MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
真夏のスルメイカ鉄板攻略術・釣り方編【南房・白浜沖】

真夏のスルメイカ鉄板攻略術・釣り方編【南房・白浜沖】

今回の取材でお世話になったのは、千葉・乙浜港「信栄丸」。日に50杯以上。ときに3ケタに迫ろうかという釣果も珍しくないスルメイカの好漁場・南房より釣り方編をお届けだ。こりゃー、いますぐ釣りにイカなくちゃだわ。

南房のスルメイカを狙えば、連チャンにつぐ連チャンの多点掛けの嵐が味わえる!?

大型が3杯も掛かれば想像以上の重さになる。電動リールはパワーのある物を選ぼう。

今回の取材でお世話になったのは、千葉・乙浜港「信栄丸」。

南房のスルメイカの魅力は何と言っても船を流しっぱなしにして、連チャンに次ぐ連チャン、多点掛けの嵐を味わえることである。腕は筋肉痛に、電動リールは悲鳴を上げて止まることもしばしば。何度スルメの水鉄砲を浴びたかわからないほど、顔は水でぐしゃぐしゃ。身体は汗でぐしゃぐしゃ。でも、そんな気持ちいい!? 体験ができるのはここならでは。

スルメイカ攻略の肝! 状況に合わせた二つの釣り方を体得せよ!!

釣り方のまず第一は、好調時の直結の釣り方から。
直結釣法のメリットは、簡単に広い範囲を探ることができる。一度に何杯も乗せられる。仕掛けの扱いが楽で手返しが早い、などがある。
これらのメリットは、乗りが良ければいいほど発揮される。つまり、好調時、爆乗り時にマッチした釣り方なのである。

バンバン釣れるのは、一年のうちでもそんなにはない。そうなると、そうじゃない状況の時の方が多いわけだ。そんなときには、それに合わせた釣り方が必要になる。
最近のヤリイカ直結釣法を楽しんでいる方なら、「ああ、それはヤリイカといっしょじゃん」と思うだろう。現在のスルメイカも、同様に「誘ってアタリを見る」という釣り方になってきているのである。この釣り方ができるようになると、「どんな状況でも対応ができる」のである。そうなると、それなりの状況の時はうまく拾って、いい群れが来たら一気に数を稼ぐのも可能なのである。

活況を呈する南房。が、さらにこれから熱くなる!

最盛期にはプラヅノは18cmが標準だ。しかし現在は群れによっては大型よりも中型の方が多いこともある。こんなとき14cmの方が乗りがいいこともある。写真は「ピッカピカ針」14cm。

こちらは18cmの直結。アクセントを付けるため、「ピッカピカ針」と「ミラクル」をまぜたもの。1色だけ明らかに違う、オレンジ系に乗りが集中することも。18cmのブランコ仕掛けも準備しておきたい。

乗りの状況を見てブランコ仕掛けにチェンジするのも一手。

メインポイントは白浜沖水深100~150mほど。状況により、江見寄りのポイントも狙えるのが強みだ。遅いときは9月に入ってから本格化することもあるこのエリア。まだまだ序章に過ぎないのである。

↓「真夏のスルメイカ鉄板攻略術・仕掛け編」も、ぜひお読みください↓

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。
東京湾のタチウオゲームがトップシーズンを迎えている。しかも、この時期のタチウオは良・大型揃い! みな指3.5~5本オーバーのメーター前後で、指2~2.5本という小型は1本たりともまじらなかった。
「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。
“タルイカ”。北陸で呼ばれている名だが、東日本では聞きなれない名前のイカだろう。標準和名はソデイカ。このイカが昨年、一昨年の秋から冬に、山陰から北陸にかけて大発生。大きくなると20㎏を超えるという。
爆発的人気! とは言えないが、年を追うごとに着実にファンを増やしているのが、南伊豆出船で狙う新島沖のキンメダイゲームだ。新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏!
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読