アカイカをひとつスッテで攻略!(タックル・仕掛け・釣り方の図解)

アカイカをひとつスッテで攻略!(タックル・仕掛け・釣り方の図解)

最高級のイカとされている伊豆諸島周辺のアカイカ。大型でしかも身厚。そして、なによりも甘く大変美味。もちろん、伊豆諸島のブランド高級食材として市場に出回っている。そんなアカイカが手軽に釣れるのが、まさにいまだ。


船下は小宇宙、さまざまな生き物たちが集結中! 広範囲を探る!

平日でも凪ぎがよければ、人気の夜アカイカ釣り。

ひとつスッテのタックルはライト。ゲーム性がかなり高いぞ。

サイズ大きいスッテに比例して大型のイカが乗る。

サビキ釣りでは、4点5点掛けが連発。

ポイントの水深は50〜80m。岩礁帯に群れるアカイカを狙う。

触りましたよ! ほらっ!!

島周りのアカイカをひとつスッテで初トライ。見事、本命をキャッチ!同時ヒットが頻繁にあった。

アングラーズリパブリックの沼田純一さんも初トライ!

ゲーム性の高さを体感できました。

大きさ申し分なし!

フォール中にイカが乗れば、意図的に追い乗りさせることもできる。

この日はイカのサイズが小さかったが、この一週間前は70㎝級のオスばかりだったという。

活性が高いとみるみるうちにイケスが隙間なく赤くなっていく。

ひとつスッテでこれだけ釣れば大満足!!

ひとつスッテゲームの基本タックルは、硬めのひとつテンヤロッドと小型スピニングリール、0.6号PEラインとフロロ3号リーダーの組み合わせだ。

ナマリスッテは12号がベース。重めのスッテも各種用意したい。カラーは、緑赤が定番だが、チャートもよく乗った。スッテのカンナは必ずダブルのもの使おう。

サビキ仕掛けは、オモリ100〜120号を使用。一番下に片テンビンを介しエサ巻き餌木をつけるのもよい。スッテは4号、夜光ボディーオンリーは避けたほうがよい。

「清貢丸」では、必ず出船前に船長のイカ釣り講習会が行われる。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・宇佐美港「清貢丸」。

基本仕掛けは、4号ウキスッテ6本のサビキ仕掛け。硬めの竿で広くタナを探るのがコツ。潮の流れさえよければ10杯も釣れば御の字のこの高級イカが、30、40杯は当たり前、一束近く釣れることもある。
さて、筒イカ攻略の最新LT釣法〝ひとつスッテ〟の関東エリアでの究極のターゲットは何? と問われれば、迷わずここの「アカイカ」と答えるだろう。その希望をかなえるべく、この釣法を初トライ。すると思惑どおり、アカイカの反応はバッチリだった。
今年は日ムラはあるものの、当たり年なので7月までは好シーズンが続くとの予想。この機会を逃さないように。

最先端のLT釣法「ひとつスッテ」。タックルはこうだっ!

使用するタックルは、ティップが硬めのひとつテンヤマダイロッドかティップラン用ロッド。これにPE0.6〜0.8号を収容した小型スピニングリールの組み合わせ。
リーダーは、イカのサイズに合わせて3〜4号と太めがよい。
使用するナマリスッテやジグは10〜20号。潮の流れを考慮して12号を基準にする。ジグは40g以上。
これに、先端から1〜1.2mほどのところにエダスをだし、好みのウキスッテを装着。とくに、特別な対策はない。
70㎝超えのジャンボアカイカを狙うなら、ウキスッテは4号、ナマリスッテも12号以上を使うとよいだろう。

アワセと取り込み。強く大きなアワセは必要なし!

アカイカが乗ると、「グングングン」と明確なアタリが出る。
アワセは大きく強くシャクリ上げるのではなく、じわっと竿を持ち上げて電動リールのスイッチオン。いわゆる「巻きアワセ」が有効だと船長は言う。
タナ周辺で低速で巻き上げていると、追い乗りが期待できる。意外と獰猛なので、水面で外れたりしても、すぐに仕掛けを降ろせば外れたイカが再び乗ってくることもよくあるという。
「イカを回収したらできるだけ早く再投入してください。乗ってるイカにイカが水面近くまで追いかけてくることがあるからです」
アカイカは他のイカ同様、乗っているときがチャンスタイム。その時合を効率よくトラブルなく釣る人がイカの数を伸ばすことができるのだ。詳しい釣り方は上のイラストを参考にして、ぜひ、激ウマアカイカの数釣り一度トライしてみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2012年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


爆釣モード突入の南伊豆のイサキ! 手返しよく釣ろう!(大黒屋)

爆釣モード突入の南伊豆のイサキ! 手返しよく釣ろう!(大黒屋)

最近、思うような釣果を出せずウップンを溜ためている人に超オススメ! 南伊豆のイサキ釣りが夏場の最盛期・産卵前の荒食いを迎え、ただ今、爆釣モード全開で釣れまくっているのだ!!


今後は大型パラソルに期待! 乗り乗りヤリイカシーズン到来(舵丸)

今後は大型パラソルに期待! 乗り乗りヤリイカシーズン到来(舵丸)

9月に開幕した駿河湾・石花海のヤリイカ。連日絶好調で、しかも非常においしいのが特徴だ。そんな石花海のヤリイカ釣りで使用する仕掛けは、プラヅノ11㎝のダブルカンナ仕様が定番。他のエリアと異なり、石花海でダブルカンナのツノを使うのは、イカのサイズが大きいことが最大の理由だ。


丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

東伊豆エリアのワラサは、9月中旬過ぎから初島沖で開幕。その数日後、川奈沖でも開幕した。10月前半の時点では初島沖でも川奈沖でも釣れている。まだ爆釣はしていないが、トップ2〜4本という日が目立つ。サイズは3㎏前後がアベレージで、イナワラサイズから4㎏オーバーの良型もまじっている。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読