MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジャンボイサキの多点掛け! 高級ゲストも!【東伊豆・宇佐美南沖】

ジャンボイサキの多点掛け! 高級ゲストも!【東伊豆・宇佐美南沖】

春から夏にかけて東伊豆エリアで盛んになるのが、東伊豆南エリアへの遠征釣りだ。航程2時間ほどのポイントは、魚影が濃く、大型イサキ中心にシマアジやマダイ、イシダイ、ときにはヒラマサもまじる高級五目釣りが楽しめる。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

イサキだけじゃない! 何が釣れるかわからないのが面白い!

大型イサキ主体に数釣りができる宇佐美南沖遠征五目。大型の多点掛け連発で引き味バツグン!

食いのい日は大型イサキがトップ50匹、60匹と数釣れている。

魅力は大きさだけじゃない。旬を迎えて卵、白子を抱えたイサキは味も最高。おいしいイサキ料理を楽しもう。

竿は2.7m前後のワンピース遠征五目竿がおすすめ。「イサキを手返しよく釣るなら、短めのビシアジ竿なんかでもいいよ」と森船長。写真は1.7m、オモリ負荷50〜100号のショートロッド「デッキスティック171」。

イサキ中心に多彩なゲストが釣れる五目釣り。

思わずにっこり。

天気も良くて釣果も最高!

マダイゲット!

遠征釣りでは海が悪い日もある。

付けエサはオキアミ。

コマセはオキアミ。ビシはステン缶、プラビシの100号。

船内も広々快適。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・宇佐美港「秀正丸」。

東伊豆エリアから出船する遠征イサキ五目は、ジャンボイサキ中心にシマアジなどの高級魚がまじる五目釣りだ。宇佐美港「秀正丸」は宇佐美南沖の遠征五目に出船しているが、このところ大型イサキ主体に、いい日はトップ50〜60匹と好調に釣れている。
「型のいいのが釣れてます。6月中旬から7月上旬ぐらいは、イサキが一番旨い時期ですよ」と話す、「秀正丸」森 秀正船長。
イサキメインではあるが、大型魚も食ってくる五目釣りなので、仕掛けはハリス4〜6号と太めで、全長6mの3本バリというのが標準。オキアミの付けエサを付けて狙う。
釣れるイサキは大型ぞろいで、ウリンボサイズはほとんどいない。35㎝オーバーのジャンボサイズもバンバン食ってくる。それにまじるゲストもシマアジ、マダイ、イシダイと高級魚ぞろいだ。ぜひ挑戦を!

状況によりイサキとゲスト、両方取れるハリスの号数をチョイスしよう。そして、クッションゴム。これが非常に重要だ

仕掛けはハリス4〜6号、全長6mの3本バリが標準。イサキが食い渋ったときなどは、ハリスは細くした方が食いがいいが、イサキ以外の大型魚が食ったときは切られることもある。状況に応じてイサキとゲスト、両方取れるハリスの号数をチョイスしよう。
また、食い渋り時は全長8mほどに仕掛けを長くすると効く場合もある。
船長が「あまり気にする人がいないけど、これが重要」というのがクッションゴム。だいたい2 ㎜1m前後が標準だが、「クッションはものによって伸びがぜんぜん違うからね。パッケージなんかに書いてある、対応するハリス号数に合ったものを使って」と話す。そうすることで、不意に大型魚が食ってきたときにも上げられる確率がアップするという。
遠征釣りでは、ときにヒラマサが回遊してきてバンバンハリスが切られるなんていうこともあるので、10号前後の太ハリスも用意しておこう。

手返しよく続けて釣れば、あの高級ゲストも来るかもしれない!?

指示ダナは海面からビシまでの深さでアナウンスされるので、投入したらまず、指示ダナプラスハリス長分までビシを沈め、少量ずつパラっパラっとコマセをまきながら指示ダナに合わせてアタリを待つ。
アタリがなければ竿を上下して仕掛けを躍らせるなどして誘いをかけてみよう。また、最初はアタリが少なくても、まめに手返しを繰り返すと食いが立ってくることもある。指示ダナでじっと待っていないで、まめに仕掛けを動かしてやるのが大切だ。
指示ダナより下を探るのはNGだが、上を探る分には問題ない。少しずつ誘い上げてみると「上の方でジャンボサイズが食うこともありますよ」と話す、船長。
群れは濃いので、慌ててあげなければ比較的簡単に追い食いさせることもできる。ただし、そのまま待っていると仕掛けが絡んでしまうので、ゆっくり巻き上げてくるといい。スローに2、3m巻いているだけでも、グングン! ギューンと2匹目、さらには3匹目が食ってくるはずだ。
イサキはこのところ、トップ50匹、60匹と数釣れる日が多い。ではシマアジなどの高級ゲストはどうやったら釣れるのだろう。
「みなさんシマアジも釣りたいだろうけど、基本はイサキ釣りで、それにまじるって感じ。シマアジだけ釣ろうっていってもなかなか釣れませんよ」と船長。
シマアジやマダイ、イシダイなどのいいゲストを釣る人は、実はイサキもたくさん釣っていたりする。手返しよくイサキを釣り続けているからこそ、その中に他の魚もまじってくるということなのだ。
シマアジや大型マダイが掛かったら無理せず、ドラグを効かせてやり取りしよう。
先の船長の言葉通り、今のイサキはまさに「旬」の味わい。脂が乗って刺身も塩焼きも最高。大きな真子、白子も入っているので、白子の塩焼きや真子の煮付けなど、この時期ならではの珍味も楽しめる。加えてシマアジも釣れたら、もう最高だ!

以上の記事は「つり丸」2012年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル