MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
スリル感満載! 日立名物・大判マコガレイ浮上! 【常磐・日立沖】

スリル感満載! 日立名物・大判マコガレイ浮上! 【常磐・日立沖】

気温、水温とも上昇し各地で色々な釣り物がスタートしているが、茨城・日立沖のマコガレイも開幕したばかりの見逃せないターゲットだ。 「カレイ」というとかなり身近な魚だけど、意外に沖釣りでは狙える場所も少なく希少なターゲットと言える。

アタリもドキドキ! 小突いて食わせて面白い!!

ポイントは日立市の沖で、このエリアはマコガレイがメインだ。

常連の田茂政樹さんは中小型で枚数を重ねてラストで47cmのビッグサイズをゲット!

肉厚でこれからどんどん美味しくなるのがマコガレイだ。

釣れたらしっかりとタモで捕獲。

思わずにっこり。

後半食いが活発になり大型が!?

…と思ったら高級ガレイとして有名なナメタガレイだった。

マコガレイダブルゲットも。この日はシケ後で前半食い渋ったが4〜6枚とまずまずの釣果に。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立久慈港「明進丸」。

派手さはないものの、静かに熱く、そしてファンのハートを鷲づかみにする常磐のマコガレイがシーズンイン! 大判サイズが釣れている。
「今年は風がよく吹いたから底荒れすることもあったけど大型が順調に食っていますよ」と話す、日立久慈港「明進丸」の関裕二船長。
同地のマコガレイは、テンビン仕掛けを小突いてアタリを出すというスタイルで、アタリからやり取りまでのプロセスがスリル感満載だ。意外に知られていないが、マコガレイの引きは強烈。同じサイズのヒラメだったらカレイのほうがはるかに激しく竿をたたく。それが50㎝クラスの可能性もあるので、やり取りもハラハラドキドキ。
「これからどんどん身も厚くなり味も最高ですよ。あくまで、マコガレイをメインに狙っていきますよ」
この日最大は47㎝。50㎝オーバーも夢じゃないぞ!

日立沖のマコガレイ釣りの仕掛けはこうする! 竿は先調子がおすすめ。感度重視でアタリを察知!

アオイソメは2〜3匹掛けにしてねらう。

常磐のマコガレイのタックルは、小突いて釣るということを念頭に置いたものをセレクトする。
竿は1.6〜1.8m程度の先調子気味のカレイ専用竿、軟らかめのカワハギ竿などを使用する。
「小突けて、小さいアタリも察知できる竿がいいですね。なので先調子の竿がおすすめです」
そして、掛かってくる魚が40㎝オーバー、ときに50㎝クラスも掛かることを考えると胴がしっかりとしたものがいいだろう。専用竿でなければ、8対2の先調子程度のゲームロッドなどが利用できる。
リールは小型両軸、または同クラスの小型電動リール。道糸はPE1〜2号程度。
つねに手持ちで釣る釣りなので、ロッドキーパーなどはなくても大丈夫だろう。竿置きなどはあると便利だ。
仕掛けはテンビンの3本バリ仕掛けが基本だ。カレイ用の小型テンビンに、幹糸4号程度、ハリスは3〜4号、ハリは丸セイゴ14号ほど。仕掛けは大型のビーズやマシュマロボールなどを組み合わせてもいいだろう。比較的アピール度を高くしたジャラジャラした仕掛けを使用する人が多い。
しかし、意外に常磐用の仕掛けが手に入りにくいこともある。そんなときは船宿仕掛けを購入して使おう。
オモリはつりがね型の40号だが、小田原型などでもいいと言う。オモリも夜光タイプなどアピールの効くものがいいだろう。
「この時期はあまりショウサイフグが多くないのでアピール系の仕掛けがいいかもしれません。ただし、フグが多くなってきたら地味にまとめたほうがいいでしょう」
エサはアオイソメを使用する。イシガレイ狙いの場合は貝類のエサを使用することもあるが、マコガレイがメインターゲットなのでアオイソメオンリーとなる。
「ひとつのハリに2、3本を頭からチョン掛けにするのが基本です」
エサはボリュームたっぷりのほうが食いがいいこともあるそうで、状況に合わせてプラスしてもいいだろう。

オモリが海底をトントンとたたくようなイメージで20〜30回位小突く。小突きまくってアタリを出す、これぞ釣り方の鉄則

ポイントは水深20〜30m程度の砂地がメイン。まずは軽く前方に投げ入れる。周りとオマツリしない程度で、遠投の必要はない。
仕掛けが着底したら糸フケを取って、小突きをスタートする。
「オモリが海底をトントンとたたくようなイメージで20〜30回くらい小突いてみてください」
小突いた後はエサを食わせる待ちに入る。この待ち時間はだいたい小突いた時間ぐらいが基本。
①アタリが出た場合
小突いて待ってアタリがあったら、そのまま竿を下げて送り込むような感じでエサを飲み込ませる。
「アタったらまずはエサをしっかりと飲み込ませることが重要です。糸を張らずにゼロテンションの状態にして、魚に違和感を持たせないようにします」
その状態で30秒ほど待ったら、竿を持ち上げてみる。重く生体反応を感じるようならそのままリーリング開始。ここでアワセを入れたくなるが……。
「大きなアワセはダメですよ! アワセを入れると結構スッポ抜けちゃうんです。そのまま巻き上げたほうが無難です」
マコガレイはタモ入れして、ハリが外れることも多い。やり取りは、竿を立て気味にして行い、急激に引きがあった場合は竿を下げて引きをかわしてやろう。
マコガレイの筋肉は発達していて瞬発力はハンパない。いきなりギューンと走ることもあるので、大型が多いような場合は、ドラグも少し緩めておいたほうがいいだろう。
②アタリがなかった場合
小突いて待ってもアタリがないときは、軽く竿を持ち上げて聞きアワセをしてみる。カレイはエサを口に入れてもじっとそのまま動かないことも多く、聞きアワセをすることでその存在を知るというわけ。聞きアワセをして生体反応があったら、竿を下げて①の動作をして食い込みを待つ。
聞きアワセをしてもアタリがない場合は、再び小突き&待ち&聞きアワセを繰り返す。
周りが釣れているのに自分だけ釣れないことがある。そんなときは次のことをチェックしてみよう。
1. 小突くとき、ちゃんとオモリは海底に着いているか
 カレイは海底にいる魚で仕掛けが浮いてしまってはアタリが出にくくなる。オモリをトントンするように、海底を感じよう。
2. アタリがわからない
 カレイのアタリはモゾモゾとか、ツンツンなどと小さいことも多い。聞きアワセのときも、竿先と手元に神経を集中してアタリを察知しよう。
3. エサがない、仕掛けが絡まっている
アオイソメはどんな魚にとってもご馳走だ。いろんな魚が食いにくるが、エサだけ取られることも多い。アタリがない場合は、エサのチェックもしてみよう。
同時に、仕掛けが絡まっている場合も多いのでチェックしてみよう。
これからゲストの魚も豊富になるので五目的な釣りも楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2018年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
最新記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読