MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手軽にできて引きも強烈! LTヒラメ五目【相模湾・葉山沖】

手軽にできて引きも強烈! LTヒラメ五目【相模湾・葉山沖】

今回の釣行は葉山あぶずり港「秀吉丸」からのLTヒラメ五目。手軽に生きエサ泳がせ釣りのスリルが味わえ、釣果の方も2㎏アップが顔を出して、いい日はトップ2桁に迫る勢い。運が良ければマハタまで狙えるとあって期待感満杯。鼻息も荒く港へと向かった。

perm_media 《画像ギャラリー》手軽にできて引きも強烈! LTヒラメ五目【相模湾・葉山沖】の画像をチェック! navigate_next

いい日にはトップでヒラメ6〜7枚。これにマハタやマゴチ、メバル、カサゴにホウボウやマトウダイなど、五目で色々だ

準備万端! いざポイントへ。

孫バリは無し。ハリは下アゴから上アゴに刺し抜く。

ライトタックル&カタクチイワシで泳がせ釣り。相模湾のヒラメ釣りが熱い!

ヒラメのアタリはかなり多い。

超ウレシイゲスト、マハタをゲット!

ホウボウやカサゴ、マゴチなどもまじる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「秀吉丸」。

生きエサ釣りのドキドキ感、何が釣れてくるか分からないワクワク感、これらを手軽に味わえるのが葉山あぶずり港「秀吉丸」のLTヒラメ五目乗合だ。
「今季もまあ例年通りかなー。釣れる日もあれば釣れない日もあるよ」と、LTヒラメ五目担当の栗飯原力太郎船長。
ひかえめなコメントだが、いい日にはトップでヒラメ6、7枚。これにマハタやマゴチ、メバル、カサゴにホウボウやマトウダイなど、それこそ五目で色々な魚が食ってくるのだから面白い。
型だってソゲ級も多いものの2㎏オーバーは何枚も取り込まれており、油断しているとハリスをぶった切られることもあるのだ。
「一番大切なのはエサ付けをしっかりやること(下アゴからハリを刺し上アゴ鼻付近の硬い所にハリ先を抜く)。あとはアタリがあっても早アワセ、大アワセはダメだよ。スッポ抜けちゃうからね。食い込むのを待ってゆっくり竿を持ち上げればいいから」と栗飯原船長。
アタリが出てから食い込みの本アタリを待つまでのスリルは生きエサの釣りならでは。この春「秀吉丸」でハラハラ、ドキドキ、ワクワク体験してみませんか?

以上の記事は「つり丸」2018年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル