MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
カサゴ釣りって、こんなに面白かったっけ?【東京湾・富岡〜八景沖】

カサゴ釣りって、こんなに面白かったっけ?【東京湾・富岡〜八景沖】

水温が上昇して一気に上向いた東京湾のカサゴ。「年に何回かはカサゴ釣りに行くけれど、金沢八景からの出船は久しぶりだな」とつぶやく永井。6月1日、永井が訪れたのは金沢八景「新健丸」。夏場はカサゴ、それ以外のシーズンはイシモチに出船するコダワリの宿だ。

perm_media 《画像ギャラリー》カサゴ釣りって、こんなに面白かったっけ?【東京湾・富岡〜八景沖】の画像をチェック! navigate_next

アタリは多いが、意外とハリ掛かりさせるのが少し難しいカサゴ

当日は富岡沖と八景沖をメインに攻めた。水深は深くても10m台と釣りやすい。

アタっているぞ〜!早アワセはダメダメ。

良型一荷だ〜!

永井名人は、この日一荷を3回達成した!

当日は絶好調の食い。あちこちで良型&大型が連発し、一荷が何回もあった!

29cmのカサゴゲットだぜ!

ダブルでゲット。嬉しいな!

こんなに釣れるとやみつきになっちゃうよ。

今夜は煮付けにしてみようかな。

刺身にしても美味しい。

これは珍客のシリヤケイカ。

メバルは定番ゲスト。

永井名人にとっては久しぶりのカサゴ釣り。アタリは多いが、意外とハリ掛かりさせるのが難しく、夢中になって無言で釣っていた!

「これ、よくアタるよ!」と永井名人は赤く染めたサバの切り身を多用していた!

仕掛けにもこだわって、チモトにケイムラのパイプを装着。

「新健丸」で用意されたこだわりのエサ。右は「ジンタ」と呼ばれる小型アジ。左は赤色に染めたサバの切り身で、澄み潮時に有効だという。

エサ付けは写真のとおり!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「新健丸」。

朝、受付所で永井の目に止まったのが「新健丸」の仕掛け。ハリのチモトにケイムラのパイプが付けられている。さっそく、それを入手して準備にとりかかると、新明秀幸船長がやってきた。「今日はですね、これをエサに使いますよ。やっと手に入れることができました」と見せてくれたのが、「ジンタ」と呼ばれる小型のアジ。これが東京湾のカサゴには効くのだ。
さらに「はい、これも使ってください!」と手渡されたのが赤色に染めたサバの切り身。「澄み潮時には、これが効果的な感じなんですけれどね」と新明船長。
こんなコダワリを見せられたら、じっとしていられない永井名人。ワクワクしながら出船となった。
最初のポイントは富岡沖。水深は10m未満。開始からポツポツとアタリはじめると、あちこちでバタバタとアタリだした。良型が多く、一荷で上がることも。
しかし、アタリは多いが、意外とハリ掛かりさせるのが難しいカサゴ。永井名人は口数が少なくなってしまうほど夢中になってしまった。
「いや〜、今日はよく釣れたね。カサゴ釣りって、こんなにおもしろかったっけ? もう夢中になっちゃったよ」と大満足の永井名人だった。

以上の記事は「つり丸」2012年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル