MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
注目エリア・中越柏崎沖のルアーゲーム&コマセマダイ【中越柏崎沖】

注目エリア・中越柏崎沖のルアーゲーム&コマセマダイ【中越柏崎沖】

中越は柏崎沖に青物ゲームの季節がやってきた! だが、例年GWにはじまるワラサ&ブリの大回遊は今期遅れ気味。

perm_media 《画像ギャラリー》注目エリア・中越柏崎沖のルアーゲーム&コマセマダイ【中越柏崎沖】の画像をチェック! navigate_next

ニューコンセプトルアーで青物、根魚、マダイと、あらゆる魚を徹底攻略せよ!!

「THE SWITCH BACK」はコレだ! イカの動きを演出する形状になっている。

水深10〜50mの浅場がフィールドだ!

根魚に効果的面のスイッチバック。

ヒラメキラーの異名もある。

なんとトラフグがヒット。意外と多いという。

ヒラメの魚影が濃い、柏崎沖。乗っ込みの個体をターゲットにしてみよう。

ワラサもヒット!

秋山進一船長が自ら「スイッチバック」で試釣中! フォール中の水中イメージを明確にすることが大切という。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・柏崎港「アシストクラブ 金進丸」。

「青物はやっと回遊し始めたって感じですね。これからでしょう。ですが、私が開発したルアー“スイッチバック”が、ようやく完成したので、その威力を試釣で連日確認中です」と話す、柏崎港「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長。新潟のオフショアゲームのパイオニアだ。
そのルアーとは、フォールであらゆる魚を食わす、という優れもの。もちろん、リトリーブでアクションを入れてもよい。
「青物はもちろん、ヒラメにはかなり効果がありますよ。タナ攻めという新しい釣法が可能になりますから、かなり楽しめるでしょう」と秋山さん。
一方、柏崎沖は漁場にとても恵まれているのにも関わらず遊漁船が少ない。
そこで、柏崎沖の釣りをもっと多くの人たちに気軽に楽しんでもらいたいとの願いがきっかけで、地元のルアーアングラーがエサ釣り船を開始することになった。その船は「旭丸」。
地元の林正俊さんが、実はこの港で一番古い遊漁船を引き継ぐこととなり、この春から開始したという。
「秋山さんはルアーでボクはエサ釣りで多くの人たちに柏崎沖の海を知ってもらいたいです!」と、林船長は意気込む。
まずは、真沖のマダイをコマセ釣りで。今後は夜イカ釣りやヒラメ、マアジ釣りをメニューに加えていく予定だ。

エサ釣りは真沖でマダイ絶好調、釣るならいまだ!

タモでしっかりと捕獲。

コマセ釣り初チャレンジでゲット!

ハナダイとマダイが一荷で来た。ポイントの底は起伏が少ないが魚種豊富だ。

1〜3kgクラスの食べごろマダイがコンスタントに釣れる。掛かり釣りスタイルが主流。

柏崎沖ではマダイもメタルジグでヒットする。

デケェークロメバルだよ。おいしそう…。

夜ムギイカ出船予定の「旭丸」。

以上の記事は「つり丸」2012年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
去年、鹿島港「植田丸」で誕生した『テン巻き』 。『ひとつテンヤ 』と『巻き物(ジグ&タイラバ)』をTPOで使い分けて楽しむライトゲームのことで、その釣果がグングン上昇中だ。
銭洲解禁!伊豆諸島遠征シーズン開幕!今年もシマアジが絶好調!五目は激うまウメイロメインでお土産十分!カンパチはジギングでチャレンジ!
常磐沖のルアーゲームを多彩に楽しませてくれる「釣楽園 征海丸」。春先のおすすめはホウボウ&カンパチゲームだ。
鹿島沖の水深60m台にヤリイカが大回遊中!春の浅場パターンはオモリ150号、通常タックルで攻略!追い乗りさせて多点掛けを目指そう!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル