MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
浅場で数釣りが楽しめる東京湾のシロギス【東京湾・猿島沖〜小柴沖】

浅場で数釣りが楽しめる東京湾のシロギス【東京湾・猿島沖〜小柴沖】

シロギスは、これからとくに美味しいシーズンに入る。これは見逃せないと向かったのは金沢八景「弁天屋」さん。取材当日は晴れていて、これぞ釣り日和って感じの穏やかな朝を迎えた。

perm_media 《画像ギャラリー》浅場で数釣りが楽しめる東京湾のシロギス【東京湾・猿島沖〜小柴沖】の画像をチェック! navigate_next

ブルブルブルッ! 手に伝わるその小気味良いアタリ。小さな魚体なのに引きはスリリングだ

釣れる水深が浅いこの時期は、キャストして船下まで探ってくるのが基本の釣り方。だからリールはスピニングがオススメ。

清水希香さんは良型の数釣りを楽しんだ。

良型の一荷は最高に嬉しい!

こちらも嬉しい一荷。

当日、良型が連発したのは猿島沖の水深15m前後。

定番のテンプラのほか、大型は刺身も美味しい!

永井名人も一荷だ!

思わずにっこり!

釣れる釣れる!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「弁天屋」。

午前7時30分、森本直樹船長の操船で猿島沖を目指す。港を出たあたりで
「エサは真っすぐ、ていねいに付けてくださいね。タラシは2〜3cm。なるべく誘った方がアタリも多いですから」とマイクで船長のアドバイスが入った。
シロギスのエサは、アオイソメ。よく動くからハリに付けにくく、手返しも遅くなる。釣りを開始する前に、頭部を落として全長4〜5cmに切ったアオイソメをタオルの上に並べておく。使う頃にはおとなしくなり、噛まれて腹を立てることもないのだ。
猿島が近くに見えてきたら、いつでも投入できるように、ハリにエサを付けてスタンバイ。基本的に、しっかりハリのチモトを隠すようにイソメをこき上げて、タラシは2cmぐらいにする。食いが渋い時こそ、有効な付け方だ。
船長の合図とともに、前方へ仕掛けをキャスティング。広範囲を攻める作戦だ。時計の針のようにチクタクチクタクと、竿先を少しずつ上へ、軽く弾みを付けたような動作を繰り返す。海中のエサをアピールさせるイメージ。
そのスピードは、人の歩く速さと同じくらいを目安にする。アタリが出る楽しい瞬間を待ちながら、いろいろなスピードを試してみる。誘った後は、止めてアタリを待った。
半分くらい手前に誘ってきた時だった。小さなコツっという感触が伝わる。シロギスが追ってきているのかな? 再度エサをちょっと動かして一呼吸待つ。次に竿先を軽く送り込んでから持ち上げると、ブルブルブルッ!
手に伝わるその小気味良いアタリは、シロギスのものだ。小さな魚体なのに引きはスリリング。これはクセになる。

シロギス仕掛けとシロギス釣り方はこうだっ!

仕掛けの全長は80〜90㎝が東京湾のスタンダード。

エサはアオイソメ。

以上の記事は「つり丸」2012年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル