中毒性激高! 中毒者続出! ハマるマゴチのルアーゲーム【東京湾】

中毒性激高! 中毒者続出! ハマるマゴチのルアーゲーム【東京湾】

いま、東京湾では非常に熱いゲームが密かに盛り上がっている。“マゴチ”のルアーゲームだ。この釣りが東京湾で本格的にスタートしてからはまだ浅く、そのため専用タックルやルアーは極一部。そして楽しませてくれる船自体もまだ少ないとあって、話題に出ることもあまりない。だが、やってみるとこれが本当に楽しい!


アタってからアワせるまでの ”間” が最高に気持ちイイーー!!

マゴチはネットに入るまで油断できない。

渋い状況の中での取材となってしまったが、この日の最大魚を釣り上げたのは、家田船長の奥様、瞳さん。「この釣り、本当におもしろいんですよ! なんでカメラマンさんはこんなにもおもしろい釣りを見ているだけで平気なんですか? 私はそんなの絶対に無理!」。やれば間違いなくハマる釣りだそうだ。

二匹目ゲット!思わずにっこり。

小型のマゴチはリリース。マゴチだけでなく、このようなアクションが多くの釣り人に広がれば、日本の釣りの未来は明るいはずだ。

タモまであと少しだ!

アベレージサイズだ!

小型はすべてリリースしたそうだ。

まさに何度釣っても嬉しい中毒性のあるサイズ感!

こちらもビックサイズ!

大きさ申し分なし。絶好調だ!

タックルはスピニングを中心に、ベイトも。

こんなリアルなハゼ型ワームも。なんと胸鰭までついている。もちろん実績多数!

「マゴチはカラーを選びます」と若林さん。アタリがなければどんどんカラーチェンジして、ヒットカラーを見つけていく。

ジグヘッドは20〜30gを使用。

使用するルアーはジグヘッド&ワーム。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズ FC」。

「この釣りは、とにかくゲーム性が高いのが魅力です。ルアーはワーム&ジグヘッドを使うのですが、マゴチはワームの色を選ぶようで、それによってアタリの数も大きく異なりますし、釣り方によっても変化します。何より、アタリがあってからアワせるまでの“間”が最高にエキサイティング。アングラーがアワせて掛けていく釣りなので、釣った感が強いんです」と話す、この釣りにドップリとハマってしまっている、ルアーメーカー「プロセレ」のルアーデザイナー・若林勉さん。
「東京湾のマゴチのルアーゲームは、これから発展していく釣り。非常に中毒性が高いので、ぜひお待ちしています!(笑)」とは、若林さんと共にこのゲームを研究する、横浜新山下「アイランドクルーズFC」家田成大船長。このマゴチのルアーゲーム、釣り好きの人は本当に要注意。覚悟してチャレンジを!! マジで“沼”です!

ボトムを意識したリール2回転&ストップで釣ろう!

「アイランドクルーズFC」では、船はドテラで流していくが、より広範囲を探るために、ルアーはキャストする。
マゴチは海底にいるので、まずはボトムをしっかりと取ることが重要となる。
「ボトムズル引きがいいときもあるのですが、上からルアーを落として魅せてやることも必要です」と若林さん。
そこで若林さんは、ロッドを斜め上に立てたままリールを2回転させてストップし、再びボトムを取る、という誘いを繰り返す。
「ここで重要なのは、リズムです。同じリズムで繰り返していると、ヒットして来ることが多いです」という。
家田成大船長も、
「このリズムと、ジグヘッドの重さ、そしてボトムタッチまでの間のバランスがピッタリと合ったときにヒットして来ることが多いです。この感覚は、状況が日々異なるので、実際に釣りをしてみて覚えるしかありません」という。
スペースの都合で非常に駆け足な紹介となってしまったが、この釣りはとにかくおもしろいので、ぜひチャレンジしてみていただきたい。必ずハマること間違いなしだ!

以上の記事は「つり丸」2018年5月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

ブランド魚のひとつとして名高い走水沖のアジが堅調だ。走水港「政信丸」では、取材日は強風と高波で序盤は苦戦したが、トップ43匹。その前日は64匹。また、サイズは20〜40㎝、アベレージで25㎝と申し分なしだ。さらにうれしいことに、背が黄金色に輝くいわゆる「金アジ」が3割程度まじった。


初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

今シーズンも東京湾のカサゴは、連日好調が続いている。今回、取材した金沢八景「新健丸」は、夏場はカサゴにターゲットを絞ったこだわりの船宿だ。


トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

脂が乗っていて美味しいと話題の横浜沖周辺のアジ! 平日なのに10隻以上のアジ船が集まっている人気ポイント。その美味しいアジを狙って、4月23日に川崎「つり幸」さんの午前LTアジに乗ってきた。


最新の投稿


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

ブランド魚のひとつとして名高い走水沖のアジが堅調だ。走水港「政信丸」では、取材日は強風と高波で序盤は苦戦したが、トップ43匹。その前日は64匹。また、サイズは20〜40㎝、アベレージで25㎝と申し分なしだ。さらにうれしいことに、背が黄金色に輝くいわゆる「金アジ」が3割程度まじった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読