MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
超高級魚キンキが釣れるのは本州でここだけ!【平潟沖】

超高級魚キンキが釣れるのは本州でここだけ!【平潟沖】

北茨城平潟港の「第十五隆栄丸」は本州で唯一、超高級魚キンキことキチジ専門の乗合船を出す。平潟沖深海釣りのパイオニアとして、東北や日本海、北海道まで遠征しなければ釣れないと思われてきた魚達が関東圏でも釣れる事を証明し続けてきた船宿なのだ。

夏が好機の超高級魚キンキを釣り上げろ!

35㎝級の良型が浮上! これスーパーに並んだらいくらするんだろう…。

煮ても焼いても、干物でも、とにかくおいしい高級魚、キンキ。この魚が乗合船で狙えるのだ!

ボウズも覚悟の釣りになるが、この日は良型まじりでトップ4匹。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・平潟港「第十五隆栄丸」。

「メヌケの様に大きくはないし、オキメバルの様に数が釣れる訳でもない。船中全員が型を見る事すら難しい。この魚の本当の価値を理解していないと、厳しい釣りだよね」鈴木和次船長は苦笑しながら、そう語る。
本州で唯一、超高級魚キンキことキチジ専門の乗合船を出す北茨城平潟港の「第十五隆栄丸」。開業から二十余年、常に平潟沖深海釣りのフロンティアとして、東北や日本海、北海道まで遠征しなければ対面かなわぬと思われてきた「北の深海魚」達が「関東圏」でも釣れる事を世に広めて来た船宿だ。
10年前にスタートしたキンキ釣り。「まだ研究の余地がある」と、様々な仕掛けを考案し続ける鈴木船長。開業当時と変わらぬチャレンジ精神を目の当たりにし、自らも襟を正す。
この日は潮具合が今ひとつで苦戦したが、良型含みトップ4匹。夏以降が好機の釣りなので、本誌発売以降期待大だ。

当日のキンキ仕掛け

オニカサゴなどと同様、テンビン吹き流し仕掛けで狙う。

以上の記事は「つり丸」2014年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読