速潮のなか良型ビシアジ主体の釣りを楽しむ!【三浦半島】

速潮のなか良型ビシアジ主体の釣りを楽しむ!【三浦半島】

観音崎沖へ走ると、次第に船団が見えてきた。あちこちでサバが激しく胴震いする。こちらも投入するとサバの嵐だが、次第にアジが口を使い始めた。釣れ上がるのはいずれも25㎝以上で、幅広の黄色味がかった魚体! じつに美味しそう。


季節は移り変わり浅場で釣れ始めた! 食いは渋いが、次第に良型アジのヒットが増え好調にアタる!

観音崎沖にできた船団。

当日は観音崎沖の浅場で好調にアタった!

アジの食いがよくなると、良型がまじりだした。

ダブルもある!

まじるサバは良型。

カサゴがまじった。

今回、取材にご協力いただいたのは、鴨居大室「福よし丸」。

今日のアジはいずれも型揃いで、幅広の黄アジが多い。船中でもサバよりアジが増えてきた。
次第に暖かくなったので、上着を脱ぐ。合間に船長に様子を聞いてみると、「この間まで、久里浜沖の80〜90mを狙っていたけど、最近はこの20mダチが好調なので行ってみた」という。
水深20mでこんな良型が食うのは嬉しい。あっという間にビシが着底するため、バケツで水を汲む時間も惜しい。潮が速く、130号のビシでも艫側へ少し流れる。そのため、投入時は左手でビシを持ち、右手では軽くサミングしながら振り込むのが効率的。浅場でもLTでは攻めきれない。ここではノーマルビシが無難だ。ビシに残るコマセ粒では、コマセ効果は期待できない。交換することも大切だ。10隻以上の船がコマセをまいているため、魚のアタリも早く、コマセを振れば10〜15秒以内にアタる。それ以上待って来なければ、底へ落として再度コマセを振る。少し上のタナではサバが食うが、サバのダブル、アジとサバでダブルもあった。左隣の方と何度かオマツリしたが、魚が付いていたら、先に魚を船に入れてから解けば安心。相手の仕掛けも絡んでいれば、自作仕掛けを切ってもらう。アジも時に30㎝級がまじり、皆さんの顔から笑みがこぼれる。一度、巻き上げ中に口切れしたため、次はやや速度を落とすと良型のダブル。

以上の記事は「つり丸」2018年5月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


絶好調タチウオに美味アジ! 贅沢リレーで楽しさ2倍(福よし丸)

絶好調タチウオに美味アジ! 贅沢リレーで楽しさ2倍(福よし丸)

今年の東京湾のタチウオはオススメだ。各船宿の釣果速報を毎日チェックしていると、好釣果がかれこれ一ケ月以上も続いているのだ。


生きイワシで大型マゴチ激チャンス中! 金田湾ボート釣り(浜千鳥)

生きイワシで大型マゴチ激チャンス中! 金田湾ボート釣り(浜千鳥)

三浦半島・金田湾は古くからシロギス釣りのメッカとして知られているが、最近はボートで大物狙いができる場所として人気を集めている。「マゴチは好調ですね。サイズもいいし数も出ています。ヒラメは少し小型が多くなったけど、こちらも釣れてます」と、金田湾「浜千鳥」の飯島尚武さんは言う。


連日安定した釣果で味も最高! 東京湾のビシアジ釣り(前田丸)

連日安定した釣果で味も最高! 東京湾のビシアジ釣り(前田丸)

ビシアジ専門の浦賀港「前田丸」では、連日安定した釣果で束釣りの日もあるほど。取材当日も一日中活性が高く、アジ釣りの楽しさを十分に味わうことができた。


型がいいから楽しさ倍増! 絶好調走水沖のビシアジ(政信丸)

型がいいから楽しさ倍増! 絶好調走水沖のビシアジ(政信丸)

走水の激旨アジが堅調だ! 9月13日に走水港の「政信丸」を取材したが、竿頭の釣果が41匹、次頭が34匹だった。


東京湾ではタチウオもアジも絶好調!どちらも狙えるリレー(福よし丸)

東京湾ではタチウオもアジも絶好調!どちらも狙えるリレー(福よし丸)

釣り物の多いこの時期、一日で二度楽しめるリレー船もオススメ。今回、取材したのは鴨居大室港「福よし丸」のタチウオとアジのリレー釣り。今シーズンは6月末にタチウオが釣れ出すと、同時にリレー船をスタートさせた。ここのところ、どちらも連日好調でお土産が高確率だ!


最新の投稿


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイが秋シーズンに突入した。「今年はお盆過ぎあたりから食いだしました。キロ前後主体ですが2㎏前後まじりで順調に食っていますよ」と、鹿島港「義心丸」の大森誠船長は言う。


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読