腹パン良型イサキがなんぼでも釣れる!【南伊豆・下田須崎〜横根沖】

腹パン良型イサキがなんぼでも釣れる!【南伊豆・下田須崎〜横根沖】

南伊豆・下田エリアは、関東エリア随一の魚影を誇るといっていいほど超優良ポイントだ。ほぼ一年中楽しめ、サイズも30㎝以上メインに、トップ70〜80匹という高水準の釣果が並ぶ。


大型クーラーBOXを持参して、南伊豆の海の恵みを体感しよう!

軟調竿でイサキ独特の引き味を堪能できる。

ひょいっとイサキゲットだぜ!

この日は単発が多かったが、それでも投入のたびに食い続いた。

体高があり丸々と太ったプロポーションのイサキがココのウリだ。味も抜群だ。

少し待つと追加のアタリがやってきてダブルも。

食いがいいときはほとんどダブルだという。

乗っ込みは一段落したが、突然マダイが食ってくることもある。マダイを視野に入れた仕掛けを使う人が多い。

ハリは2、3本バリ。付けエサもオキアミだ。

マダイ釣り同様のオキアミコマセの釣り。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田須崎港「大黒屋」。

伊豆半島、南伊豆エリアは当代きっての一大イサキフィールドである。まず挙げられるのが魚影の濃さで、「のんびりやってもクーラーがいっぱいになることが多い」と言う。そのクーラーもみな30リットル以上が当たり前なのだから、ちょっとやそっとの「クーラーいっぱい」ではないのである。そして潮通しがいいポイントが多いことから味もよく、当日乗船した常連さんは、「味がいいから今はここしか来ないよ」と、ここのイサキにすっかり心酔している様子。
そして、オキアミコマセの釣りのため、ゲストにマダイがくるチャンスが多いのも、人気のポイントだ。乗っ込みは一段落したものの、3㎏、4㎏といった良型もたびたび出ていて、数釣りの中にも期待感を持たせてくれるのだ。
ポイントは、港を出てスグの須崎沖、横根沖、白浜沖と無数にあり、いずれも魚影が濃い。常連さんの中には、一番近場の須崎沖が好きな人が多く、「ここが一番型がいい」んだそう。
釣れるイサキは30㎝前後主体ながら、いずれも丸々と太ってプロポーション抜群。抱卵も始まり、いよいよ絶好機を迎える。

どちらかと言えば、焦って釣るよりのんびり待ちの釣り

釣り方の基本は船長の指示ダナで待つ釣り。まず指示ダナが「30m」だった場合は、ビシを35mまで沈め、コマセを2、3回まきながらタナの30mまで上げてくる。ここから自然にポロポロとこぼれるコマセでイサキを誘うのにまかせ、静かに待つ。食いがいいときはタナセットする前に食ってくるが、食いが悪いときほど待ち時間を長くしてやる。
反応が出ていても食わないようなときは、指示ダナの前後1〜2mを探ってやるのもいいだろう。また、船長から「いい反応が出てるよ」などとアナウンスがあったら、竿を軽く持ち上げて誘ってみよう。
潮が速いときなどは潮回りして投入が1回しかできないときもあるので、船長の合図に備えて確実に投入できるようにしておこう。
1匹掛かったら、確実に追い食いを狙ってみよう。1匹掛かったら、そのまま待ってみるか、1〜2m巻き上げて待ってみよう。ある程度待って食わないようなら巻き上げよう。当日の食いがいいかどうかを見極めるのに、この追い食いのスピードが参考になる。
追い食いを待ちすぎるとハリ穴が広がってバラシにつながるが、前述のようにハリが小さいと特にバレやすくなるので注意しよう。取材当日も、外れるシーンが目立っていた。
また、イサキ場でもマダイが食ってくる。このため、ドラグ調整を毎回しておこう。最初に突っ込むようなアタリの場合はマダイの可能性が高い。そんなときは慎重にやり取りしよう。

以上の記事は「つり丸」2014年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


型と味には自信あり! 狙いは1kgオーバーのジャンボイサキ(村正丸)

型と味には自信あり! 狙いは1kgオーバーのジャンボイサキ(村正丸)

川奈沖のイサキは型と味の良さがウリだ! 半日船、それも大抵マダイとのリレーで出船ということもあって「数ではトップ20〜30匹と他地区と比較して見劣りするかもしれないけど、型と味の良さでは絶対負けませんよ」とは伊東港「村正丸」の村上大輔船長。


マダイとイサキの両狙いがこの時期の人気メニューだ!(兵助屋)

マダイとイサキの両狙いがこの時期の人気メニューだ!(兵助屋)

今年の南伊豆海域におけるマダイの乗っ込みは、例年になく遅れて本格化。そのぶん長引いており、6月に入っても乗っ込みの個体が釣れている。そしてイサキもおもしろい時期。本格シーズンに突入しており、専門に狙う船は連日好釣果を記録している。


盛況続く夜のムギイカ、400杯以上も釣れる時もある⁉︎(福将丸)

盛況続く夜のムギイカ、400杯以上も釣れる時もある⁉︎(福将丸)

風光明媚な西伊豆で夜ムギイカ釣りが盛況だ。西伊豆戸田港の「福将丸」では春から夕方、深夜の2便体制で乗合いを開始し、400杯以上という『らしい』超絶釣果も飛び出している。それでも眞野康豊船長は「イカは先読みが難しいけど今季は特に。いい日もあるけどお土産がやっとなんて日もありますよ」と控えめだ。


初夏の風物詩が開幕! 夜ムギイカの釣り方をご紹介(福将丸)

初夏の風物詩が開幕! 夜ムギイカの釣り方をご紹介(福将丸)

駿河湾、沼津から西伊豆エリアの夜ムギイカは今シーズン、例年並みと言える4月上旬に開幕。4月も束釣りを記録しているが、今シーズンの序盤戦はムラがあり、好不調の波が大きかった。


最新の投稿


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

ブランド魚のひとつとして名高い走水沖のアジが堅調だ。走水港「政信丸」では、取材日は強風と高波で序盤は苦戦したが、トップ43匹。その前日は64匹。また、サイズは20〜40㎝、アベレージで25㎝と申し分なしだ。さらにうれしいことに、背が黄金色に輝くいわゆる「金アジ」が3割程度まじった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読