MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
わずか数投で2㎏級の大型アオリイカをキャッチ!【宇佐美南沖】

わずか数投で2㎏級の大型アオリイカをキャッチ!【宇佐美南沖】

今回のターゲットは、アカイカと関東圏で呼ばれる大型のケンサキイカ。沖釣り師の間では、マルイカと言った方がなじみが深いと思う。 このアカイカは伊豆七島周辺で釣れ、とてもおいしいイカと言われており、熱烈なファンも多い。

遠征夜アカイカにひとつスッテ初投入! そして、アカイカの刺身を食す。これは感動ものだ、最高に美味い!

集合時間の30分前、隣の港の防波堤からのキャスティングで2kgのアオリイカをキャッチ。タイミングがあえば、イージーに釣れるという。

明るいうちからアカイカがスッテに好反応。

「EZウルトラ」に乗ったよ。ちょっと小ぶりだけど。

船のミヨシはスッテゲームアングラーの特等席。

「EZスリムメタル40g」で60cmアカイカキャッチ!! この日、笛木はなんとひとつスッテで竿頭。ひとつスッテの威力を証明した。

スルメイカゲット。

スッテもローテーションしましょう。

「EZスリム」もアカイカはお好き!!

お土産いっぱい!

終わってみれば竿頭。美味しく食べるために傘袋に入れて持ち帰った。

笛木展雄が証明したように「EZスリムメタル40g」、「EZスリム」と「EZウルトラ」の組み合わせで臨めば、最高峰のアカイカ攻略もバッチリだ。

「EZスリムメタル」のカラーローテーションがこれからの課題になる。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・宇佐美港「清貢丸」。

ここ最近、ヤリイカやスルメイカなどツツイカ類をひとつスッテ釣法で攻略していたが、この釣法でのターゲットとしては最高峰だ。
ポイントの水深はおよそ70m程。夕まづめ頃から実釣開始となった。
水中の光量が明るい時間帯には、ボトムから5m以内のタナがヒットレンジであったが、日が暮れて水中の光量が落ちると、船上で点灯した集魚灯の効果で、ボトムから20〜30mの間がヒットレンジとなり、潮流の効き具合などによってもヒットレンジが刻々と変わっていった。
今回もブランコや直結、エサ巻き餌木、100〜120号程のオモリを使用したノーマルタックルの釣り人と同船となったが、潮向きもよく極細PEラインを使用するこのLT釣法でもオマツリはなかった。
現場到着直後、真っ先にヒットとなり本命をキャッチしたのは、このひとつスッテ釣法。
当日は、やや反応が悪く群れが薄いようでヒットは散発的。時折ノーマルタックルでヒットする本命のスッテの位置などを参考にヒットレンジを探り、当日竿頭の快挙を達成した。
ヤリイカやムギイカは、巻き落としやシャクリ、落とし込みなどが基本のテクニックである。
アカイカの誘いのテクニックは、攻撃的で獰猛なスルメイカなどに比べるとやや繊細!? と考えていたが、ヒットするイカのアベレージサイズが大きいこともあり、回遊してくるタナをきちんと誘えばかなり明確なアタリでひとつスッテにアタックしてきた。竿先や手元に明確なアタリが来ることが多くゲーム性が高いことが分かった。
デュエルから発売されている「EZスリムメタル」のカラーバリエーションは多彩で、一時特定の色に連続ヒットとなり、かなり楽しめた。今後カラーローテーションなどのパターン研究が課題になるだろう。
出船直前で、陸っぱりのエギングでアオリイカを狙った。すると、わずか数投で2㎏級の大型アオリイカをキャッチ。翌日新鮮な刺身を食べ比べたが、アカイカの食味は最高だった。
宇佐美南沖のアカイカは、まだ日ムラがあるもののこれからが最盛期。ぜひ、ひとつスッテで挑戦して頂きたい。

以上の記事は「つり丸」2012年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇!マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果。いよいよ本番か!?という雰囲気が漂い出している。
更新: 2019-05-23 12:00:00
富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。
更新: 2019-05-21 12:00:00
サバなんて!そんな偏見もいまは昔。手頃な乗船料金、穏やかな湾内の近場を中心に短時間出船で楽しめて、家族やカップルから熱い支持を受けている。またサバを中心としたエモノの2枚おろしサービスまで受けられる。
更新: 2019-05-20 07:00:00
最新記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読