

以上の記事は「つり丸」2014年6月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

南房で生きイワシの泳がせ釣りが始まった。イワシを泳がせて根周りの高級魚を狙い撃ちするのは千倉港の「千鯛丸」。水深20mから70mと幅広いポイントを探り、多彩な魚が顔を見せてくれる。


スローピッチジャークで狙う! 半夜のキンメ・クロムツ(松栄丸)

スローピッチジャークで狙う! 半夜のキンメ・クロムツ(松栄丸)

「おすすめのタックルセッティングは、ラインはPE1.5号、リーダーはフロロの6号です。現在のところはエサ釣りと同船なので、メインラインは細いくても太すぎてもトラブルが多くなってしまいます。とくに太いと水切れと感度が悪くなってしまうので、一番バランスがいいのが1.5号です」


南房でスタートしたNEWフェイス”落とし込み”とは?(南房・信栄丸)

南房でスタートしたNEWフェイス”落とし込み”とは?(南房・信栄丸)

「信栄丸」ではオモリ60号程度でLTタックルで狙うのが基本。「水深が浅いのと、ターゲットが2㎏前後のカンパチが主体ということを考えると、ライトで十分狙えます。このサイズの魚をライトでやるから面白いんです」と北本さん。


ドンっと来るマダイにご注意を! コマセマダイ仕掛け&誘い(竜一丸)

ドンっと来るマダイにご注意を! コマセマダイ仕掛け&誘い(竜一丸)

南房エリアのコマセマダイ釣りは、ハリス長6〜7mの短めのものを使うのが主流。オキアミコマセもドバまきが基本だ。コマセ釣りの原点のようなもので、タナ付近でコマセと付けエサを同調させて、コマセのなかに入ってきた活性の高い個体を釣り上げるというものである。


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


最新の投稿


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

10月4日~2019年2月28日に静岡県土肥港「とび島丸」で開催されている「第10回ヤリイカ釣りバトル」の参加者募集内容です。


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読