内房の大場所・横瀬に大ダイ乗っ込み本番中だっ!【内房・富浦沖】

内房の大場所・横瀬に大ダイ乗っ込み本番中だっ!【内房・富浦沖】

富浦沖は、館山湾と東京湾の両方の湾口部にあたり、おもなポイントは、館山湾口の横瀬と富浦沖の象背根。今期は、横瀬水深80mから始まり、水深50〜70mのなだらかな根周りに乗っ込みマダイが集結中だ。連日、3㎏オーバーはあたり前、すでに5㎏オーバーも多数キャッチされている。


「共栄丸」では、午前と午後便の2便制で出船中だ。民宿も併営しているので泊まりがけの釣行もオススメ!

平日にも関わらず満員御礼の「共栄丸」。大型船で快適だが、早めの予約が必要だ。

中村さんは朝の第1投目で3㎏の大ダイキャッチ!

大ダイと格闘中!

今期はこの2㎏級が多いがいきなりドンっと大型がヒットするのでリールのドラグ調整は万全にしておこう。

平良智也さんは、見事なテクニックで4㎏の大ダイをキャッチ。

松本さんも良型キャッチ。

横瀬の反応はコレ。マダイがうようよいることが分かる。

今後はこの浅場水深40mラインでも乗っ込む。

水深40mラインでファイト中。

村上さんに良型がきた。2㎏前後はきれいね魚体がそろう。

常連の広田さんは自作ロッドで3.5㎏の大ダイゲット。

マダイ釣り師の伊藤舞さんにもキタ!

広田さんは午後船で3.5㎏をなんと2枚キャッチ。

川島厚司さんはマダイ釣り師。さすがの腕前でツ抜けを達成。4月末の時点で日刊スポーツ主催のマダイダービー暫定1位!

平良さんの釣果はコレ。大ダイまじりでお見事!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦港「共栄丸」。

内房の超一級マダイ乗っ込みポイントといえば、富浦沖だ。
例年、富浦港から南東沖に位置する横瀬と真沖の象背根にマダイが乗っ込みのため集結。高確率で良型のマダイが釣れている。今期は3月末から様子が出始め、4月後半には本番を迎えている。
「今年の傾向は横瀬がメインになっていることですね。象背根も釣れてますが、横瀬のほうがサイズよく数も安定してます」と話す、コマセマダイ専門船の富浦港「共栄丸」笹子広宣船長。
ポイントの水深は40〜80mとさまざま。傾向としてはシーズンが進むにつれ陸側の浅場にマダイの群れは移動していくと思われる。
「魚はたくさんいますよ。乗っ込み期は天気や潮の濁りなどが魚の活性に関わってますが、潮さえ動けばマダイはよく釣れます」と笹子船長が話すようにいったんスイッチが入ると船中あちこちで竿が曲がるという釣れっぷり。ツ抜け釣果もザラだ。
「共栄丸」では、午前と午後便の2便制で出船中だ。午前船がメインだが午後は実釣時間は午前に比べ短いが夕マヅメのゴールデンタイムのほか、大場所を少人数で攻めることができる。
民宿も併営しているので泊まりがけの釣行もオススメだ。交通に関しては館山道の終点富浦ICから車で約5分とアクセスもかなりよい。
たっぷりと乗っ込みマダイを楽しむことができる富浦沖。大ダイが待ってるぞ!!

タナは上から。ハリスは4〜5号11〜12m、1本バリ

富浦沖をホームグランウンドにする富浦港「共栄丸」では、オキアミコマセを使用。ハリスの長さは11〜12m、1本バリ仕掛けでマダイを狙っている。
指示ダナは、上からで通常は底から20m前後だが、今期はもう少し低めの指示ダナ設定で行われている。4月後半の状況では、マダイの数は豊富だが、あまり浮かない日が多く、指示ダナは低めの設定という。「共栄丸」では、基本的に魚を浮かせて掛ける指示ダナ設定なので、誘いは必ず指示ダナ上より行うのが基本だ。
指示ダナより3〜5mまでゆっくりとビシを持ち上げ、ゆっくりと落とし込みの誘いを行おう。
付けエサは1匹掛けが基本。エサは支給されるコマセのなかから選ぶ方法がとられており、暇なときに付けエサを選別しておくといい。

以上の記事は「つり丸」2018年5月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

内房・富浦は房総半島随一のボートフィールドだ。南側には太房岬がありまるで湖のような景色が広がる。シロギスが多いポイントだが、マゴチ、ヒラメの魚影も濃い。


巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

東京湾の人気ルアーターゲット・タチウオが連日好調だ。「このところトップで30本前後、平均でも10本以上という日が続いています。サイズもよく、指3.5本クラスが中心で、4本以上のサイズもよくヒットしています。今日は出ませんでしたが、ドラゴンサイズも連日ヒットしていますよ」とは、千葉・長浦港「こなや丸」進藤通孝船長。


南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房総平砂浦沖に今年もショゴ(カンパチの幼魚)が回ってきた。幼魚とはいえカンパチが狙って釣れる釣り場は貴重だ。しかも最近他エリアではほとんど見かけなくなったカッタクリ釣りで狙えるのも嬉しいところだ。


魚影濃く今後も期待大! 大原沖のショウサイフグ好スタート(敷嶋丸)

魚影濃く今後も期待大! 大原沖のショウサイフグ好スタート(敷嶋丸)

秋の大原の二枚看板といえば、フグとヒラメだろう。まず先陣を切って9月1日に解禁になったのがショウサイフグ。「敷嶋丸」では開幕初日から30㎝級の大型フグまじりで順調なスタートを切った。取材日も釣り開始とともに次々と竿が曲がり、あちこちでフグが抜き上げられた。


最新の投稿


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイが秋シーズンに突入した。「今年はお盆過ぎあたりから食いだしました。キロ前後主体ですが2㎏前後まじりで順調に食っていますよ」と、鹿島港「義心丸」の大森誠船長は言う。


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読