速潮のなか良型ビシアジ主体の釣りを楽しむ!【三浦半島】

速潮のなか良型ビシアジ主体の釣りを楽しむ!【三浦半島】

観音崎沖へ走ると、次第に船団が見えてきた。あちこちでサバが激しく胴震いする。こちらも投入するとサバの嵐だが、次第にアジが口を使い始めた。釣れ上がるのはいずれも25㎝以上で、幅広の黄色味がかった魚体! じつに美味しそう。


季節は移り変わり浅場で釣れ始めた! 食いは渋いが、次第に良型アジのヒットが増え好調にアタる!

観音崎沖にできた船団。

当日は観音崎沖の浅場で好調にアタった!

アジの食いがよくなると、良型がまじりだした。

ダブルもある!

まじるサバは良型。

カサゴがまじった。

今回、取材にご協力いただいたのは、鴨居大室「福よし丸」。

今日のアジはいずれも型揃いで、幅広の黄アジが多い。船中でもサバよりアジが増えてきた。
次第に暖かくなったので、上着を脱ぐ。合間に船長に様子を聞いてみると、「この間まで、久里浜沖の80〜90mを狙っていたけど、最近はこの20mダチが好調なので行ってみた」という。
水深20mでこんな良型が食うのは嬉しい。あっという間にビシが着底するため、バケツで水を汲む時間も惜しい。潮が速く、130号のビシでも艫側へ少し流れる。そのため、投入時は左手でビシを持ち、右手では軽くサミングしながら振り込むのが効率的。浅場でもLTでは攻めきれない。ここではノーマルビシが無難だ。ビシに残るコマセ粒では、コマセ効果は期待できない。交換することも大切だ。10隻以上の船がコマセをまいているため、魚のアタリも早く、コマセを振れば10〜15秒以内にアタる。それ以上待って来なければ、底へ落として再度コマセを振る。少し上のタナではサバが食うが、サバのダブル、アジとサバでダブルもあった。左隣の方と何度かオマツリしたが、魚が付いていたら、先に魚を船に入れてから解けば安心。相手の仕掛けも絡んでいれば、自作仕掛けを切ってもらう。アジも時に30㎝級がまじり、皆さんの顔から笑みがこぼれる。一度、巻き上げ中に口切れしたため、次はやや速度を落とすと良型のダブル。

以上の記事は「つり丸」2018年5月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


夏の東京湾のお手軽ターゲット! 良型カサゴゲットだぜ!(五朗丸)

夏の東京湾のお手軽ターゲット! 良型カサゴゲットだぜ!(五朗丸)

東京湾のカサゴが好調に釣れている。鴨居大室港の「五郎丸」が狙うのは鴨居沖が中心。根を知り尽くしたベテラン、福本清行船長が案内してくれるポイントは、港のすぐ前から行程15分ほどと近い。午後から出船の半日釣りでもトップで20~30匹と十分な釣果が続いている。


釣りやすくなっている東京湾の良型美味アジを釣ろう!【東京湾】

釣りやすくなっている東京湾の良型美味アジを釣ろう!【東京湾】

東京湾のアジは良型が絶好調。鴨居沖や観音崎沖、海堡周りの浅場で25㎝級が次々に食ってくる。どれも幅広のいいアジだ。


ここのアジは幅広で超超超〜オイシイ!【東京湾・観音崎沖〜鴨居沖】

ここのアジは幅広で超超超〜オイシイ!【東京湾・観音崎沖〜鴨居沖】

釣りたての新鮮な美味しい魚が食べたい! そう思ったら、おすすめターゲットのひとつがアジだ。


春本番! 食い本番! 浦賀沖のビシアジ【東京湾・浦賀沖】

春本番! 食い本番! 浦賀沖のビシアジ【東京湾・浦賀沖】

3月も半ばを過ぎて、すっかり春めいてきた。この記事が掲載される頃、読者の方はゴールデンウィークの釣行の予定を立てておられる頃だろう。連休におすすめしたい安定度抜群の釣り、いや鉄板の釣りと言っても過言ではないのが、浦賀水道のアジ釣りだ。


最新の投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読