真夏のスルメイカ鉄板攻略術・釣り方編【南房・白浜沖】

真夏のスルメイカ鉄板攻略術・釣り方編【南房・白浜沖】

日に50杯以上。ときに3ケタに迫ろうかという釣果も珍しくないスルメイカの好漁場・南房より釣り方編をお届けだ。こりゃー、いますぐ釣りにイカなくちゃだわ。


南房のスルメイカを狙えば、連チャンにつぐ連チャンの多点掛けの嵐が味わえる!?

大型が3杯も掛かれば想像以上の重さになる。電動リールはパワーのある物を選ぼう。

今回の取材でお世話になったの、千葉・乙浜港「信栄丸」。

南房のスルメイカの魅力は何と言っても船を流しっぱなしにして、連チャンに次ぐ連チャン、多点掛けの嵐を味わえることである。腕は筋肉痛に、電動リールは悲鳴を上げて止まることもしばしば。何度スルメの水鉄砲を浴びたかわからないほど、顔は水でぐしゃぐしゃ。身体は汗でぐしゃぐしゃ。でも、そんな気持ちいい!? 体験ができるのはここならでは。

スルメイカ攻略の肝! 状況に合わせた二つの釣り方を体得せよ!!

釣り方のまず第一は、好調時の直結の釣り方から。
直結釣法のメリットは、簡単に広い範囲を探ることができる。一度に何杯も乗せられる。仕掛けの扱いが楽で手返しが早い、などがある。
これらのメリットは、乗りが良ければいいほど発揮される。つまり、好調時、爆乗り時にマッチした釣り方なのである。

バンバン釣れるのは、一年のうちでもそんなにはない。そうなると、そうじゃない状況の時の方が多いわけだ。そんなときには、それに合わせた釣り方が必要になる。
最近のヤリイカ直結釣法を楽しんでいる方なら、「ああ、それはヤリイカといっしょじゃん」と思うだろう。現在のスルメイカも、同様に「誘ってアタリを見る」という釣り方になってきているのである。この釣り方ができるようになると、「どんな状況でも対応ができる」のである。そうなると、それなりの状況の時はうまく拾って、いい群れが来たら一気に数を稼ぐのも可能なのである。

活況を呈する南房。が、さらにこれから熱くなる!

最盛期にはプラヅノは18cmが標準だ。しかし現在は群れによっては大型よりも中型の方が多いこともある。こんなとき14cmの方が乗りがいいこともある。写真は「ピッカピカ針」14cm。

こちらは18cmの直結。アクセントを付けるため、「ピッカピカ針」と「ミラクル」をまぜたもの。1色だけ明らかに違う、オレンジ系に乗りが集中することも。18cmのブランコ仕掛けも準備しておきたい。

乗りの状況を見てブランコ仕掛けにチェンジするのも一手。

メインポイントは白浜沖水深100~150mほど。状況により、江見寄りのポイントも狙えるのが強みだ。遅いときは9月に入ってから本格化することもあるこのエリア。まだまだ序章に過ぎないのである。

↓「真夏のスルメイカ鉄板攻略術・仕掛け編」も、ぜひお読みください↓

【相模湾・城ヶ島沖】真夏のスルメイカ鉄板攻略術・仕掛け編【過去記事】

https://tsurimaru.jp/articles/14

梅雨も明けていよいよ夏本番。と同時にスルメイカも本番を迎えた。多点掛けの奥深き魅力。すっきりとした淡麗なる口当たり。釣って楽しい、食べて美味しいスルメイカ。今回はズバリ「仕掛け」にフォーカスしてみた。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


連日好調で大型乗り乗り! 真夏のスルメイカを釣る!(南房・信栄丸)

連日好調で大型乗り乗り! 真夏のスルメイカを釣る!(南房・信栄丸)

南房・白浜沖のスルメイカが今シーズンも好調だ。このエリアは水深150〜200m程度のゆるやかな根が広大に広がり、スルメイカの一大漁場となっている。群れが広範囲に出ることが多く、一度投入したら、何度も何度も繰り返し乗せることができる「流しっぱなし」の釣りが楽しめる。


多点掛けは狙って乗せろ! 真夏の激釣れスルメイカ(南房・信栄丸)

多点掛けは狙って乗せろ! 真夏の激釣れスルメイカ(南房・信栄丸)

いよいよ真夏のスルメイカ戦線に突入した。シーズン初期のイカはサイズが小さく、潮は濁り気味で、比較的どんなツノでも簡単に乗ってきたが、これからの時期はそう簡単にはいかない。


相模湾・江の島沖のスルメイカの仕掛け&釣り方を解説!(島きち丸)

相模湾・江の島沖のスルメイカの仕掛け&釣り方を解説!(島きち丸)

夏のイカといえば、このスルメ。今回取材した片瀬港「島きち丸」では、多少のムラはあるもののトップが束近い釣果を出す日もあるなど好調だ。6月上旬の取材では、イカのサイズはムギまたはそれよりひと回り程度大きなニセイカと呼ばれるものが中心。


早朝出船で帰りも楽々! 勝浦沖のFサビキ&スルメイカ(勝丸)

早朝出船で帰りも楽々! 勝浦沖のFサビキ&スルメイカ(勝丸)

夏の風物詩・スルメイカが外房エリアでも好調な乗りを見せ始めている。今回お世話になった、勝浦港「勝丸」では、早朝はフラッシャーサビキでアジ、サバ主体のお土産釣りを楽しませてくれる。


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


好調継続中のヒラメ! 楽しみながら大物を迎撃しよう!(隆正丸)

好調継続中のヒラメ! 楽しみながら大物を迎撃しよう!(隆正丸)

関東でいち早く解禁し、開幕ラッシュを決めた飯岡沖のヒラメが、3ヵ月が経とうとしている現在も好調をキープ! ほぼ船中ボウズなしで帰港する日が続いている。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読