MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
速潮のなか良型ビシアジ主体の釣りを楽しむ!【三浦半島】

速潮のなか良型ビシアジ主体の釣りを楽しむ!【三浦半島】

観音崎沖へ走ると、次第に船団が見えてきた。あちこちでサバが激しく胴震いする。こちらも投入するとサバの嵐だが、次第にアジが口を使い始めた。釣れ上がるのはいずれも25㎝以上で、幅広の黄色味がかった魚体! じつに美味しそう。

季節は移り変わり浅場で釣れ始めた! 食いは渋いが、次第に良型アジのヒットが増え好調にアタる!

観音崎沖にできた船団。

当日は観音崎沖の浅場で好調にアタった!

アジの食いがよくなると、良型がまじりだした。

ダブルもある!

まじるサバは良型。

カサゴがまじった。

今回、取材にご協力いただいたのは、鴨居大室「福よし丸」。

今日のアジはいずれも型揃いで、幅広の黄アジが多い。船中でもサバよりアジが増えてきた。
次第に暖かくなったので、上着を脱ぐ。合間に船長に様子を聞いてみると、「この間まで、久里浜沖の80〜90mを狙っていたけど、最近はこの20mダチが好調なので行ってみた」という。
水深20mでこんな良型が食うのは嬉しい。あっという間にビシが着底するため、バケツで水を汲む時間も惜しい。潮が速く、130号のビシでも艫側へ少し流れる。そのため、投入時は左手でビシを持ち、右手では軽くサミングしながら振り込むのが効率的。浅場でもLTでは攻めきれない。ここではノーマルビシが無難だ。ビシに残るコマセ粒では、コマセ効果は期待できない。交換することも大切だ。10隻以上の船がコマセをまいているため、魚のアタリも早く、コマセを振れば10〜15秒以内にアタる。それ以上待って来なければ、底へ落として再度コマセを振る。少し上のタナではサバが食うが、サバのダブル、アジとサバでダブルもあった。左隣の方と何度かオマツリしたが、魚が付いていたら、先に魚を船に入れてから解けば安心。相手の仕掛けも絡んでいれば、自作仕掛けを切ってもらう。アジも時に30㎝級がまじり、皆さんの顔から笑みがこぼれる。一度、巻き上げ中に口切れしたため、次はやや速度を落とすと良型のダブル。

以上の記事は「つり丸」2018年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読