MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アカイカをひとつスッテで釣る!(タックル・仕掛け・釣り方の図解)

アカイカをひとつスッテで釣る!(タックル・仕掛け・釣り方の図解)

最高級のイカとされている伊豆諸島周辺のアカイカ。大型でしかも身厚。そして、なによりも甘く大変美味。もちろん、伊豆諸島のブランド高級食材として市場に出回っている。そんなアカイカが手軽に釣れるのが、まさにいまだ。

船下は小宇宙、さまざまな生き物たちが集結中! 広範囲を探る!

平日でも凪ぎがよければ、人気の夜アカイカ釣り。

ひとつスッテのタックルはライト。ゲーム性がかなり高いぞ。

サイズ大きいスッテに比例して大型のイカが乗る。

サビキ釣りでは、4点5点掛けが連発。

ポイントの水深は50〜80m。岩礁帯に群れるアカイカを狙う。

触りましたよ! ほらっ!!

島周りのアカイカをひとつスッテで初トライ。見事、本命をキャッチ!同時ヒットが頻繁にあった。

アングラーズリパブリックの沼田純一さんも初トライ!

ゲーム性の高さを体感できました。

大きさ申し分なし!

フォール中にイカが乗れば、意図的に追い乗りさせることもできる。

この日はイカのサイズが小さかったが、この一週間前は70㎝級のオスばかりだったという。

活性が高いとみるみるうちにイケスが隙間なく赤くなっていく。

ひとつスッテでこれだけ釣れば大満足!!

ひとつスッテゲームの基本タックルは、硬めのひとつテンヤロッドと小型スピニングリール、0.6号PEラインとフロロ3号リーダーの組み合わせだ。

ナマリスッテは12号がベース。重めのスッテも各種用意したい。カラーは、緑赤が定番だが、チャートもよく乗った。スッテのカンナは必ずダブルのもの使おう。

サビキ仕掛けは、オモリ100〜120号を使用。一番下に片テンビンを介しエサ巻き餌木をつけるのもよい。スッテは4号、夜光ボディーオンリーは避けたほうがよい。

「清貢丸」では、必ず出船前に船長のイカ釣り講習会が行われる。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・宇佐美港「清貢丸」。

基本仕掛けは、4号ウキスッテ6本のサビキ仕掛け。硬めの竿で広くタナを探るのがコツ。潮の流れさえよければ10杯も釣れば御の字のこの高級イカが、30、40杯は当たり前、一束近く釣れることもある。
さて、筒イカ攻略の最新LT釣法〝ひとつスッテ〟の関東エリアでの究極のターゲットは何? と問われれば、迷わずここの「アカイカ」と答えるだろう。その希望をかなえるべく、この釣法を初トライ。すると思惑どおり、アカイカの反応はバッチリだった。
今年は日ムラはあるものの、当たり年なので7月までは好シーズンが続くとの予想。この機会を逃さないように。

最先端のLT釣法「ひとつスッテ」。タックルはこうだっ!

使用するタックルは、ティップが硬めのひとつテンヤマダイロッドかティップラン用ロッド。これにPE0.6〜0.8号を収容した小型スピニングリールの組み合わせ。
リーダーは、イカのサイズに合わせて3〜4号と太めがよい。
使用するナマリスッテやジグは10〜20号。潮の流れを考慮して12号を基準にする。ジグは40g以上。
これに、先端から1〜1.2mほどのところにエダスをだし、好みのウキスッテを装着。とくに、特別な対策はない。
70㎝超えのジャンボアカイカを狙うなら、ウキスッテは4号、ナマリスッテも12号以上を使うとよいだろう。

アワセと取り込み。強く大きなアワセは必要なし!

アカイカが乗ると、「グングングン」と明確なアタリが出る。
アワセは大きく強くシャクリ上げるのではなく、じわっと竿を持ち上げて電動リールのスイッチオン。いわゆる「巻きアワセ」が有効だと船長は言う。
タナ周辺で低速で巻き上げていると、追い乗りが期待できる。意外と獰猛なので、水面で外れたりしても、すぐに仕掛けを降ろせば外れたイカが再び乗ってくることもよくあるという。
「イカを回収したらできるだけ早く再投入してください。乗ってるイカにイカが水面近くまで追いかけてくることがあるからです」
アカイカは他のイカ同様、乗っているときがチャンスタイム。その時合を効率よくトラブルなく釣る人がイカの数を伸ばすことができるのだ。詳しい釣り方は上のイラストを参考にして、ぜひ、激ウマアカイカの数釣り一度トライしてみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2012年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。
更新: 2019-02-18 12:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読