MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
来たぞマルイカ最前期! テクニカルに釣れ!【佐島沖〜亀城根周辺】

来たぞマルイカ最前期! テクニカルに釣れ!【佐島沖〜亀城根周辺】

佐島沖は船数は多く、相模湾屈指の激戦区。よって、マルイカはスレているこをと前提に、スッテ選びやテクニックなど戦略を組み立てたい。とくに当たりスッテは1日のうちでも時間によってコロコロ変わる。言い換えれば、スレているからこそつい熱くなる!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ポイントは水深10~30mの浅場だからアタリもはっきり、竿先に出るアタリの数も多いぞ!

ポイントは港を出てすぐの佐島沖から、西方面へは葉山沖へと点々と続く。東側は亀城根までがメインだが、状況によっては三戸浜沖、城ヶ島西沖まで攻めることもある。

浅場のマルイカは元気いっぱい! 勢いよく海水と墨を吐くぞ!

活性の高い群れに当たればダブルやトリプルも。

浅場は乗るスッテと乗らないスッテの差が顕著に出る。周囲をよく見て当たりスッテを見つけよう!

浅場では6対4調子の軟調竿を使う人が多い。

今年はムギイカが少なめ。

トップの常連・椎名さんは54杯!

マルイカ初挑戦で18杯! アタリが出やすいから、入門にも最適だ。

ぜひ刺身で食べたいマルイカ。

上のスッテは当日のアタリスッテ。前半はピンクベース、後半はケイムラベースがよかった。

取材前日の釣果は1~5杯。打って変わって取材日はトップ54杯、二番手33杯!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・佐島港「つね丸」。

今年のマルイカは早い時期から好調に釣れていたから、もしかしたらもうみなさんはマルイカ釣りに飽きちゃっているんじゃないですか?
「マルイカ釣りの一番楽しい時期はこれからです!」と話すのは、佐島港「つね丸」永津洋一船長。ポイントは水深10~30mの浅場だからアタリもはっきり、竿先に出るアタリの数も多い。
「凄いアタるよ~! だけど全然乗せられない~」笑顔とともに、悲鳴に近い声が船上に響きわたった。このもどかしさ、イライラ感。まさにマルイカとの知恵比べ。そんな駆け引きが最高に面白いのだ。
「イカの反応は広範囲にいっぱいあります。本当のベストシーズンはこれからなので、さらにもうひと盛り上がりあると思いますよ!」
イカは雨模様のほうが釣果がいいことが多い。梅雨時はチャンスだぞ!

以上の記事は「つり丸」2012年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル