沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

アカイカをひとつスッテで攻略!(タックル・仕掛け・釣り方の図解)

アカイカをひとつスッテで攻略!(タックル・仕掛け・釣り方の図解)

最高級のイカとされている伊豆諸島周辺のアカイカ。大型でしかも身厚。そして、なによりも甘く大変美味。もちろん、伊豆諸島のブランド高級食材として市場に出回っている。そんなアカイカが手軽に釣れるのが、まさにいまだ。


船下は小宇宙、さまざまな生き物たちが集結中! 広範囲を探る!

平日でも凪ぎがよければ、人気の夜アカイカ釣り。

ひとつスッテのタックルはライト。ゲーム性がかなり高いぞ。

サイズ大きいスッテに比例して大型のイカが乗る。

サビキ釣りでは、4点5点掛けが連発。

ポイントの水深は50〜80m。岩礁帯に群れるアカイカを狙う。

触りましたよ! ほらっ!!

島周りのアカイカをひとつスッテで初トライ。見事、本命をキャッチ!同時ヒットが頻繁にあった。

アングラーズリパブリックの沼田純一さんも初トライ!

ゲーム性の高さを体感できました。

大きさ申し分なし!

フォール中にイカが乗れば、意図的に追い乗りさせることもできる。

この日はイカのサイズが小さかったが、この一週間前は70㎝級のオスばかりだったという。

活性が高いとみるみるうちにイケスが隙間なく赤くなっていく。

ひとつスッテでこれだけ釣れば大満足!!

ひとつスッテゲームの基本タックルは、硬めのひとつテンヤロッドと小型スピニングリール、0.6号PEラインとフロロ3号リーダーの組み合わせだ。

ナマリスッテは12号がベース。重めのスッテも各種用意したい。カラーは、緑赤が定番だが、チャートもよく乗った。スッテのカンナは必ずダブルのもの使おう。

サビキ仕掛けは、オモリ100〜120号を使用。一番下に片テンビンを介しエサ巻き餌木をつけるのもよい。スッテは4号、夜光ボディーオンリーは避けたほうがよい。

「清貢丸」では、必ず出船前に船長のイカ釣り講習会が行われる。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・宇佐美港「清貢丸」。

基本仕掛けは、4号ウキスッテ6本のサビキ仕掛け。硬めの竿で広くタナを探るのがコツ。潮の流れさえよければ10杯も釣れば御の字のこの高級イカが、30、40杯は当たり前、一束近く釣れることもある。
さて、筒イカ攻略の最新LT釣法〝ひとつスッテ〟の関東エリアでの究極のターゲットは何? と問われれば、迷わずここの「アカイカ」と答えるだろう。その希望をかなえるべく、この釣法を初トライ。すると思惑どおり、アカイカの反応はバッチリだった。
今年は日ムラはあるものの、当たり年なので7月までは好シーズンが続くとの予想。この機会を逃さないように。

最先端のLT釣法「ひとつスッテ」。タックルはこうだっ!

使用するタックルは、ティップが硬めのひとつテンヤマダイロッドかティップラン用ロッド。これにPE0.6〜0.8号を収容した小型スピニングリールの組み合わせ。
リーダーは、イカのサイズに合わせて3〜4号と太めがよい。
使用するナマリスッテやジグは10〜20号。潮の流れを考慮して12号を基準にする。ジグは40g以上。
これに、先端から1〜1.2mほどのところにエダスをだし、好みのウキスッテを装着。とくに、特別な対策はない。
70㎝超えのジャンボアカイカを狙うなら、ウキスッテは4号、ナマリスッテも12号以上を使うとよいだろう。

アワセと取り込み。強く大きなアワセは必要なし!

アカイカが乗ると、「グングングン」と明確なアタリが出る。
アワセは大きく強くシャクリ上げるのではなく、じわっと竿を持ち上げて電動リールのスイッチオン。いわゆる「巻きアワセ」が有効だと船長は言う。
タナ周辺で低速で巻き上げていると、追い乗りが期待できる。意外と獰猛なので、水面で外れたりしても、すぐに仕掛けを降ろせば外れたイカが再び乗ってくることもよくあるという。
「イカを回収したらできるだけ早く再投入してください。乗ってるイカにイカが水面近くまで追いかけてくることがあるからです」
アカイカは他のイカ同様、乗っているときがチャンスタイム。その時合を効率よくトラブルなく釣る人がイカの数を伸ばすことができるのだ。詳しい釣り方は上のイラストを参考にして、ぜひ、激ウマアカイカの数釣り一度トライしてみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2012年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

大物狙いの春の乗っ込みに対して、秋は中型までの数釣りのイメージがあるマダイ。確かにどのエリアでもその傾向にあるが、ここ御前崎沖の秋は、数釣りの中に超豪華なゲストがまじって楽しめるので要チェックなのだ。


水深250mも簡単お手軽タックルで大型アカムツを釣る!(たか丸)

水深250mも簡単お手軽タックルで大型アカムツを釣る!(たか丸)

これから年末にかけては、うまい紅い魚が気になる季節だ。そんな魚の代表がアカムツ。激うまな身を一度でも味わってしまったら、あなたはこの魚のとりこだ。近年では大型アカムツが潜む水深200〜300mの深海を普段使い慣れたタックルで手軽に釣れるようになった。


絶好調! 沼津静浦沖の夜タチウオはこれからサイズアップ!(清時丸)

絶好調! 沼津静浦沖の夜タチウオはこれからサイズアップ!(清時丸)

沼津静浦沖の夜タチウオが絶好調だ。今回取材した静浦港「清時丸」のこのところの釣果では、トップが56本、68本、53本と続いている。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)

秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)

今期の銭洲は空前のカンパチラッシュでにぎわっているが、相手は魚、潮の流れ方や水温によって日ムラは否めないのも確かだ。しかし、この秘境にいけば、必ずといっていいほど、高級魚が釣れる。大物釣りの聖地を呼ばれる所以はここにある。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読