MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣りやすくなっている東京湾の良型美味アジを釣ろう!【東京湾】

釣りやすくなっている東京湾の良型美味アジを釣ろう!【東京湾】

東京湾のアジは良型が絶好調。鴨居沖や観音崎沖、海堡周りの浅場で25㎝級が次々に食ってくる。どれも幅広のいいアジだ。

perm_media 《画像ギャラリー》釣りやすくなっている東京湾の良型美味アジを釣ろう!【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

浅くても潮が速いので130号のビシを使ってポイントを攻めよう!

当日は鴨居沖と観音崎沖を狙った。

この瞬間がたまりません!

30㎝を超える良型。

食いが立つと一荷もある!

取材者も手堅くゲット。

良型は嬉しい!

幅が広く美味しそうなアジだ!

当日は観音崎沖でサバがよくまじった。

カサゴもヒット。

潮が速いと引きが強く感じられる!

仕掛けはハリスは2号。ハリ数は2〜3本。

コマセはイワシミンチ。付けエサはアカタン。

今回、取材にご協力いただいたのは、鴨居大室・「福よし丸」。

鴨居大室港の「福よし丸」では、時期により他の魚とリレー出船もあるが、4月後半現在はアジ専門に狙っている。
穏やかな福本善行船長によれば、「最初は鴨居沖をやりますが、魚が観音崎沖の水深20mの浅場にやって来ました。浅くても潮が速いので130号のビシが無難です。仕掛けはサバがいなければ4〜5組でいいけど、オマツリする時は10組くらいほしい。6月中旬になったら、11時半くらいまでタチウオを釣り、その後、アジに行きます」という。
釣り方は基本どおり。コマセのイワシミンチはビシに8分目まで詰め、底から2m上げてコマセを振り、もう1m上げればよい。
取材当日は、朝イチに鴨居沖の36〜40mダチを狙った。クロダイもここでまじることがある。続いて観音崎沖の浅場でサバまじりの入れ食いに遭遇。その後、鴨居沖に戻っても沖揚がりまでアタリは続いた。
脂の乗ったアジは刺身、フライでいくらでも食べられるが、小型は酢締めや南蛮漬けも良い。このアジ、是非釣りましょう!

以上の記事は「つり丸」2018年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル