MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙うはドラゴン級だ! 初夏のタチウオジギング【駿河湾・由比沖】

狙うはドラゴン級だ! 初夏のタチウオジギング【駿河湾・由比沖】

ドラゴンとは大型タチウオのこと。誰が言い始めたのか? またどのくらいのサイズをそう呼ぶのかの定義は定かではないが、タチウオ好きがよく口にする憧れのビッグワンだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

大海原を縦横無尽に泳ぎまわるタチウオの引きを楽しもう!!

反応を探して群れの上で釣るので入れ食い必至。手返しよくテンポよく釣ろう!

まずは一本ゲット!

思わず笑みがこぼれました。

ドラゴンのヒットパターンがあるという。

タチウオの大群は魚探に映る。狙い撃ちするのでフォールでヒットすることが多い。

船内は広々快適。

少しこぶりだけど嬉しい。

貴重な1本!

アベレージサイズ。

ドラゴンに比べれば、指5本サイズは小さく見えるが、貴重な1本だ。

刀のようにヒカリ輝くタチウオ。

この細いタチウオでも酢で締めて食べると美味しいぞ。

ベイトタックルが使いやすいメインラインはPE0.8号〜2号、リーダーはフロロカーボン製の8〜10号を1〜2ヒロ(1.5〜3m)程度、先端に20〜30号のフロロカーボンラインを20〜30cm結節する。

使用するジグのウエイトは80〜120gまでそろえておく。最大で水深100m程度まで探ることもあるので、重めのジグも用意。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「神栄丸」。

駿河湾、由比港出船のデイゲームタチウオが好調だ。
「数は例年並みといったところですが、今年は1kgオーバーのドラゴンが出る確率が高いです。ぜひ、挑戦してください」
と話す、由比港「神栄丸」の石原佑紀船長だ。
今季、「神栄丸」では5月の連休明けからタチウオ狙いを開始した。5月下旬から始めることが多いというから、少し早めスタートだ。
6月初旬現在、トップで30〜70本前後を記録する日が多い。型は? といえば、もっとも多いのは指2〜3本クラス、というのが現実。しかし、これに指4〜5本クラスがまじり、さらには指7〜8本!のドラゴンクラスが飛び出す、という状況だ。
小型が多いものの、ドンッと大型が顔を出す可能性が常にあるのは、やり甲斐があろうというもの。
実際に取材日も東京湾をまたいで千葉県から出向いてきたアングラーもいた。「ドラゴンを釣りたくて」とのことだった。それだけ一発大物の魅力は大きいということだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル