MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
生きエサはアピール抜群、大型根魚が飛びつくぞ!【外房・勝浦沖】

生きエサはアピール抜群、大型根魚が飛びつくぞ!【外房・勝浦沖】

勝浦港「初栄丸」の浅場のカサゴ、メバル乗合は、サビキで釣ったカタクチイワシを泳がせて30㎝前後の大型カサゴ、メバルを狙い、それにマハタ、アカハタ、ソイ、ヒラメなどがまじる根魚五目釣りだ。

perm_media 《画像ギャラリー》生きエサはアピール抜群、大型根魚が飛びつくぞ!【外房・勝浦沖】の画像をチェック! navigate_next

イワシ回遊でフィッシュイーターが高活性だ、ピチピチイワシに大型根魚が飛びついてくる!! メバルもカサゴも特大!

25㎝級と30㎝を超える巨大メバルが一荷で食ってきた! 勝浦沖の根魚釣りは、とにかく型がいい。

このサイズのメバルは引きもバツグン。ギュンギュン竿をしならせ、楽しませてくれる。

強烈な引きを見せたのは大型のソイ。この日は同サイズが船中4匹上がった。

ヒラメも食ってきた。

カサゴもデカイ! 生きアジに食ってきた。大型は数日寝かせてから刺身で食べるとおいしい。

アカハタのほか、マハタがまじることも多い。

25㎝〜30㎝超のメバル、カサゴ。ひとりでこれだけ釣れれば大満足だ。

反応が見つかればカタクチイワシは入れ掛かり。

サビキでカタクチイワシ、アジが釣れれば、それをエサにする。

サビキで生きエサが確保できればそれを使うが、基本的にエサは冷凍のカタクチイワシだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦港「初栄丸」。

カサゴ・メバルを中心とした根魚五目で出船している勝浦港「初栄丸」。出港するとすぐ、港の目の前でスローダウン。まずはサビキ仕掛けでカタクチイワシを釣る。
「これからの時期、勝浦の沖にはカタクチイワシの群れが回遊してきます。港前の一帯がイワシの反応でいっぱいになることもあります。そのイワシを追いかけて活性が上がっているカサゴやメバルなどの根魚を狙うんです。朝のうちサビキでイワシを狙い、釣れればその生きたイワシをエサにします」と「初栄丸」渡辺和明船長。
カタクチイワシは必ずしも毎朝釣れるとは限らないので、エサは基本的には冷凍イワシを使う。「冷凍イワシでも十分食いますよ」とのことだが、やはり生きエサの威力は大きい。
サビキでイワシが釣れたら、魚体に触れないようにハリを外してタルで泳がせておこう。ピチピチ元気に泳ぐカタクチイワシはフィッシュイーターへのアピールバツグン。
カサゴ、メバルは25〜30㎝前後がアベレージ、35㎝クラスの特大も姿を見せる。さらに、マハタやアカハタ、ソイにヒラメと高級根魚まじりで楽しい五目釣りが楽しめるぞ!

仕掛けは胴付き2本バリまたは1本バリ仕掛け。オモリは水深、潮流によって30号、または50号を使い分ける

タックルは、ライトロッドやゲームロッドに小型両軸リールの組み合わせ。ライトタックルなので大型根魚の引きがさらに楽しく感じる。

タックルは、オモリ50号が背負える7対3調子、1.8〜2.4m前後の竿に小型両軸リールの組み合わせ。道糸はPE2〜3号。
竿は食い込みのよさを考えればヒラメ竿などのムーチングタイプがいいが、根掛かりも多い釣りなのでそれを回避するためには、操作性がいい短めで胴に張りがあるタイプがいい。7対3から6対4調子ぐらいのライトロッドやゲームロッドがおすすめだ。
仕掛けは胴付き2本バリまたは1本バリ仕掛け。オモリは水深、潮流によって30号、または50号を使い分ける。
ポイントの水深は30〜50m前後。生きエサは弱らせないように手早くハリに付け、船長の合図ですぐに投入できるように準備しておこう。
生きエサの根魚釣りでは、一番先に着底した仕掛けに魚が食い付いてくることも少なくない。投入に手間どるとチャンスは少なくなることを覚えておこう。
少しでも速く投入するためには、1本バリ仕掛けもおすすめだ。ビギナーなどエサ付けに手間どるようなひとは1本バリ仕掛けを使おう。2本バリでも、上バリに冷凍イワシを付けておき、下バリだけ生きイワシを付けてやるようにすれば投入が速くできる。

しっかり底を切って、その上でまめに底ダチを取り直しながら、海底の起伏をトレースしてゆくことが大切

かなりきつい根の中を釣るので、オモリが着いたら50㎝から1mほど底を切って釣る。もちろん底スレスレを狙いたいのだが〝オモリトントン〟の釣り方では根掛かり頻発、仕掛けがいくつあっても足りない。
「まずは根掛かりしないようにするののが好釣果のコツです」と船長は話す。
しっかり底を切って、その上でまめに底ダチを取り直しながら、海底の起伏をトレースしてゆくことが大切だ。タナの取り直しが誘いにもなる。
カサゴ、メバルのアタリは、ギュンギュンと一発で食い込むこともあるが、ガタガタと前アタリが出たあとしばらくして、ギュン! と食い込むパターンが多い。
基本的には向こうアワセでいいが、あまり待ちすぎると根に潜られて出なくなってしまうこともある。前アタリがあったらひと呼吸、ふた呼吸待って、強い引き込みがあったら竿を立てて聞きアワセるようにして巻き上げよう。
カサゴ、メバルのほか、良型のハタやヒラメ、大型のソイなどが食ってくることもある。型がいいと思ったら、無理せず、ドラグを効かせて慎重にやり取りしよう。

以上の記事は「つり丸」2013年6月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル