MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
わずか数投で2㎏級の大型アオリイカをキャッチ!【宇佐美南沖】

わずか数投で2㎏級の大型アオリイカをキャッチ!【宇佐美南沖】

今回のターゲットは、アカイカと関東圏で呼ばれる大型のケンサキイカ。沖釣り師の間では、マルイカと言った方がなじみが深いと思う。 このアカイカは伊豆七島周辺で釣れ、とてもおいしいイカと言われており、熱烈なファンも多い。

遠征夜アカイカにひとつスッテ初投入! そして、アカイカの刺身を食す。これは感動ものだ、最高に美味い!

集合時間の30分前、隣の港の防波堤からのキャスティングで2kgのアオリイカをキャッチ。タイミングがあえば、イージーに釣れるという。

明るいうちからアカイカがスッテに好反応。

「EZウルトラ」に乗ったよ。ちょっと小ぶりだけど。

船のミヨシはスッテゲームアングラーの特等席。

「EZスリムメタル40g」で60cmアカイカキャッチ!! この日、笛木はなんとひとつスッテで竿頭。ひとつスッテの威力を証明した。

スルメイカゲット。

スッテもローテーションしましょう。

「EZスリム」もアカイカはお好き!!

お土産いっぱい!

終わってみれば竿頭。美味しく食べるために傘袋に入れて持ち帰った。

笛木展雄が証明したように「EZスリムメタル40g」、「EZスリム」と「EZウルトラ」の組み合わせで臨めば、最高峰のアカイカ攻略もバッチリだ。

「EZスリムメタル」のカラーローテーションがこれからの課題になる。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・宇佐美港「清貢丸」。

ここ最近、ヤリイカやスルメイカなどツツイカ類をひとつスッテ釣法で攻略していたが、この釣法でのターゲットとしては最高峰だ。
ポイントの水深はおよそ70m程。夕まづめ頃から実釣開始となった。
水中の光量が明るい時間帯には、ボトムから5m以内のタナがヒットレンジであったが、日が暮れて水中の光量が落ちると、船上で点灯した集魚灯の効果で、ボトムから20〜30mの間がヒットレンジとなり、潮流の効き具合などによってもヒットレンジが刻々と変わっていった。
今回もブランコや直結、エサ巻き餌木、100〜120号程のオモリを使用したノーマルタックルの釣り人と同船となったが、潮向きもよく極細PEラインを使用するこのLT釣法でもオマツリはなかった。
現場到着直後、真っ先にヒットとなり本命をキャッチしたのは、このひとつスッテ釣法。
当日は、やや反応が悪く群れが薄いようでヒットは散発的。時折ノーマルタックルでヒットする本命のスッテの位置などを参考にヒットレンジを探り、当日竿頭の快挙を達成した。
ヤリイカやムギイカは、巻き落としやシャクリ、落とし込みなどが基本のテクニックである。
アカイカの誘いのテクニックは、攻撃的で獰猛なスルメイカなどに比べるとやや繊細!? と考えていたが、ヒットするイカのアベレージサイズが大きいこともあり、回遊してくるタナをきちんと誘えばかなり明確なアタリでひとつスッテにアタックしてきた。竿先や手元に明確なアタリが来ることが多くゲーム性が高いことが分かった。
デュエルから発売されている「EZスリムメタル」のカラーバリエーションは多彩で、一時特定の色に連続ヒットとなり、かなり楽しめた。今後カラーローテーションなどのパターン研究が課題になるだろう。
出船直前で、陸っぱりのエギングでアオリイカを狙った。すると、わずか数投で2㎏級の大型アオリイカをキャッチ。翌日新鮮な刺身を食べ比べたが、アカイカの食味は最高だった。
宇佐美南沖のアカイカは、まだ日ムラがあるもののこれからが最盛期。ぜひ、ひとつスッテで挑戦して頂きたい。

以上の記事は「つり丸」2012年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読