MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夜ヒラメ開幕、マイワシ釣って泳がせれば確変突入【上越・直江津沖】

夜ヒラメ開幕、マイワシ釣って泳がせれば確変突入【上越・直江津沖】

上越・直江津沖の初夏の風物詩となっている夜ヒラメ釣り。以前は、集魚灯にあつまるアジを釣って、それを泳がせて乗っ込みの大ビラメを狙っていたが、数年前より、生きた小アジを地元釣具店で事前に購入。それを泳がせて、ヒラメを狙っている。

perm_media 《画像ギャラリー》夜ヒラメ開幕、マイワシ釣って泳がせれば確変突入【上越・直江津沖】の画像をチェック! navigate_next

ヒラメ釣りというとイワシのお泳がせ釣りが連想されるが、ここではカカリ釣りで小アジを泳がせてザブトン級の大ビラメを狙う

この見事なマイワシが釣れたらリーチ。イワシ釣りを真剣にやろう。

夜は乗っ込みビラメ。

ヒラメは良型ぞろい! 10㎏モンスターも。

6.5㎏!

半日のリレー釣りで、この釣果だ!

夜は船下にはさまざまな魚が集まる。この魚探をみれば一目瞭然。

船の周りに回遊するイワシの動きはソナーでバッチリ捉えられた。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・有間川漁港「第三いしなぎ」。

上越沖の初夏の風物詩、夜ヒラメ釣りが開幕した。
例年、マダイの乗っ込みと同時にヒラメも産卵のため浅場に集まってくる。その個体を夜釣りで狙うのだ。
ヒラメ釣りというとイワシのお泳がせ釣りが連想されるが、ここではカカリ釣りで小アジを泳がせてザブトン級の大ビラメを狙う。
タナは底から最低でも3m上。しかも、ハリスは8号以上。昼間のヒラメ釣りとはかなり違うことがお分かりいただけるだろう。
夜の海に光が灯されるとさまざまな生き物たちが船の周りに集結する。昨年あたりから多いのが、マイワシだ。もちろん、ヒラメの大好物。今期はこのイワシがカギとなっている。
しかし、このイワシはそう簡単には釣れない。専門のサビキできちんと狙わなければならない。イワシが釣れれば、すぐ投入。その威力はすさまじい。アジエサで見向きもしなかったフィッシュイーターたちが狂ったように、イワシを食べるのだ。いわゆる元気のいいイワシエサは確率変動のスイッチなのだ。
このイワシは絶対にいるとは限らないが回遊してきたら、真っ先にイワシを釣るように頑張ろう。
まずはイワシ釣り名人になれ!!

日中はマダイは乗っ込み中!! 半日のリレー釣りを満喫だ。静かに置き竿で待つがベスト

日中はマダイ乗合で出船中。

2㎏前後は食べごろサイズ。大ダイは突然ヒットするから注意しよう。

5月半ばの取材日、二つ岩沖で乗っ込みのマダイが本格的に釣れだした。この6㎏のマダイを頭に良型ばかり6枚キャッチ。

日本のなかでも有数のマダイの産卵場として知られる上越沖。今年もこの取材日から本格的に乗っ込みが始まった模様。
水深にもよるが、岩佐船長のマダイの釣り方はこうだ。水面から10mまでビシを落として、水深7〜8mのタナで置き竿でアタリを待つというもの。岩佐船長はソナーと魚探で魚の動きを常に注視。エサ取り魚が多い場所では、2分以内のエサチェックをするようにとの指示が出る。
置き竿で静かに待つのが浅場の乗っ込みマダイのコツだ。
ヒットしたら、ハリスをつかんでからが勝負。浅場なのでマダイはエアを持たない。水面にきても激しく抵抗を繰り返す。だから、岩佐船長はつかみやすいハリス6号10mの仕掛けを推奨しているのだ。

ハリスは最低でも8号10号以上を使おう!!

「ホシノ釣具店」で購入できるハヤブサ「ハゲ皮白袖」9号。オモリは20号。

「ホシノ釣具店」では「いしなぎ」の予約のほか、オリジナル仕掛けなど必要なものすべてそろっている。

夜ヒラメの仕掛けだが、ハリスは細くても8号、10号以上を使うのがここのセオリーだ。
大ビラメだけでなく、ワラサや大スズキもヒットする。さらに、カカリ釣りなので、細仕掛けで魚に主導権を取られっぱなしでは、オマツリのもと。あるていど、強引なやり取りもここでは必要だ。
市販の仕掛けには、捨て糸の先にオモリが装着されるが、ここでは根掛かりの心配はないので、捨て糸は必要なし。ハリスとリーダーを接続する親子サルカンとダブルスナップを介してオモリを付けることをおすすめする。

タナは最低でも底から3m 高ダナでアタリを待とう! 早アワセは厳禁。アジエサは とくにじっくりと食わす

イワシはマイワシ。このイワシはそう簡単には釣れない。いま一番実績があるのは、白ハゲ皮の銀袖バリサビキ。これをライトタックルで釣るのがベスト。オモリは20号。

「いしなぎ」はマダイとリレーで、このヒラメ釣りをするが、マダイロッドをそのまま使うことも可能。

ヒラメは頭から大きなタモ網ですくおう。

ターゲットがヒラメとあって、タナはベタ底と思うだろうが、夜釣りでは集魚灯で魚を寄せるので、当然ベタ底のフィッシュイーターたちもベイトフィッシュを補食するために泳ぎ回る。
ちなみにヒラメが中層から表層まで泳ぎ回る姿が魚探でも確認できるほどだ。
だから、タナは低くても底から3m。基本は底から5m前後だ。さらに上でもよいが状況によっては、ワラサやスズキ、サワラなどにヒラメより先に食われてしまう可能性があることも覚えておこう。
アタリがあったら早アワセは厳禁だ。アジエサの場合はとくに注意が必要だ。
アタリのあと1回目の突っ込みでアワすとすっぽ抜け、なんてことは頻繁にある。
これでもか……、と思うくらいにじっくりじっくりとエサを飲み込ませてアワセを入れるようにしよう。
イワシエサの場合も早アワセは禁物。
大ビラメほどアタリは小さいので、要注意だ。

以上の記事は「つり丸」2013年6月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル