MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
 ヒラマサ&ワラサ回遊中、鹿島沖の青物ゲーム活況【常磐・鹿島沖】

ヒラマサ&ワラサ回遊中、鹿島沖の青物ゲーム活況【常磐・鹿島沖】

今年も4月からワラサ主体に釣れ始め、時期を追うにつれてヒラマサの姿が多くなっている。10㎏オーバーの連続キャッチに盛り上がったり、ラインブレイクに地団駄を踏んだり…。まさに盛況という表現がぴったりの状況だ。

数やサイズの好不調は群れの回遊次第、天候次第ともいえるが、今後はヒラマサへの期待が高まる

昨年の青物ゲームの佳境は6月以降。今期も期待大だ。ジギングだけでなくキャスティングもOK。

西野成彦さんは、厳しい状況ではジグ(背黒)のサイズやカラーをとっかえひっかえ。自身でプロデュースするだけに、その性能は熟知している。

ヒラマサ好調の報を聞きつけ、村越正海さんが鹿島沖に参戦!

おなじみダイワの村越正海さんは、ニューリリースのオールソリッドロッドを心地よく曲げてのファイト。さすがの手練れ、PE1.5号のライトラインを使用してのやり取りでも、相手に主導権を与えない。

ネットに入る直前まで激しく抵抗するヒラマサ。

満面のえびす顔!

嬉しい一匹だ!

ヒラマサを連発した、堀江良一さん。スピーディなワンピッチジャークからのストップ&フォールが効奏、と自己分析。

思わず笑顔がこぼれました。

うれしいゲストのヒラメも高活性。

ゲストヒラメのサイズ申し分なし!

キャスティングのルアーは「スキッピング」を念頭においた小型のシンキングペンシル、14〜18㎝クラスのダイビング&ドッグウォーク用のフローティングペンシルがメインルアー。

ヒットルアーは、ムラジグV 100g、背黒100、130gなど。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第十八不動丸」。

5月下旬、「不動丸」に名手が乗るという情報を得て同船をお願いした。名手の名はご存知、村越正海氏と西野成彦氏。栗山船長をふくめ全員が釣り具メーカーのダイワからサポートを受けており、その縁もあってちょっと遊びに来た、という気軽な釣行に便乗させていただいた。
常磐沖の代表的ポイント、大根の27mからスタート。風、うねりとも大きい荒天下での釣りだったが、ひと流し目からロッドを曲げたのは村越氏。得意のライトタックルを駆使しながらも危なげなく取り込んだのは3㎏クラスのワラサ。続けざまに同サイズのヒラマサも追加。ほどなくして西野氏もワラサキャッチ!
前日の朝一番は入れ食いに沸いたというから、これはイージーに釣れ続くのか? と思ったが、そうは甘くはなかった。その後はポツリポツリの拾い釣りから、最後はピタッと食いが止まってしまった。それでもヒラマサ、ワラサに加えてヒラメも登場。どんなに好況でも日並みによるムラがあるのが、青物ゲームの常なのだ。
数やサイズの好不調は群れの回遊次第、天候次第ともいえるが、今後はヒラマサへの期待が高まる。キャスティングゲームも含め、昨年も佳境は6月になってからだった。まさにいま! 期待満々の鹿島沖といえるだろう。

以上の記事は「つり丸」2014年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。
東京湾のタチウオゲームがトップシーズンを迎えている。しかも、この時期のタチウオは良・大型揃い! みな指3.5~5本オーバーのメーター前後で、指2~2.5本という小型は1本たりともまじらなかった。
「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。
“タルイカ”。北陸で呼ばれている名だが、東日本では聞きなれない名前のイカだろう。標準和名はソデイカ。このイカが昨年、一昨年の秋から冬に、山陰から北陸にかけて大発生。大きくなると20㎏を超えるという。
爆発的人気! とは言えないが、年を追うごとに着実にファンを増やしているのが、南伊豆出船で狙う新島沖のキンメダイゲームだ。新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏!
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読