キャスティング&ジギングで狙う青物&根魚【南房・布良沖】

キャスティング&ジギングで狙う青物&根魚【南房・布良沖】

房総半島の南端に位置する南房・布良。この沖には黒潮洗う“布良瀬”と呼ばれる非常に豊な瀬が広がっており、沖釣りではマダイやイサキなどの好ポイントとして知られている。


南房・布良沖は今最も注目されるオフショアニューフィールドだ

スローピッチではこんな見事なアカハタが。根魚はお土産分だけ取れたらリリースするなど適切な対応を。乱獲は避けよう。

ポイントは港の目の前。出船して5分、10分という近さだ。

カサゴもデカイ! カンコでなく、カサゴでこのサイズ!

4月下旬の取材では、キャスティングでヒラマサのチェイス、バイト、ヒットは多数あったものの、残念ながら船上には取り込まれなかった。

イサキもジギングでヒット。デカっ!

当日の布良沖には青物狙いの漁師の引っぱり船が多数。ヒラマサを揚げていた。

18tと14tの大型船2隻態勢の「松栄丸」。別船のイサキも絶好調! こんなジャンボイサキも登場中!

水深10~30mほどの浅根が広がる布良沖。いろんな可能性を秘めたフィールドだ。

良型のダブル! 後半潮が効きはじめると、このサイズがバリバリヒット!

当日の竿頭は61匹! ちなみに前日は89匹!! 絶好調なのだ。

良型のトリプル! 「刺身や塩焼きはもちろんですが、とくに“なめろう”と“さんが焼き”はオススメですヨ!」

ビシはFLの60号、コマセはアミ。ビシの上窓は1/3開け、下は全閉が基本。

付けエサはバイオベイトとイカタン。

オケはアッという間にイサキで埋め尽くされる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・布良港「松栄丸」。

布良沖でキャスティングやジギングのルアーゲームが楽しめるのが、布良港「松栄丸」。これまでこの布良沖を攻められるルアー船はなかったが、「松栄丸」では昨年新造船を就航させ、大型船2隻という万全の態勢でアングラーを迎えてくれる。もちろん、布良港では唯一のルアー乗合船である。
いい換えれば、布良沖はルアーに関しては未開といっていい。可能性は未知数だ。いつどこでどんな魚が釣れるのか、どんなサイズが出るのか…? これから少しずつ明らかにされていくことだろう。
目下のターゲットはヒラマサやブリ(ワラサ)、カンパチなど青物と根魚。取材当日はプラグキャスティングでヒラマサのチェイスやバイトは多数! 残念ながら船上には揚がらなかったが、漁師は引っぱりでキャッチしており、取材翌日には「松栄丸」でもキャッチされた。今後大いに期待したい。
さて「松栄丸」ではルアーの他にもイサキが狙い目。ダブル、トリプルで良・大型が乱舞中!! エサもルアーも「松栄丸」から目が離せない!

以上の記事は「つり丸」2014年6月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


連日好調で大型乗り乗り! 真夏のスルメイカを釣る!(南房・信栄丸)

連日好調で大型乗り乗り! 真夏のスルメイカを釣る!(南房・信栄丸)

南房・白浜沖のスルメイカが今シーズンも好調だ。このエリアは水深150〜200m程度のゆるやかな根が広大に広がり、スルメイカの一大漁場となっている。群れが広範囲に出ることが多く、一度投入したら、何度も何度も繰り返し乗せることができる「流しっぱなし」の釣りが楽しめる。


多点掛けは狙って乗せろ! 真夏の激釣れスルメイカ(南房・信栄丸)

多点掛けは狙って乗せろ! 真夏の激釣れスルメイカ(南房・信栄丸)

いよいよ真夏のスルメイカ戦線に突入した。シーズン初期のイカはサイズが小さく、潮は濁り気味で、比較的どんなツノでも簡単に乗ってきたが、これからの時期はそう簡単にはいかない。


釣り味、食味ともに最高の梅雨のイサキを洲崎沖で釣ろう!(佐衛美丸)

釣り味、食味ともに最高の梅雨のイサキを洲崎沖で釣ろう!(佐衛美丸)

この時期に旬を迎えるイサキは、ファンにとっては待ちに待ったシーズンの到来。イサキの好漁場として有名な南房総では3月にシーズン開幕。気温の上昇とともに浅場へと移動してくる。ちょうど梅雨時期は産卵前の荒食いで脂たっぷり。釣り味、食味ともに最盛期を迎える。「梅雨イサキ」とも呼ばれ、多くのアングラーを虜にする所以はここにある。


南房・白浜沖のスルメイカの釣り方&仕掛けご紹介します(早川丸)

南房・白浜沖のスルメイカの釣り方&仕掛けご紹介します(早川丸)

梅雨も明けて一気に真夏モード全開だ! そんな真夏に釣りたいのはやっぱりスルメイカだ。今シーズンは大型が各地で乗り乗り! 日中釣り、夜釣りとズンズン乗せまくろう!


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読