MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ナチュラルな仕掛けと誘いでマダイを攻略せよ!【駿河湾奥・沼津沖】

ナチュラルな仕掛けと誘いでマダイを攻略せよ!【駿河湾奥・沼津沖】

駿河湾の最奥部の沼津沖はマダイの数は実に豊富だ。マダイの放流事業も行われており、それが成功しているエリアでもある。湾内のため、凪ぎの日が多く、出船率の高さも魅力のひとつだ。しかも、午前と午後の2便制なので、朝イチと夕マヅメのゴールデンタイムを狙えるのもうれしい。

perm_media 《画像ギャラリー》ナチュラルな仕掛けと誘いでマダイを攻略せよ!【駿河湾奥・沼津沖】の画像をチェック! navigate_next

3月末から一気に上向いて、数釣れるように。まだ、5㎏6㎏の大ダイの数は少ないが、例年よりマダイの数は多いので期待大だ

朝いちはゴールデンタイムだ。まずは1枚確保したい。

浅場のマダイは最後までよくファイトする。

申し分なし!の大ダイを釣り上げた。

誘いを駆使すれば、かなりの高確率でマダイをキャッチ可能なのが沼津沖だ。

美系マダイがそろった。

今期の乗っ込みはマダイの活性が高く、数釣りが可能だ。食べておいしい。

数釣りポイントの九連根の反応。このマダイが活性があがると入れ食いになる。

ワラサ根のマダイの反応。多くのマダイが乗っ込み中だ。

浅場のポイントではクロダイも乗っ込み中。数釣れる。

午後船は日の入りの夕マヅメのゴールデンタイムを釣ることができる。

船のミヨシ部には自動アンカーを設置。これで夜釣りの機動力がアップする。

ラスト1分にヒットした良型マダイ。沼津沖ではよくあることなので、最後まで諦めない姿勢が大切。

午前船も午後船も大満足の釣果を得ることが可能。

午前の釣果はごらんのとおり!

午後船も釣果良し!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「真成丸」。

波静かな駿河湾の最奥部、沼津沖の各所でマダイが乗っ込み中だ。
この湾内にはマダイのポイントは多数あるが、コマセマダイを得意とする静浦港「真成丸」高橋判船長は、九連根(クヅラネ)とワラサ根をメインに攻めている。九連根は数釣り。浅場のワラサ根では一発大ダイとクロダイを狙っている。
「3月末から一気に上向いて、数釣れるようになりましたよ。今期はまだ、5㎏6㎏の大ダイの数は少ないけど、これから期待できますよ。例年よりマダイの数は多いので、気軽に遊びに来てください」と高橋船長は話す。
湾内は大きなシケがなく、出船率はかなり高い。そのため内水面的な要素もあり、居付きのマダイは近くに回遊していてもなかなか口を使ってくれないこともある。それを攻略するには、よりなナチュラルな仕掛けと誘いが有効だ、と高橋船長は言う。
「とにかくいろいろと試すことが大切。魚は近くにいるからね。それをいかにして食わすか、どうかですよ」と船長。
船は午前と午後の2便制で出船中。どちらもゴールデンタイムである朝と夕のマヅメ時を狙うことが可能だ。

仕掛けはハリス長10m、1本バリが主流。食い渋り時はシンプルな仕掛けに。軽くするがベター

沼津沖のマダイ仕掛けは、標準的なハリス長10m、1本バリが主流。ハリスは4〜5号で2段テーパー仕掛けが一般的だ。
コマセはオキアミのみを使用。ポイントでは船は基本的にほぼ低位置に止まっているので、コマセのドバまきは必要ない。コマセの味をマダイたちに覚えさす程度とし、指示ダナ付近でカゴからパラパラと出る程度でよい。
付けエサは、オキアミ1匹掛けが基本だが、2匹抱き合わせでもよい。
付けエサは配られたオキアミコマセからよいツブを選択するが、大きめのオキアミを使いたいならば、付けエサは持参するとよい。
湾内のため、外洋のような春の激流などはなく、波も静かな日が多く、潮の流れもゆるい。そのため、食い渋り時は、仕掛けはシンプルにして軽くするのが湾内のマダイ釣りだ。
軽くとは、2段テーパーの接続具はできるだけ極小とし、ハリも小バリにする。エサを可能なかぎりナチュラルに漂わせるようにすることだ。
湾内のコマセマダイを得意とする静浦港「真成丸」の高橋判船長は、
「上のハリスは、ナイロン6号、下ハリスはフロロでいいですよ。なんでナイロンかって?より自然にハリスが潮になじんでいくからですよ。湾内はナチュラルさが大切です」と話す。

以上の記事は「つり丸」2018年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル