MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
多点掛けでスルメイカ爆釣ラッシュを狙え!【東京湾・金谷〜富浦沖】

多点掛けでスルメイカ爆釣ラッシュを狙え!【東京湾・金谷〜富浦沖】

東京湾のスルメイカも、相模湾同様にムギイカをスルーして、いきなり中型サイズでスタートした。これはおそらくムギイカサイズがいなかったというわけではなく、ヤリイカがロングランで釣れていたこともあるのだろう。そのぶん、狙うのが遅くなったというわけだ。

perm_media 《画像ギャラリー》多点掛けでスルメイカ爆釣ラッシュを狙え!【東京湾・金谷〜富浦沖】の画像をチェック! navigate_next

多点掛けの期待値は高い! 10杯以上を目標にシャクリ続ける!

ポイントは久里浜〜金谷〜富浦沖周辺。スピーディな展開が多いので、いつでも投入できるようにしておこう。

腕がギシギシいうほどの重量感。めっちゃ重たいのに、口元が緩んじゃう! これがイカ釣り師のシアワセだ。

まずは最初の一杯!

これだよ、これ! 一回の投入で何杯乗せられるか。これがスルメイカ釣り最大の魅力だ。

中層で乗ることが多く、電動シャクリが威力を発揮する。

ダイワフィールドテスターの北本茂照さんも “ズッシリ”を楽しんだ。

とにかくスピーディーに。

上手な人の動きは見るだけでも勉強になる。

水深は80mほどが多かった。タナは50〜60mでよく乗った。

ブランコ仕掛けも数釣り可能だ。

「5杯掛けもありましたよ」。

ラッキョヅノにガス糸を巻いたスッテ。仕掛けに迷ったら、上半分をガス糸巻き、下半分をプラヅノにする“ハイブリッド”もおすすめ。

糸巻きと巻いてないハダカタイプも。これらを組み合わせて仕掛けを作りたい。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「一之瀬丸」。

スタートから1週間ほどのこの日は、久里浜沖から探索を始める。しかし、思うような群れが見つからずに大苦戦。しかし、後半富浦沖へ移動すると、いきなりの多点掛けラッシュに沸いた。まず最初に1杯乗せると、グイグイと竿を持つ手に力を込めて追い乗りを狙っていく。みんなの顔がだんだんヨロコビの顔に変わっていく。
「かなり重いよ! 結構ついたよ!」
そうやって6杯、7杯と取り込んでいく。取り込みでは水鉄砲を浴びて顔がぐしゃぐしゃになっても、むしろ気持ちいいぐらい。これぞ、夏のスルメイカ釣りだ。
東京湾のこの時期のスルメイカは、とにかく多点掛けの期待値が高い。最終的な釣果よりも 〝一発勝負〟。このため、ベテランはツノ数を15本前後使う。
水深が比較的浅いこともあって、展開はスピーディ。「一之瀬丸」の一之瀬竜也船長は狩猟的なカンを働かせ群れを追う。我先にと投入する。そしてみな一斉に巻き上げる。この一体感もこの釣りの大きな魅力だ。

以上の記事は「つり丸」2012年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル