沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

速潮のなか良型ビシアジ主体の釣りを楽しむ!【三浦半島】

速潮のなか良型ビシアジ主体の釣りを楽しむ!【三浦半島】

観音崎沖へ走ると、次第に船団が見えてきた。あちこちでサバが激しく胴震いする。こちらも投入するとサバの嵐だが、次第にアジが口を使い始めた。釣れ上がるのはいずれも25㎝以上で、幅広の黄色味がかった魚体! じつに美味しそう。


季節は移り変わり浅場で釣れ始めた! 食いは渋いが、次第に良型アジのヒットが増え好調にアタる!

観音崎沖にできた船団。

当日は観音崎沖の浅場で好調にアタった!

アジの食いがよくなると、良型がまじりだした。

ダブルもある!

まじるサバは良型。

カサゴがまじった。

今回、取材にご協力いただいたのは、鴨居大室「福よし丸」。

今日のアジはいずれも型揃いで、幅広の黄アジが多い。船中でもサバよりアジが増えてきた。
次第に暖かくなったので、上着を脱ぐ。合間に船長に様子を聞いてみると、「この間まで、久里浜沖の80〜90mを狙っていたけど、最近はこの20mダチが好調なので行ってみた」という。
水深20mでこんな良型が食うのは嬉しい。あっという間にビシが着底するため、バケツで水を汲む時間も惜しい。潮が速く、130号のビシでも艫側へ少し流れる。そのため、投入時は左手でビシを持ち、右手では軽くサミングしながら振り込むのが効率的。浅場でもLTでは攻めきれない。ここではノーマルビシが無難だ。ビシに残るコマセ粒では、コマセ効果は期待できない。交換することも大切だ。10隻以上の船がコマセをまいているため、魚のアタリも早く、コマセを振れば10〜15秒以内にアタる。それ以上待って来なければ、底へ落として再度コマセを振る。少し上のタナではサバが食うが、サバのダブル、アジとサバでダブルもあった。左隣の方と何度かオマツリしたが、魚が付いていたら、先に魚を船に入れてから解けば安心。相手の仕掛けも絡んでいれば、自作仕掛けを切ってもらう。アジも時に30㎝級がまじり、皆さんの顔から笑みがこぼれる。一度、巻き上げ中に口切れしたため、次はやや速度を落とすと良型のダブル。

以上の記事は「つり丸」2018年5月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


タチウオ&アジの美味しい豪華リレー!仕掛けと釣り方(福よし丸)

タチウオ&アジの美味しい豪華リレー!仕掛けと釣り方(福よし丸)

「福よし丸」では、使用する道糸の太さによって、オモリの号数を変えている。道糸がPEライン2号の場合、オモリは60〜80号。PEライン3号の場合、オモリは80〜100号。PEライン4号の場合、オモリは100〜120号。あとは、その日の状況によってオマツリなどしないように微調整する。


沖釣り入門にピッタリ! 猿島沖・絶品ビシアジ(村上釣舟店)

沖釣り入門にピッタリ! 猿島沖・絶品ビシアジ(村上釣舟店)

日本人が大好きで、沖釣り入門にもってこいのアジが猿島沖で絶好調だ!「アジ釣りはヤッパリ、タナ取りとコマセワークですね。ビギナーでも全く問題ありません」とは新安浦港「村上釣舟店」の村上敏宏船長。


カツオ&キハダ釣りをより楽しむためのポイント(福栄丸・喜平治丸)

カツオ&キハダ釣りをより楽しむためのポイント(福栄丸・喜平治丸)

カツオは慣れない人でも遅れずに投入さえすれば誰でも何本か釣ることができる。ただし、細かく考えると色々と差が付いてくる。今回はカツオ釣りの細かいポイントをまとめてみよう。


4kgオーバーばかり! 大型メインで釣るワラサ仕掛け【棒面丸】

4kgオーバーばかり! 大型メインで釣るワラサ仕掛け【棒面丸】

ロッドはビシ80号に適合したマダイ、ワラサ用ほか、遠征五目用などを用いる。今シーズンのワラサは大型が多いので、マダイ竿を使用する場合も、腰の強い硬めの竿を選ぶといいだろう。リールは中小型電動リール。道糸はPE4号以上で。PEは傷がついていたり、ほころんでいるようなものはやり取り中に切れることもある。


誘って乗せて楽しむ! 剣崎沖のヤリイカがシーズン突入!(喜平治丸)

誘って乗せて楽しむ! 剣崎沖のヤリイカがシーズン突入!(喜平治丸)

ヤリイカの季節っていつだっけ? と思うことが多くなった。例年、秋の声を聞くころから釣れだすが、今シーズンは8月から好調に乗っている。そしてそのシーズンも4月ごろまでと、実に長い期間釣れるターゲットとなった。


最新の投稿


沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどがターゲット。


バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

ライトジギングやタイラバなどのライトゲームに最適なベイトリールシリーズ「ELAN」の新モデルをご紹介!


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読