沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

キャスティング&ジギングで狙う青物&根魚【南房・布良沖】

キャスティング&ジギングで狙う青物&根魚【南房・布良沖】

房総半島の南端に位置する南房・布良。この沖には黒潮洗う“布良瀬”と呼ばれる非常に豊な瀬が広がっており、沖釣りではマダイやイサキなどの好ポイントとして知られている。


南房・布良沖は今最も注目されるオフショアニューフィールドだ

スローピッチではこんな見事なアカハタが。根魚はお土産分だけ取れたらリリースするなど適切な対応を。乱獲は避けよう。

ポイントは港の目の前。出船して5分、10分という近さだ。

カサゴもデカイ! カンコでなく、カサゴでこのサイズ!

4月下旬の取材では、キャスティングでヒラマサのチェイス、バイト、ヒットは多数あったものの、残念ながら船上には取り込まれなかった。

イサキもジギングでヒット。デカっ!

当日の布良沖には青物狙いの漁師の引っぱり船が多数。ヒラマサを揚げていた。

18tと14tの大型船2隻態勢の「松栄丸」。別船のイサキも絶好調! こんなジャンボイサキも登場中!

水深10~30mほどの浅根が広がる布良沖。いろんな可能性を秘めたフィールドだ。

良型のダブル! 後半潮が効きはじめると、このサイズがバリバリヒット!

当日の竿頭は61匹! ちなみに前日は89匹!! 絶好調なのだ。

良型のトリプル! 「刺身や塩焼きはもちろんですが、とくに“なめろう”と“さんが焼き”はオススメですヨ!」

ビシはFLの60号、コマセはアミ。ビシの上窓は1/3開け、下は全閉が基本。

付けエサはバイオベイトとイカタン。

オケはアッという間にイサキで埋め尽くされる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・布良港「松栄丸」。

布良沖でキャスティングやジギングのルアーゲームが楽しめるのが、布良港「松栄丸」。これまでこの布良沖を攻められるルアー船はなかったが、「松栄丸」では昨年新造船を就航させ、大型船2隻という万全の態勢でアングラーを迎えてくれる。もちろん、布良港では唯一のルアー乗合船である。
いい換えれば、布良沖はルアーに関しては未開といっていい。可能性は未知数だ。いつどこでどんな魚が釣れるのか、どんなサイズが出るのか…? これから少しずつ明らかにされていくことだろう。
目下のターゲットはヒラマサやブリ(ワラサ)、カンパチなど青物と根魚。取材当日はプラグキャスティングでヒラマサのチェイスやバイトは多数! 残念ながら船上には揚がらなかったが、漁師は引っぱりでキャッチしており、取材翌日には「松栄丸」でもキャッチされた。今後大いに期待したい。
さて「松栄丸」ではルアーの他にもイサキが狙い目。ダブル、トリプルで良・大型が乱舞中!! エサもルアーも「松栄丸」から目が離せない!

以上の記事は「つり丸」2014年6月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房総平砂浦沖に今年もショゴ(カンパチの幼魚)が回ってきた。幼魚とはいえカンパチが狙って釣れる釣り場は貴重だ。しかも最近他エリアではほとんど見かけなくなったカッタクリ釣りで狙えるのも嬉しいところだ。


大ダイ炸裂!今期はマダイ当たり年! 西川名沖コマセマダイ(竜一丸)

大ダイ炸裂!今期はマダイ当たり年! 西川名沖コマセマダイ(竜一丸)

南房・西川名港を基地とする「竜一丸」は、季節ごとに看板釣り物をかえている。現在はコマセマダイだ。ざっと、年間の釣り物をあげると、7月〜12月までマダイ。1月〜2月はヒラメ&ハタ、3月〜7月がイサキだ。


大ダイチャンス! 大型青物も回遊中! 布良沖のマダイ釣り(仁平丸)

大ダイチャンス! 大型青物も回遊中! 布良沖のマダイ釣り(仁平丸)

南房・布良沖は、この周辺の海域の超一級ポイントとして知られている。布良港から沖へ延びる瀬は、布良瀬と呼ばれ、浅場から深場まで、さまざまな魚が釣れる。


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


最新の投稿


茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

関東最北端の港、茨城県平潟港に今年もやってきたマダラの季節。9月1日、今や多くの深場釣り師の間で常識となった「マダラは夏は身肉、晩秋以降は白子が魅力」を知らしめた「第十五隆栄丸」の鈴木和次船長.


東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

仙台湾の秋を代表する釣り物といえばヒラメ。初夏のシーズンインから初冬まで続き、秋が最盛期となる。特に南部の亘理沖はヒラメのポイントが水深20〜50mのラインに広がり、ベイト豊富で魚影は抜群。塩釜や名取閖上の釣り船も、ヒラメ釣りには亘理まで走ってくることもある。


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読