MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
近場・手軽に狙える絶品アジ!仕掛けから基本の釣り方を紹介(三喜丸)

近場・手軽に狙える絶品アジ!仕掛けから基本の釣り方を紹介(三喜丸)

手軽に楽しめるターゲットの代表格といえるのが東京湾のLTアジ。今年は冬場から横浜沖が好調に釣れている。

浅場でLTで狙える手軽なアジがターゲットだ! 横浜沖のアジは脂の乗りが良く、めちゃくちゃウマイぞ

軽量タックルで狙えるので楽々!

天気も釣りも最高だ!

嬉しい一荷!

常連さんもこのとおり。

ダブルだ!

新太郎さんと伊井さんのダブルヒット!

当日はベイブリッジが近くに見える横浜沖をメインに狙った。水深は10〜20m。

イシモチが連発することも!

良型イシモチ。

本誌ライターの伊井さんも乗船。軟調竿で楽しんだ。

お土産も十分!

鈴木新太郎さんも美味アジを求めて挑戦した!

今回、取材にご協力いただいたのは、小柴「三喜丸」。

今や手軽に楽しめる沖釣りターゲットの筆頭が東京湾のLTアジだ。今年は冬場からベイブリッジが近くに見える横浜沖が好調。さらに横浜沖のアジは脂の乗りが良く、とても美味だという評判なのだ!
「本当に美味しいんですよ! 釣ってから二日ぐらい寝かせて食べると、脂が身にまわって、すごく美味しくなります。釣れるときには、ずっとアタり続けて50匹以上釣れることも珍しくありません。ライトタックルで狙っているので、女性や子供でも手軽に楽しめます。家族や友人を誘って、ぜひチャレンジしていただきたいですね」と話す、小柴港「三喜丸」の斉田正道船主。
取材当日は、本誌でお馴染みの鈴木新太郎さんにも同行していただいた。下船後、斉田船主が釣れたアジをさばいてくれたが、まさに絶品。「すごいウマイ!」と新太郎さんも驚くほどだった。「三喜丸」では貸し竿、仕掛けも完備しているので、ぜひビギナーにチャレンジしていただきたい!

LT用ロッドに小型両軸リールを組み合わせる。仕掛けはハリス1.5号 ハリ数は2〜3本

仕掛けはハリス1.5号、ハリ数は2〜3本。

船で配られる付けエサはアカタン。アオイソメは別売り。

ビシは40号。コマセのイワシミンチは7〜8分目ぐらい詰める。

竿はライトタックル用、またはゲームロッドと呼ばれるもの。8対2〜6対4調子のものが使われているが、おすすめは7対3調子。長さは2m前後が扱いやすいだろう。
「水深がある場所でしっかりコマセをまきたい」、「アタリがわかりづらい」などというときには8対2調子がいいだろう。
「ウネリがある」、「掛かっても何度もバレる」というときは6対4調子を使ってみよう。
リールは手巻きの小型両軸でOK。釣り場の水深が浅いので手巻きで十分に対応できる。
持っているならば、小型の電動リールを使っても問題ない。食いがいいときは、手返しアップに役立つだろう。
道糸はPEラインの2号以下を使う。150m以上巻いておこう。
道糸の先にビシを装着したテンビンをつなぐ。ビシは「三喜丸」では40号を使う。網目が大きいとコマセをまきすぎてしまうので、網目が大きすぎないものを使う。持っていなければ貸しビシを利用するといいだろう。
仕掛けはクッションゴムを介して結ぶ。クッションゴムは太さ1.5〜2㎜、長さ30〜50㎝ぐらい。ベテランのなかにはクッションゴムを使わない人もいるが、ビギナーは付けることをオススメする。クッションゴムを付けたほうが、巻き上げ途中のバラシが少なくなるだろう。
仕掛けはハリス1.5号。全長は2m前後、枝スの長さは20〜25㎝。ハリはムツの10号。
ハリ数は2〜3本。慣れないビギナーは、2本バリ仕掛けを使用したほうがトラブルが少ないだろう。アタリダナが一定せず、タナを幅広く探りたいときは3本バリがオススメ。また食いがよく、多点掛けを狙いたいときも3本バリ仕掛けがいいだろう。
乗船人数が多いとき、サバのアタリが多いときは仕掛けの消耗が多くなる。予備仕掛けは多めに持参しよう。「三喜丸」では、船でも仕掛けを購入できる。
船で配られる付けエサはアカタン。細かく切られている1個をハリに刺す。
アカタンだけでもいいが、アオイソメも用意しておけば万全だ(「三喜丸」では別売りで購入できる)。アオイソメは濁り潮のときに有効と言われる。アカタンで食いが悪い時は、アオイソメを試してみるといいだろう。

釣り座周辺を整理することも大事だ。とくにビギナーは、これをしっかりしておくこと!

自分の釣り座が決まったら、釣り座周辺を整理することも大事だ。とくにビギナーは、これをしっかりしておくこと。とくに重要なのは、ロッドキーパーとコマセオケの位置。ロッドキーパーの位置を決めたら、それよりもトモ側にオケをセットすること。
スパンカーを立てて潮流しで狙う場合は、船の前方から風が吹いてくる。前述したようにキーパーとオケをセットすると、竿の風下側に仕掛けがなびき、絡みづらくなるのだ。また、足元には物を置かないようにしよう。

コマセをしっかりまいて正確にタナを取ろう。頻繁にタナを取り直して、手返しよく入れ替えよう

タナはたいていビシを海底から2〜3mの位置にセットしてアタリを待つ。取材当日のタナも海底から2〜3mだった。
タナが海底から2mの場合の釣り方を示したのが、上のイラストだ。まずビシを海底まで落とす。着底したら、即座に糸フケを取る。糸フケを取ったら、すぐに1mビシを巻き上げ、その位置で1回コマセをまく。そして50㎝巻き上げて、コマセをまく。さらに50㎝巻き上げてタナ取り完了。この位置でアタリを待ち、1〜2分待ってもアタらなければ、再度ビシを着底させる。そして前述した方法と同じようにタナを取り直す。アタらなければ、再度タナを取り直し、それでもアタらなければ仕掛けを回収する。
アタリは「ククン」と竿先がお辞儀するのでわかるだろう。アタったら、竿を起こしてハリ掛かりを確認してから巻き上げる。アジは口切れしやすいので、強引に速く巻き上げないようにすること。
ビギナーが注意しないといけないのは、タナを取ったら、そのまま長時間放置すること。これではアタリが遠くなってしまう。
取材当日、「三喜丸」の村上明船長が頻繁にアナウンスしていたのが「タナの取り直し」ということ。
一度タナを取って1〜2分してもアタらなければ、再度タナを取り直す。このタナを取り直すという行為は、いろいろな利点がある。
コマセをまくことはもちろんだが、誘いにもなるのだ。タナの取り直し後はコマセが出て、仕掛けも動くので、とくにアタりやすくなる。
また船が流され、水深が変わると、海底からのビシの位置が変わる。頻繁にタナを取り直すことで、タナをキープできるのだ。
3〜4回タナを取り直してもアタらなければ、仕掛けを回収する。
タナの取り直しと仕掛けの入れ替えを、一定のペースで繰り返すことが大事だ。

以上の記事は「つり丸」2018年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。
東伊豆・稲取沖のアカムツは1.5㎏がアベレージ! 狙いは金看板「稲取サイズ」!アカムツ好釣の「安貞丸」で出船だ!
最新記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読