MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手軽にできて引きも強烈! LTヒラメ五目【相模湾・葉山沖】

手軽にできて引きも強烈! LTヒラメ五目【相模湾・葉山沖】

今回の釣行は葉山あぶずり港「秀吉丸」からのLTヒラメ五目。手軽に生きエサ泳がせ釣りのスリルが味わえ、釣果の方も2㎏アップが顔を出して、いい日はトップ2桁に迫る勢い。運が良ければマハタまで狙えるとあって期待感満杯。鼻息も荒く港へと向かった。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

いい日にはトップでヒラメ6〜7枚。これにマハタやマゴチ、メバル、カサゴにホウボウやマトウダイなど、五目で色々だ

準備万端! いざポイントへ。

孫バリは無し。ハリは下アゴから上アゴに刺し抜く。

ライトタックル&カタクチイワシで泳がせ釣り。相模湾のヒラメ釣りが熱い!

ヒラメのアタリはかなり多い。

超ウレシイゲスト、マハタをゲット!

ホウボウやカサゴ、マゴチなどもまじる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「秀吉丸」。

生きエサ釣りのドキドキ感、何が釣れてくるか分からないワクワク感、これらを手軽に味わえるのが葉山あぶずり港「秀吉丸」のLTヒラメ五目乗合だ。
「今季もまあ例年通りかなー。釣れる日もあれば釣れない日もあるよ」と、LTヒラメ五目担当の栗飯原力太郎船長。
ひかえめなコメントだが、いい日にはトップでヒラメ6、7枚。これにマハタやマゴチ、メバル、カサゴにホウボウやマトウダイなど、それこそ五目で色々な魚が食ってくるのだから面白い。
型だってソゲ級も多いものの2㎏オーバーは何枚も取り込まれており、油断しているとハリスをぶった切られることもあるのだ。
「一番大切なのはエサ付けをしっかりやること(下アゴからハリを刺し上アゴ鼻付近の硬い所にハリ先を抜く)。あとはアタリがあっても早アワセ、大アワセはダメだよ。スッポ抜けちゃうからね。食い込むのを待ってゆっくり竿を持ち上げればいいから」と栗飯原船長。
アタリが出てから食い込みの本アタリを待つまでのスリルは生きエサの釣りならでは。この春「秀吉丸」でハラハラ、ドキドキ、ワクワク体験してみませんか?

以上の記事は「つり丸」2018年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル