沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

真夏のスルメイカ鉄板攻略術・釣り方編【南房・白浜沖】

真夏のスルメイカ鉄板攻略術・釣り方編【南房・白浜沖】

日に50杯以上。ときに3ケタに迫ろうかという釣果も珍しくないスルメイカの好漁場・南房より釣り方編をお届けだ。こりゃー、いますぐ釣りにイカなくちゃだわ。


南房のスルメイカを狙えば、連チャンにつぐ連チャンの多点掛けの嵐が味わえる!?

大型が3杯も掛かれば想像以上の重さになる。電動リールはパワーのある物を選ぼう。

今回の取材でお世話になったの、千葉・乙浜港「信栄丸」。

南房のスルメイカの魅力は何と言っても船を流しっぱなしにして、連チャンに次ぐ連チャン、多点掛けの嵐を味わえることである。腕は筋肉痛に、電動リールは悲鳴を上げて止まることもしばしば。何度スルメの水鉄砲を浴びたかわからないほど、顔は水でぐしゃぐしゃ。身体は汗でぐしゃぐしゃ。でも、そんな気持ちいい!? 体験ができるのはここならでは。

スルメイカ攻略の肝! 状況に合わせた二つの釣り方を体得せよ!!

釣り方のまず第一は、好調時の直結の釣り方から。
直結釣法のメリットは、簡単に広い範囲を探ることができる。一度に何杯も乗せられる。仕掛けの扱いが楽で手返しが早い、などがある。
これらのメリットは、乗りが良ければいいほど発揮される。つまり、好調時、爆乗り時にマッチした釣り方なのである。

バンバン釣れるのは、一年のうちでもそんなにはない。そうなると、そうじゃない状況の時の方が多いわけだ。そんなときには、それに合わせた釣り方が必要になる。
最近のヤリイカ直結釣法を楽しんでいる方なら、「ああ、それはヤリイカといっしょじゃん」と思うだろう。現在のスルメイカも、同様に「誘ってアタリを見る」という釣り方になってきているのである。この釣り方ができるようになると、「どんな状況でも対応ができる」のである。そうなると、それなりの状況の時はうまく拾って、いい群れが来たら一気に数を稼ぐのも可能なのである。

活況を呈する南房。が、さらにこれから熱くなる!

最盛期にはプラヅノは18cmが標準だ。しかし現在は群れによっては大型よりも中型の方が多いこともある。こんなとき14cmの方が乗りがいいこともある。写真は「ピッカピカ針」14cm。

こちらは18cmの直結。アクセントを付けるため、「ピッカピカ針」と「ミラクル」をまぜたもの。1色だけ明らかに違う、オレンジ系に乗りが集中することも。18cmのブランコ仕掛けも準備しておきたい。

乗りの状況を見てブランコ仕掛けにチェンジするのも一手。

メインポイントは白浜沖水深100~150mほど。状況により、江見寄りのポイントも狙えるのが強みだ。遅いときは9月に入ってから本格化することもあるこのエリア。まだまだ序章に過ぎないのである。

↓「真夏のスルメイカ鉄板攻略術・仕掛け編」も、ぜひお読みください↓

【相模湾・城ヶ島沖】真夏のスルメイカ鉄板攻略術・仕掛け編【過去記事】

https://tsurimaru.jp/articles/14

梅雨も明けていよいよ夏本番。と同時にスルメイカも本番を迎えた。多点掛けの奥深き魅力。すっきりとした淡麗なる口当たり。釣って楽しい、食べて美味しいスルメイカ。今回はズバリ「仕掛け」にフォーカスしてみた。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房総平砂浦沖に今年もショゴ(カンパチの幼魚)が回ってきた。幼魚とはいえカンパチが狙って釣れる釣り場は貴重だ。しかも最近他エリアではほとんど見かけなくなったカッタクリ釣りで狙えるのも嬉しいところだ。


大ダイ炸裂!今期はマダイ当たり年! 西川名沖コマセマダイ(竜一丸)

大ダイ炸裂!今期はマダイ当たり年! 西川名沖コマセマダイ(竜一丸)

南房・西川名港を基地とする「竜一丸」は、季節ごとに看板釣り物をかえている。現在はコマセマダイだ。ざっと、年間の釣り物をあげると、7月〜12月までマダイ。1月〜2月はヒラメ&ハタ、3月〜7月がイサキだ。


外房・勝浦沖のスルメイカ&五目釣りを楽しもう!(勝丸)

外房・勝浦沖のスルメイカ&五目釣りを楽しもう!(勝丸)

朝方にフラッシャーサビキでサバ、アジを釣り、十分なお土産になったところでイカ釣りにチェンジするのは、勝浦地区ではお馴染みのリレー釣りだ。そしてイカ釣りに満足したら、根魚も狙える。クーラーには多彩なお土産が入るのがこの釣りの魅力だろう。


大ダイチャンス! 大型青物も回遊中! 布良沖のマダイ釣り(仁平丸)

大ダイチャンス! 大型青物も回遊中! 布良沖のマダイ釣り(仁平丸)

南房・布良沖は、この周辺の海域の超一級ポイントとして知られている。布良港から沖へ延びる瀬は、布良瀬と呼ばれ、浅場から深場まで、さまざまな魚が釣れる。


最新の投稿


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読