MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
中毒性激高! 中毒者続出! ハマるマゴチのルアーゲーム【東京湾】

中毒性激高! 中毒者続出! ハマるマゴチのルアーゲーム【東京湾】

いま、東京湾では非常に熱いゲームが密かに盛り上がっている。“マゴチ”のルアーゲームだ。この釣りが東京湾で本格的にスタートしてからはまだ浅く、そのため専用タックルやルアーは極一部。そして楽しませてくれる船自体もまだ少ないとあって、話題に出ることもあまりない。だが、やってみるとこれが本当に楽しい!

perm_media 《画像ギャラリー》中毒性激高! 中毒者続出! ハマるマゴチのルアーゲーム【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

アタってからアワせるまでの ”間” が最高に気持ちイイーー!!

マゴチはネットに入るまで油断できない。

渋い状況の中での取材となってしまったが、この日の最大魚を釣り上げたのは、家田船長の奥様、瞳さん。「この釣り、本当におもしろいんですよ! なんでカメラマンさんはこんなにもおもしろい釣りを見ているだけで平気なんですか? 私はそんなの絶対に無理!」。やれば間違いなくハマる釣りだそうだ。

二匹目ゲット!思わずにっこり。

小型のマゴチはリリース。マゴチだけでなく、このようなアクションが多くの釣り人に広がれば、日本の釣りの未来は明るいはずだ。

タモまであと少しだ!

アベレージサイズだ!

小型はすべてリリースしたそうだ。

まさに何度釣っても嬉しい中毒性のあるサイズ感!

こちらもビックサイズ!

大きさ申し分なし。絶好調だ!

タックルはスピニングを中心に、ベイトも。

こんなリアルなハゼ型ワームも。なんと胸鰭までついている。もちろん実績多数!

「マゴチはカラーを選びます」と若林さん。アタリがなければどんどんカラーチェンジして、ヒットカラーを見つけていく。

ジグヘッドは20〜30gを使用。

使用するルアーはジグヘッド&ワーム。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズ FC」。

「この釣りは、とにかくゲーム性が高いのが魅力です。ルアーはワーム&ジグヘッドを使うのですが、マゴチはワームの色を選ぶようで、それによってアタリの数も大きく異なりますし、釣り方によっても変化します。何より、アタリがあってからアワせるまでの“間”が最高にエキサイティング。アングラーがアワせて掛けていく釣りなので、釣った感が強いんです」と話す、この釣りにドップリとハマってしまっている、ルアーメーカー「プロセレ」のルアーデザイナー・若林勉さん。
「東京湾のマゴチのルアーゲームは、これから発展していく釣り。非常に中毒性が高いので、ぜひお待ちしています!(笑)」とは、若林さんと共にこのゲームを研究する、横浜新山下「アイランドクルーズFC」家田成大船長。このマゴチのルアーゲーム、釣り好きの人は本当に要注意。覚悟してチャレンジを!! マジで“沼”です!

ボトムを意識したリール2回転&ストップで釣ろう!

「アイランドクルーズFC」では、船はドテラで流していくが、より広範囲を探るために、ルアーはキャストする。
マゴチは海底にいるので、まずはボトムをしっかりと取ることが重要となる。
「ボトムズル引きがいいときもあるのですが、上からルアーを落として魅せてやることも必要です」と若林さん。
そこで若林さんは、ロッドを斜め上に立てたままリールを2回転させてストップし、再びボトムを取る、という誘いを繰り返す。
「ここで重要なのは、リズムです。同じリズムで繰り返していると、ヒットして来ることが多いです」という。
家田成大船長も、
「このリズムと、ジグヘッドの重さ、そしてボトムタッチまでの間のバランスがピッタリと合ったときにヒットして来ることが多いです。この感覚は、状況が日々異なるので、実際に釣りをしてみて覚えるしかありません」という。
スペースの都合で非常に駆け足な紹介となってしまったが、この釣りはとにかくおもしろいので、ぜひチャレンジしてみていただきたい。必ずハマること間違いなしだ!

以上の記事は「つり丸」2018年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル