MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のスルメイカ、やっとスタート!【相模湾・真鶴〜小田原南沖】

相模湾のスルメイカ、やっとスタート!【相模湾・真鶴〜小田原南沖】

例年、連休前後になると相模湾西部ではムギイカが始まるが、今年はムギイカを通り越していきなりスルメイカ釣りが始まった。

perm_media 《画像ギャラリー》相模湾のスルメイカ、やっとスタート!【相模湾・真鶴〜小田原南沖】の画像をチェック! navigate_next

誘ってアタリを取るゲーム性、これがいまのスタンダードだ!

ポイントは小田原南沖がメイン。西部の本命場所だ。

このシーンはまんまヤリイカ釣り。スルメイカもアタリを見て乗せていく、というスタイルに変わりつつある。

すでに立派なサイズのスルメイカ釣りの様相に。いい反応があったときは確実に乗せていきたい。この日は5点掛け以上もたびたび見られた。

この日は久保田幸司船長も乗船。正確無比な動きは一見の価値あり!

いっちょ朝メシ前!

「3杯でもかなり重たかったよ」。このズッシリ感がなによりスルメイカの魅力だ。

「これがやりたくてきました」と船上干しを。

海面にもサバがうじゃうじゃ。直結の用意も。でもいいサバだからお土産になるよ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小田原早川港「坂口丸」。

「浅いところにムギイカの群れがいなかったよね。そのかわり、水深100mぐらいの場所に中型のスルメのいい反応が出てきたんです」と、小田原早川港「坂口丸」の久保田忍船長は話す。
この海域は、海面から海底まで大型のサバが多い。そのため、直結がオススメだが、電動でシャクるだけではなかなか乗せられない。
「最近は、ヤリイカ直結のように、底付近で誘って、アタリを見て掛けていく人が数を取ります。特に群れが浮いていないときは、この釣り方が重要になりますよ」
実際、この日もこの傾向が顕著だった。もちろん、中層でデカい群れがあれば電動でガンガンもイケる。いずれにしても始まったばかり。今シーズンも大いに期待できそうだ!

以上の記事は「つり丸」2012年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル