海底のモンスター・イシナギと私はいかに闘ったか【外房・勝浦沖】

海底のモンスター・イシナギと私はいかに闘ったか【外房・勝浦沖】

関東近海で釣れる大物ターゲットとしては、知る限りイシナギ(標準和名オオクチイシナギ)が最大だと思われる。MAX100㎏にもなるイシナギ釣りが今年も開幕した。


条件が揃わないと姿を見せてくれない幻の魚と言われている…

エサの確保に苦戦するも、貴重な生きエサであるスルメイカを投入。

タックルは発表されたばかりの最新モデルで挑んだ。

このアタリはきっとアイツだ!

大きな泡がボコンと上がった直後に、その姿を現した。

取り込みは船長2人がかりで行われた。デ、デカイ…

闘いが終わり勝利の雄たけびをあげる北本さん。42kgの堂々とした魚体だ。

やっとの思いで大物をゲット!

測ったら42kgありました!

「新しい群れが入ってきてまだ盛り上がりがありますよ。大物釣りを楽しんでください」と渡辺清志船長と若船長の優さん。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦川津港「基吉丸」。

当日は、渡辺清志船長からイカを狙うと聞いていたが、しっかりと冷凍のヤリイカとスルメイカをクーラーボックスに仕込んで乗船。当日のイシナギハンターは、7人。午前3時50分に若船長の舵取りで出船。港を出て南の方へ40分でポイント到着。
何としても活きイカが、欲しいと気合が入る。水深180mとアナウンス。左舷ミヨシで田渕さんが、早々にスルメイカを乗せた。しかし、潮が速い…。3ノット!
直結12本で挑んだが、乗らない。ブランコの方は、サバの猛攻に。ポイントを移動し再度投入。着乗りを感じ巻き上げるが、途中でバラシ。潮が速くてイカが外れてしまうのだ。その後、何度も乗せるが、タイムオーバーで3杯にてイカ釣り終了。少しはイシナギに近づけたかとタックルを変更。
30分戻りポイントへ到着。活きたスルメイカをハリに付け投入。水深は、75mでスタートするが、激流。オモリ250号が流され底ダチを取るのもやっと。海底は起伏が激しいので、根掛かりに注意し何度も底ダチを取り直す。1流し目は、船中アタリはなかったようだ。しかし、いつものことながら、イシナギ釣りの緊張感はたまらない。
船長はピンポイントに狙いを定め投入の合図を出す。そして、2流し目に仕掛け着底後にタナを取り直そうとした時に「ゴゴゴン」とロッドが引き込まれた。最初は根掛かりかなと半信半疑であったが、イシナギと確信。3ノットの潮に乗りまくり150mまでラインが引き出された。そこからは一進一退のバトル。
楽しみながらのファイトであったが、残り50mから一向に動かない。仕方なくドラグを締め付け勝負。体的にはきつかったが、海面に大きな泡が二つ見えた時にデカイと分かった。そして姿を現したイシナギは、去年取り込んだイシナギより一回りでデカイ。42・1㎏のナイスサイズだ。100㎏を越すイシナギの世界では、それほど大型とは言えないが、3ノットの潮に乗ったら40㎏でも十分な手ごたえである。
サイズよりも今年も会えたことに誠意をもって感謝し、残った活きたスルメイカは仲間へ託し、冷凍のスルメイカで釣ることにした。デットベイト(死にエサ)だと仕掛けに絡み釣りづらかったが、1回大きなアタリがあった。アワせたが掛からなかったのが残念。冷凍のスルメイカが、半分食われていた。
その後、船内イシナギの魚信は、なく午前11時に納竿となった。今年から午前船のみの釣りとなったイシナギ釣り。これも夢のフィールドが何時までも続くようにと願ってのことだと思う。

以上の記事は「つり丸」2014年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

4日くらい前から黒潮が入ってきたね。ちょっと潮が澄んで手強いけど、流れているから食うよ。昨日は7人で9本キャッチかな。アベレージは2〜3㎏と小振りだけど、まさに初夏のヒラマサって感じだよね」と話すのは、大原港「松鶴丸」のオキさんこと、中村洋行船長。船長の言葉通り、外房沖は初夏マサシーズンまっさかり、という状況だった。


夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

他地区より遅れて乗っ込みマダイが好調なのが千倉沖だ。千倉港「千鯛丸」では4㎏、5㎏の良型が連日コンスタントに上がり、キロ前後のサイズも数釣れている。取材日にも6.1㎏、4.6㎏の大ダイが顔を出した、マダイファンにはぜひ注目してほしい釣り場だ。


カモシ釣りでマダイ好シーズン! 加えてヒラマサも好調(不動丸)

カモシ釣りでマダイ好シーズン! 加えてヒラマサも好調(不動丸)

外房勝浦沖のカモシ釣りが好スタートを切っている。カモシ乗合で出船している川津港「不動丸」では、マダイの1〜3㎏主体に4〜5㎏級もまじりトップ3枚前後、それにヒラマサの2〜5㎏前後が数まじるという、ウレシイ状況が続いている。


ジギング&キャスティングともに絶好調! 外房ヒラマサ(松鶴丸)

ジギング&キャスティングともに絶好調! 外房ヒラマサ(松鶴丸)

パワー全開のスピードランが、多くのファンを集める外房沖のヒラマサ。近年では周年のターゲットとして、各地のアングラーを惹きつけているが、やはり春から初夏にかけての、いわゆる「春マサ」シーズンはおおいに盛り上がる。黒潮の影響を受けた南からの潮、「真潮」が勢力を増し、多くのヒラマサを外房沖に送りこんでくる。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読