ヒラマサ&ワラサ回遊中、鹿島沖の青物ゲーム活況【常磐・鹿島沖】

ヒラマサ&ワラサ回遊中、鹿島沖の青物ゲーム活況【常磐・鹿島沖】

今年も4月からワラサ主体に釣れ始め、時期を追うにつれてヒラマサの姿が多くなっている。10㎏オーバーの連続キャッチに盛り上がったり、ラインブレイクに地団駄を踏んだり…。まさに盛況という表現がぴったりの状況だ。


数やサイズの好不調は群れの回遊次第、天候次第ともいえるが、今後はヒラマサへの期待が高まる

昨年の青物ゲームの佳境は6月以降。今期も期待大だ。ジギングだけでなくキャスティングもOK。

西野成彦さんは、厳しい状況ではジグ(背黒)のサイズやカラーをとっかえひっかえ。自身でプロデュースするだけに、その性能は熟知している。

ヒラマサ好調の報を聞きつけ、村越正海さんが鹿島沖に参戦!

おなじみダイワの村越正海さんは、ニューリリースのオールソリッドロッドを心地よく曲げてのファイト。さすがの手練れ、PE1.5号のライトラインを使用してのやり取りでも、相手に主導権を与えない。

ネットに入る直前まで激しく抵抗するヒラマサ。

満面のえびす顔!

嬉しい一匹だ!

ヒラマサを連発した、堀江良一さん。スピーディなワンピッチジャークからのストップ&フォールが効奏、と自己分析。

思わず笑顔がこぼれました。

うれしいゲストのヒラメも高活性。

ゲストヒラメのサイズ申し分なし!

キャスティングのルアーは「スキッピング」を念頭においた小型のシンキングペンシル、14〜18㎝クラスのダイビング&ドッグウォーク用のフローティングペンシルがメインルアー。

ヒットルアーは、ムラジグV 100g、背黒100、130gなど。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第十八不動丸」。

5月下旬、「不動丸」に名手が乗るという情報を得て同船をお願いした。名手の名はご存知、村越正海氏と西野成彦氏。栗山船長をふくめ全員が釣り具メーカーのダイワからサポートを受けており、その縁もあってちょっと遊びに来た、という気軽な釣行に便乗させていただいた。
常磐沖の代表的ポイント、大根の27mからスタート。風、うねりとも大きい荒天下での釣りだったが、ひと流し目からロッドを曲げたのは村越氏。得意のライトタックルを駆使しながらも危なげなく取り込んだのは3㎏クラスのワラサ。続けざまに同サイズのヒラマサも追加。ほどなくして西野氏もワラサキャッチ!
前日の朝一番は入れ食いに沸いたというから、これはイージーに釣れ続くのか? と思ったが、そうは甘くはなかった。その後はポツリポツリの拾い釣りから、最後はピタッと食いが止まってしまった。それでもヒラマサ、ワラサに加えてヒラメも登場。どんなに好況でも日並みによるムラがあるのが、青物ゲームの常なのだ。
数やサイズの好不調は群れの回遊次第、天候次第ともいえるが、今後はヒラマサへの期待が高まる。キャスティングゲームも含め、昨年も佳境は6月になってからだった。まさにいま! 期待満々の鹿島沖といえるだろう。

以上の記事は「つり丸」2014年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


茨城・那珂湊沖のスルメイカ”最速”束釣りを目指せ!(かもめ丸)

茨城・那珂湊沖のスルメイカ”最速”束釣りを目指せ!(かもめ丸)

常磐の夜スルメイカがようやく開幕した。年によっては、8月はもうスルメが終了してムラサキイカに移行するが、ここ最近はかなりシーズンが後にずれ込んでいる。


カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

昨年に続いてカモシ釣りで伺ったのは「作栄丸」。昨年の取材時には10㎏級のヒラマサが三連発という驚愕の釣りを体験した。今年もヒラマサは好調に釣れているとのこと、大型ヒラマサの期待を胸に行川港へと向かった。


今、まさに大物ラッシュの銭州! 大型カンパチを釣る!(龍正丸)

今、まさに大物ラッシュの銭州! 大型カンパチを釣る!(龍正丸)

大物、そして高級魚たちがひしめく釣りの聖地・銭洲。今期は、まだそのポテンシャルを十二分に発揮していない当地だったが、黒潮の接岸と共に水温が上昇。大物がいつスパークするかの秒読み態勢になったとのことで、7月9日に下田港「龍正丸」より出船してきた。


昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

下越の間瀬沖では、アジが乗っ込み期に入り、大アジが数釣れている。昼間はむろん夜も好調だ。昨年からスタートした、夜釣りの泳がせでは大ビラメのほか、ワラサ、ブリが高確率でヒット中だ。


ひとつテンヤタックルで楽しめる鹿島沖のマゴチが好調だ!(植田丸)

ひとつテンヤタックルで楽しめる鹿島沖のマゴチが好調だ!(植田丸)

昨年ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年も5月後半から本格的に開幕し、好調が継続している。とくに7月に入ってからは絶好調の釣果が記録されているのだ。


最新の投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読