沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

真夏のスルメイカ鉄板攻略術・釣り方編【南房・白浜沖】

真夏のスルメイカ鉄板攻略術・釣り方編【南房・白浜沖】

日に50杯以上。ときに3ケタに迫ろうかという釣果も珍しくないスルメイカの好漁場・南房より釣り方編をお届けだ。こりゃー、いますぐ釣りにイカなくちゃだわ。


南房のスルメイカを狙えば、連チャンにつぐ連チャンの多点掛けの嵐が味わえる!?

大型が3杯も掛かれば想像以上の重さになる。電動リールはパワーのある物を選ぼう。

今回の取材でお世話になったの、千葉・乙浜港「信栄丸」。

南房のスルメイカの魅力は何と言っても船を流しっぱなしにして、連チャンに次ぐ連チャン、多点掛けの嵐を味わえることである。腕は筋肉痛に、電動リールは悲鳴を上げて止まることもしばしば。何度スルメの水鉄砲を浴びたかわからないほど、顔は水でぐしゃぐしゃ。身体は汗でぐしゃぐしゃ。でも、そんな気持ちいい!? 体験ができるのはここならでは。

スルメイカ攻略の肝! 状況に合わせた二つの釣り方を体得せよ!!

釣り方のまず第一は、好調時の直結の釣り方から。
直結釣法のメリットは、簡単に広い範囲を探ることができる。一度に何杯も乗せられる。仕掛けの扱いが楽で手返しが早い、などがある。
これらのメリットは、乗りが良ければいいほど発揮される。つまり、好調時、爆乗り時にマッチした釣り方なのである。

バンバン釣れるのは、一年のうちでもそんなにはない。そうなると、そうじゃない状況の時の方が多いわけだ。そんなときには、それに合わせた釣り方が必要になる。
最近のヤリイカ直結釣法を楽しんでいる方なら、「ああ、それはヤリイカといっしょじゃん」と思うだろう。現在のスルメイカも、同様に「誘ってアタリを見る」という釣り方になってきているのである。この釣り方ができるようになると、「どんな状況でも対応ができる」のである。そうなると、それなりの状況の時はうまく拾って、いい群れが来たら一気に数を稼ぐのも可能なのである。

活況を呈する南房。が、さらにこれから熱くなる!

最盛期にはプラヅノは18cmが標準だ。しかし現在は群れによっては大型よりも中型の方が多いこともある。こんなとき14cmの方が乗りがいいこともある。写真は「ピッカピカ針」14cm。

こちらは18cmの直結。アクセントを付けるため、「ピッカピカ針」と「ミラクル」をまぜたもの。1色だけ明らかに違う、オレンジ系に乗りが集中することも。18cmのブランコ仕掛けも準備しておきたい。

乗りの状況を見てブランコ仕掛けにチェンジするのも一手。

メインポイントは白浜沖水深100~150mほど。状況により、江見寄りのポイントも狙えるのが強みだ。遅いときは9月に入ってから本格化することもあるこのエリア。まだまだ序章に過ぎないのである。

↓「真夏のスルメイカ鉄板攻略術・仕掛け編」も、ぜひお読みください↓

【相模湾・城ヶ島沖】真夏のスルメイカ鉄板攻略術・仕掛け編【過去記事】

https://tsurimaru.jp/articles/14

梅雨も明けていよいよ夏本番。と同時にスルメイカも本番を迎えた。多点掛けの奥深き魅力。すっきりとした淡麗なる口当たり。釣って楽しい、食べて美味しいスルメイカ。今回はズバリ「仕掛け」にフォーカスしてみた。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ドンっと来るマダイにご注意を! コマセマダイ仕掛け&誘い(竜一丸)

ドンっと来るマダイにご注意を! コマセマダイ仕掛け&誘い(竜一丸)

南房エリアのコマセマダイ釣りは、ハリス長6〜7mの短めのものを使うのが主流。オキアミコマセもドバまきが基本だ。コマセ釣りの原点のようなもので、タナ付近でコマセと付けエサを同調させて、コマセのなかに入ってきた活性の高い個体を釣り上げるというものである。


キロ前後のサイズが続出! 好釣果コマセマダイの仕掛け(兵助屋)

キロ前後のサイズが続出! 好釣果コマセマダイの仕掛け(兵助屋)

タックルは通常のコマセマダイ用でOK。竿はコマセマダイ用の2.7〜3.6m。置き竿派は3〜3.6m。手持ち派は2.7〜3mがいいだろう。リールは小型電動、または手巻きの中型両軸。道糸はPEラインの3〜4号。


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


南房・和田沖のアカムツゲーム! ライトタックルで釣る(渡辺丸)

南房・和田沖のアカムツゲーム! ライトタックルで釣る(渡辺丸)

ここ数年で南房のアカムツ釣りのメジャー船になった江見太夫崎「渡辺丸」。 それもそのはず、40㎝オーバーの大型ばかりをコンスタントに釣らせてくれるからだ。もちろん、条件が悪いときは釣れないこともある。しかし、ほぼ周年、アカムツを狙っていることにより、アカムツの動きを理解し、渡辺英雄船長はポイントが把握できたというのだ。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


最新の投稿


誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本程度。その中に1本は7㎝のスッテや11㎝プラヅノに赤白の糸を巻いたものをまぜておこう。潮の濁り具合によって、グリーンや黄色系などが乗ることもあるので、基本のブルー、ピンク、ケイムラのほかにも用意しておこう。


変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、オーソドックスなコマセマダイ用があれば楽しめる。竿は80号のビシに対応したコマセマダイ用がオススメ。長さは2.7〜3.3mが扱いやすいだろう。


今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

「仕掛けはやっぱり宿のものが一番」と、口癖のようにこの言葉をもらす「大久丸」の常連さんたち。その仕掛けとは、ハリスの全長76㎝、捨て糸45㎝といういたってシンプルなもの。孫バリはシングルフックだ。


メンテナンスに!「バリバス タックルにシュッ!」

メンテナンスに!「バリバス タックルにシュッ!」

タックルのサビと塩ガミ防止に効果抜群のスプレー。噴き付けがラクなトリガーノズルです!


外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

「急に逆潮(北からの冷たい潮)になって、水温が下がっちゃったんですよ…。ただ、魚はいますし、ベイトもいますので、真潮(南からの暖かい潮)に変わって水温が安定さえすれば期待できると思いますよ!」と話すのは、千葉・勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読