MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
中毒性激高! 中毒者続出! ハマるマゴチのルアーゲーム【東京湾】

中毒性激高! 中毒者続出! ハマるマゴチのルアーゲーム【東京湾】

いま、東京湾では非常に熱いゲームが密かに盛り上がっている。“マゴチ”のルアーゲームだ。この釣りが東京湾で本格的にスタートしてからはまだ浅く、そのため専用タックルやルアーは極一部。そして楽しませてくれる船自体もまだ少ないとあって、話題に出ることもあまりない。だが、やってみるとこれが本当に楽しい!

アタってからアワせるまでの ”間” が最高に気持ちイイーー!!

マゴチはネットに入るまで油断できない。

渋い状況の中での取材となってしまったが、この日の最大魚を釣り上げたのは、家田船長の奥様、瞳さん。「この釣り、本当におもしろいんですよ! なんでカメラマンさんはこんなにもおもしろい釣りを見ているだけで平気なんですか? 私はそんなの絶対に無理!」。やれば間違いなくハマる釣りだそうだ。

二匹目ゲット!思わずにっこり。

小型のマゴチはリリース。マゴチだけでなく、このようなアクションが多くの釣り人に広がれば、日本の釣りの未来は明るいはずだ。

タモまであと少しだ!

アベレージサイズだ!

小型はすべてリリースしたそうだ。

まさに何度釣っても嬉しい中毒性のあるサイズ感!

こちらもビックサイズ!

大きさ申し分なし。絶好調だ!

タックルはスピニングを中心に、ベイトも。

こんなリアルなハゼ型ワームも。なんと胸鰭までついている。もちろん実績多数!

「マゴチはカラーを選びます」と若林さん。アタリがなければどんどんカラーチェンジして、ヒットカラーを見つけていく。

ジグヘッドは20〜30gを使用。

使用するルアーはジグヘッド&ワーム。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズ FC」。

「この釣りは、とにかくゲーム性が高いのが魅力です。ルアーはワーム&ジグヘッドを使うのですが、マゴチはワームの色を選ぶようで、それによってアタリの数も大きく異なりますし、釣り方によっても変化します。何より、アタリがあってからアワせるまでの“間”が最高にエキサイティング。アングラーがアワせて掛けていく釣りなので、釣った感が強いんです」と話す、この釣りにドップリとハマってしまっている、ルアーメーカー「プロセレ」のルアーデザイナー・若林勉さん。
「東京湾のマゴチのルアーゲームは、これから発展していく釣り。非常に中毒性が高いので、ぜひお待ちしています!(笑)」とは、若林さんと共にこのゲームを研究する、横浜新山下「アイランドクルーズFC」家田成大船長。このマゴチのルアーゲーム、釣り好きの人は本当に要注意。覚悟してチャレンジを!! マジで“沼”です!

ボトムを意識したリール2回転&ストップで釣ろう!

「アイランドクルーズFC」では、船はドテラで流していくが、より広範囲を探るために、ルアーはキャストする。
マゴチは海底にいるので、まずはボトムをしっかりと取ることが重要となる。
「ボトムズル引きがいいときもあるのですが、上からルアーを落として魅せてやることも必要です」と若林さん。
そこで若林さんは、ロッドを斜め上に立てたままリールを2回転させてストップし、再びボトムを取る、という誘いを繰り返す。
「ここで重要なのは、リズムです。同じリズムで繰り返していると、ヒットして来ることが多いです」という。
家田成大船長も、
「このリズムと、ジグヘッドの重さ、そしてボトムタッチまでの間のバランスがピッタリと合ったときにヒットして来ることが多いです。この感覚は、状況が日々異なるので、実際に釣りをしてみて覚えるしかありません」という。
スペースの都合で非常に駆け足な紹介となってしまったが、この釣りはとにかくおもしろいので、ぜひチャレンジしてみていただきたい。必ずハマること間違いなしだ!

以上の記事は「つり丸」2018年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。
東京湾のタチウオゲームがトップシーズンを迎えている。しかも、この時期のタチウオは良・大型揃い! みな指3.5~5本オーバーのメーター前後で、指2~2.5本という小型は1本たりともまじらなかった。
「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。
“タルイカ”。北陸で呼ばれている名だが、東日本では聞きなれない名前のイカだろう。標準和名はソデイカ。このイカが昨年、一昨年の秋から冬に、山陰から北陸にかけて大発生。大きくなると20㎏を超えるという。
爆発的人気! とは言えないが、年を追うごとに着実にファンを増やしているのが、南伊豆出船で狙う新島沖のキンメダイゲームだ。新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏!
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読