MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手釣りのテンヤで狙うマダコの仕掛けと釣り方(相模湾・正一丸)

手釣りのテンヤで狙うマダコの仕掛けと釣り方(相模湾・正一丸)

葉山芝崎港「正一丸」では、ここ数年、5月に入るとマダコ乗合をスタートしている。今年はゴールデンウイーク中の5月5日からマダコ乗合を開始予定。それに先立って、4月中旬に試釣をおこなった。

誰にでもチャンスあり! ビギナーが竿頭になることもままある!

阪本智子さんもとにかく小突いた!

4月の試し釣りではキロオーバーもまじった。

常連の蒲生さんは7杯でトップ。

永井名人は4杯ゲットした!

竿を使ったタコ餌木でも狙える。

タコ餌木でゲット!

誰かが乗ったら、両サイドの釣り人が協力してタモ入れしよう。

タコは冷凍保存がきくのも嬉しい!

当日は中小型がそろった。これは沸きがいい証拠だ!

葉山沖は景色がきれい!

ピースではなく、2杯目ゲット!

タコが釣れたら、逃げられないようにネットに入れて保存。ネットの口はしっかり結んでおくこと!

今回、取材にご協力いただいたのは、葉山芝崎「正一丸」。

葉山芝崎港「正一丸」では、5月5日からマダコ乗合をスタートさせる予定。それに先立ち、4月半ばにおこなわれた試釣の模様をアップした。
「正一丸」では、東京湾でおこなわれている伝統的な手釣り主体で狙っているが、この釣りはビギナーや初挑戦といった人でも連発させて竿頭になることも珍しくないのだ。つまり、誰でも手軽に楽しめるということなのだ!
「今年初めての出船で様子はわからなかったけれど、ポツポツアタって悪くはないよ。タコはいるみたいだから、今年も楽しめそうだね」とは「正一丸」の横森正一船長。
この釣りのコツは、とにかく小突き続けること。それだけにビギナーからベテランまで誰でもチャンスがある。「正一丸」ではキハダ&カツオがスタートする7月いっぱいマダコを狙っていく予定だ!

「手釣り」という伝統的スタイルで狙う。「テンヤ+手釣り糸」のシンプル掛けだ

渋糸の先にテンヤを結んだシンプルな道具で狙う。手釣り糸は貸し出し無料。

「正一丸」でのメインの釣り方は、以前から東京湾でおこなわれている伝統的なスタイルの手釣りだ。
道糸は渋糸の25号前後。このほかイナダのカッタクリ釣りなどに使う、色分けされた手釣り用糸でもOK。「正一丸」では手釣り用糸を無料で貸し出している。持っていなければ、これを借りるのがいいだろう。
道糸の先に先糸を結んでもOK。先糸はナイロンの20〜30号を1〜1.5m。手釣り用の道糸に直結でもサルカンを介して結んでもOK。
この先糸はなくてもいい。手釣り用の道糸をテンヤにじかに結んでも釣れる。今回の取材でトップだった人は先糸なしで、渋糸をテンヤに直接結ぶスタイルだった。
テンヤは50号のオモリが付いたもの。「正一丸」で使用しているのは、オモリとテンヤのボディが分離しているタイプ。ボディとオモリが一体化したタイプのテンヤでもOKだ。
エサは冷凍された食用のカニ。これを取れないように、ヒモでしっかりと縛って付ける。

釣り方は難しくない。テンヤで海底を小突くだけだ

釣り方は簡単。テンヤを海底まで落とし、テンヤでひたすら海底を小突き続けるだけ。動作は簡単だが、これが奥深い。同じように小突いているようでも、人によって差が出ることも珍しくない。何回もタコが乗る人もいれば、まったくアタらない人もいる。初挑戦の人がトップになることも珍しくないのだ。
基本の小突き方は、上のイラストで示したように2種類。ひとつはテンヤのオモリの部分で、コツコツと海底を小突くパターン。二つめはテンヤのハリの部分で、海底をコンコンと叩くように小突くパターンだ。
どちらかのパターン、または二つのパターンを組み合わせるなど、いろいろ試してみよう。
そして小突いている途中、大きく誘い上げることもまぜていく。大きく誘い上げる動作は、テンヤの位置を変えることにもなり、またわからなかった乗りがわかることもあるのだ。
小突くときの注意は、道糸を出しすぎないこと。船がどんどん流されるときは、糸を出さないとテンヤが浮き上がってしまう。それを防ぐために道糸をどんどん出すと、テンヤの位置が変わらず同じ場所を釣ることになる。テンヤが浮き上がるときは、テンヤを再投入するといいだろう。
アタリの出方はいろいろ。小突いていると重くなった、何かに引っ掛かる感じがある、オモリが海底に当たっている「コンコン」という感覚がなくなったなど。とにかく違和感を感じたらアワせることだ。
アワせた後に道糸を手繰るが、最初の1手、2手はハリ掛かりを確実にするために強めに手繰る。その後は糸を弛ませないように手繰る。取り込みは抜き上げるのではなく、同船者にタモですくってもらうのが確実だ。

バレたらすぐにテンヤを海底まで落とす!

アタリがあってアワせたあと、手繰っている最中や、取り込み直前でバレてしまったら、仕掛けを回収するのではなく、すぐにテンヤを海底まで落としてみよう。バラしたときは、近くにタコがいるので、テンヤが着底して小突き始めると、すぐに乗ることもある。
これは自分がバラしたときだけではなく、同船者がバラした時も同じだ。もし、誰かがバラしたときに自分の仕掛けが海中に入っていないときは、すぐに投入しよう。

以上の記事は「つり丸」2018年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
最新記事
この時期のオキメバルは激うま絶品!間瀬港「光海丸」の小林聡船長は大型メバルの反応を見つけ出し、ピンポイントで釣っている。プレミアオキメバル求めて冬の佐渡島沖へチャレンジ!!
12月1日(日)、「第12回いすみ市大原港ふぐカットウ釣大会」(主催:夷隅東部漁業協同組合大原遊漁船部会)が千葉県大原港で参加者207人で開催された。
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読