海底のモンスター・イシナギと私はいかに闘ったか【外房・勝浦沖】

海底のモンスター・イシナギと私はいかに闘ったか【外房・勝浦沖】

関東近海で釣れる大物ターゲットとしては、知る限りイシナギ(標準和名オオクチイシナギ)が最大だと思われる。MAX100㎏にもなるイシナギ釣りが今年も開幕した。


条件が揃わないと姿を見せてくれない幻の魚と言われている…

エサの確保に苦戦するも、貴重な生きエサであるスルメイカを投入。

タックルは発表されたばかりの最新モデルで挑んだ。

このアタリはきっとアイツだ!

大きな泡がボコンと上がった直後に、その姿を現した。

取り込みは船長2人がかりで行われた。デ、デカイ…

闘いが終わり勝利の雄たけびをあげる北本さん。42kgの堂々とした魚体だ。

やっとの思いで大物をゲット!

測ったら42kgありました!

「新しい群れが入ってきてまだ盛り上がりがありますよ。大物釣りを楽しんでください」と渡辺清志船長と若船長の優さん。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦川津港「基吉丸」。

当日は、渡辺清志船長からイカを狙うと聞いていたが、しっかりと冷凍のヤリイカとスルメイカをクーラーボックスに仕込んで乗船。当日のイシナギハンターは、7人。午前3時50分に若船長の舵取りで出船。港を出て南の方へ40分でポイント到着。
何としても活きイカが、欲しいと気合が入る。水深180mとアナウンス。左舷ミヨシで田渕さんが、早々にスルメイカを乗せた。しかし、潮が速い…。3ノット!
直結12本で挑んだが、乗らない。ブランコの方は、サバの猛攻に。ポイントを移動し再度投入。着乗りを感じ巻き上げるが、途中でバラシ。潮が速くてイカが外れてしまうのだ。その後、何度も乗せるが、タイムオーバーで3杯にてイカ釣り終了。少しはイシナギに近づけたかとタックルを変更。
30分戻りポイントへ到着。活きたスルメイカをハリに付け投入。水深は、75mでスタートするが、激流。オモリ250号が流され底ダチを取るのもやっと。海底は起伏が激しいので、根掛かりに注意し何度も底ダチを取り直す。1流し目は、船中アタリはなかったようだ。しかし、いつものことながら、イシナギ釣りの緊張感はたまらない。
船長はピンポイントに狙いを定め投入の合図を出す。そして、2流し目に仕掛け着底後にタナを取り直そうとした時に「ゴゴゴン」とロッドが引き込まれた。最初は根掛かりかなと半信半疑であったが、イシナギと確信。3ノットの潮に乗りまくり150mまでラインが引き出された。そこからは一進一退のバトル。
楽しみながらのファイトであったが、残り50mから一向に動かない。仕方なくドラグを締め付け勝負。体的にはきつかったが、海面に大きな泡が二つ見えた時にデカイと分かった。そして姿を現したイシナギは、去年取り込んだイシナギより一回りでデカイ。42・1㎏のナイスサイズだ。100㎏を越すイシナギの世界では、それほど大型とは言えないが、3ノットの潮に乗ったら40㎏でも十分な手ごたえである。
サイズよりも今年も会えたことに誠意をもって感謝し、残った活きたスルメイカは仲間へ託し、冷凍のスルメイカで釣ることにした。デットベイト(死にエサ)だと仕掛けに絡み釣りづらかったが、1回大きなアタリがあった。アワせたが掛からなかったのが残念。冷凍のスルメイカが、半分食われていた。
その後、船内イシナギの魚信は、なく午前11時に納竿となった。今年から午前船のみの釣りとなったイシナギ釣り。これも夢のフィールドが何時までも続くようにと願ってのことだと思う。

以上の記事は「つり丸」2014年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

内房・富浦は房総半島随一のボートフィールドだ。南側には太房岬がありまるで湖のような景色が広がる。シロギスが多いポイントだが、マゴチ、ヒラメの魚影も濃い。


巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

東京湾の人気ルアーターゲット・タチウオが連日好調だ。「このところトップで30本前後、平均でも10本以上という日が続いています。サイズもよく、指3.5本クラスが中心で、4本以上のサイズもよくヒットしています。今日は出ませんでしたが、ドラゴンサイズも連日ヒットしていますよ」とは、千葉・長浦港「こなや丸」進藤通孝船長。


南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房総平砂浦沖に今年もショゴ(カンパチの幼魚)が回ってきた。幼魚とはいえカンパチが狙って釣れる釣り場は貴重だ。しかも最近他エリアではほとんど見かけなくなったカッタクリ釣りで狙えるのも嬉しいところだ。


魚影濃く今後も期待大! 大原沖のショウサイフグ好スタート(敷嶋丸)

魚影濃く今後も期待大! 大原沖のショウサイフグ好スタート(敷嶋丸)

秋の大原の二枚看板といえば、フグとヒラメだろう。まず先陣を切って9月1日に解禁になったのがショウサイフグ。「敷嶋丸」では開幕初日から30㎝級の大型フグまじりで順調なスタートを切った。取材日も釣り開始とともに次々と竿が曲がり、あちこちでフグが抜き上げられた。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読