MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
6.5㎏も浮上! 究極の深海メニュー・ベニアコウ【東伊豆・富戸沖】

6.5㎏も浮上! 究極の深海メニュー・ベニアコウ【東伊豆・富戸沖】

「食った!」エキストラと一線を画すシャープなアタリに思わずポンッ! と掌を打つ。着底後ほどなく千尋の海底から届いた「魔性の紅」の微笑にすっかり有頂天だが、好事魔多し。その姿を海面に浮かべるまで決して気の抜けない綱渡りの恋。はやる気持ちを抑えつつ、逢瀬の瞬間を待ちわびる…。

ボウズ覚悟で挑むが、朝一着底直後に本命ヒット。呆気ないほど簡単に微笑んでくれた紅花。そんな気まぐれ具合も魔性たる所以

テル岡本が追い続ける「魔性の紅」こと、深海の超高級魚ベニアコウ。この日はホームグランド、富戸沖で本命を2匹ゲット! こちらは4.5kg。

ボウズも十分ありうる釣りだけに1匹釣れれば大満足のベニアコウだが、この日はなんと2匹目も! こちらは3.5㎏。

至福の瞬間。

1日で3匹は大成功! 

エサはイカタンとニッコー化成の試作ロングベイトを併用。

テル岡本の竿は「ディープオデッセイ モデルR」、リールは「コマンドZ‐15キンメスペシャル」。リールのカウンターは1113mを示している。

6.5kgのグッドサイズも浮上! これ1匹でさまざまな料理が堪能できる。「超」が付く高級魚だけに、食べる楽しみは計り知れない!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・富戸港「ひろし丸」。

早春アブラボウズラッシュに沸いた東伊豆富戸港「ひろし丸」だが、究極深海メニュー、ベニアコウ釣行には、海況、潮況に阻まれ、晩秋の開幕以降アプローチすら叶わなかった。
半年近くおあずけをくった「魔性の紅」の囚われ人達にやっと訪れた逢瀬のチャンスは3月末。
この日もボウズ覚悟で臨んだが、朝イチの着底直後に本命がヒット。呆気ないほど簡単に微笑んでくれた紅花。そんな気まぐれ具合も魔性たる所以。
すっかりその気にさせた2投目は出端をくじく潮止まり。これまでか…と肩を落としかけたその瞬間、筆者の竿にアタリ。再び微笑んだ紅花に混乱する囚われ人達。
続く流しにも、なんと三度目の微笑みをみせるベニ。
ボウズ覚悟の魚の三連発に「今日はイケるぞ!」と思った4投目。心を見透かすように「今日はここまで」と含み笑いで踵を返す魔性。
2年ぶりのベニアコウとの逢瀬を叶えた者、両手に華に酔う者、次回に夢を繋ぐ者。
6.5㎏、4.5㎏、3.5㎏。「ひろし丸」が丸1年ぶりに咲かせた3つの紅花が振りまく甘く危険な蜜の香りから、もはや誰もが逃れる術はない。
基本ボウズ覚悟の一発勝負だが、五月からは好機に入る。期待大だ。

以上の記事は「つり丸」2018年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
夏の人気ターゲット!東京湾のカサゴが浅場で最盛期!「ドジョウカサゴ」の老舗宿「巳之助丸」では良型主体にトップ40~50匹前後が釣れている。安藤麻貴ちゃん自己流必勝法も紹介!
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
夏の東京湾!羽田「かめだや」では、元気できれいな好敵手!シロギスが絶好調!束釣りOK!!良型一荷連発中だ!夏空の似合うシロギス釣りに出掛けよう!!
福島県・小名浜沖”太平洋最北”開拓途中のアカムツフィールドが開幕!シーズン初期は水深140〜170m。50㎝級の超大型アカムツを積極的に狙おう!!
久里浜周辺の浅場で大型が揃う「夏のカワハギ」が最盛期に突入!久比里「山下丸」では30㎝級が高確率で上がっている。強烈な引きで尺級も夢じゃない!ぜひ挑戦してみよう。
最新記事
こなや(長浦)の釣果情報を掲載
夏の人気ターゲット!東京湾のカサゴが浅場で最盛期!「ドジョウカサゴ」の老舗宿「巳之助丸」では良型主体にトップ40~50匹前後が釣れている。安藤麻貴ちゃん自己流必勝法も紹介!
落とし込みに必要な調子を徹底追及した専用ロッド「アルシエラ 落とし込み」
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
伝統の性能を継承しさらなる進化を遂げた餌木「アオリーQ」2.5号/3.0号

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読