ヒラマサ&ワラサ回遊中、鹿島沖の青物ゲーム活況【常磐・鹿島沖】

ヒラマサ&ワラサ回遊中、鹿島沖の青物ゲーム活況【常磐・鹿島沖】

今年も4月からワラサ主体に釣れ始め、時期を追うにつれてヒラマサの姿が多くなっている。10㎏オーバーの連続キャッチに盛り上がったり、ラインブレイクに地団駄を踏んだり…。まさに盛況という表現がぴったりの状況だ。


数やサイズの好不調は群れの回遊次第、天候次第ともいえるが、今後はヒラマサへの期待が高まる

昨年の青物ゲームの佳境は6月以降。今期も期待大だ。ジギングだけでなくキャスティングもOK。

西野成彦さんは、厳しい状況ではジグ(背黒)のサイズやカラーをとっかえひっかえ。自身でプロデュースするだけに、その性能は熟知している。

ヒラマサ好調の報を聞きつけ、村越正海さんが鹿島沖に参戦!

おなじみダイワの村越正海さんは、ニューリリースのオールソリッドロッドを心地よく曲げてのファイト。さすがの手練れ、PE1.5号のライトラインを使用してのやり取りでも、相手に主導権を与えない。

ネットに入る直前まで激しく抵抗するヒラマサ。

満面のえびす顔!

嬉しい一匹だ!

ヒラマサを連発した、堀江良一さん。スピーディなワンピッチジャークからのストップ&フォールが効奏、と自己分析。

思わず笑顔がこぼれました。

うれしいゲストのヒラメも高活性。

ゲストヒラメのサイズ申し分なし!

キャスティングのルアーは「スキッピング」を念頭においた小型のシンキングペンシル、14〜18㎝クラスのダイビング&ドッグウォーク用のフローティングペンシルがメインルアー。

ヒットルアーは、ムラジグV 100g、背黒100、130gなど。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第十八不動丸」。

5月下旬、「不動丸」に名手が乗るという情報を得て同船をお願いした。名手の名はご存知、村越正海氏と西野成彦氏。栗山船長をふくめ全員が釣り具メーカーのダイワからサポートを受けており、その縁もあってちょっと遊びに来た、という気軽な釣行に便乗させていただいた。
常磐沖の代表的ポイント、大根の27mからスタート。風、うねりとも大きい荒天下での釣りだったが、ひと流し目からロッドを曲げたのは村越氏。得意のライトタックルを駆使しながらも危なげなく取り込んだのは3㎏クラスのワラサ。続けざまに同サイズのヒラマサも追加。ほどなくして西野氏もワラサキャッチ!
前日の朝一番は入れ食いに沸いたというから、これはイージーに釣れ続くのか? と思ったが、そうは甘くはなかった。その後はポツリポツリの拾い釣りから、最後はピタッと食いが止まってしまった。それでもヒラマサ、ワラサに加えてヒラメも登場。どんなに好況でも日並みによるムラがあるのが、青物ゲームの常なのだ。
数やサイズの好不調は群れの回遊次第、天候次第ともいえるが、今後はヒラマサへの期待が高まる。キャスティングゲームも含め、昨年も佳境は6月になってからだった。まさにいま! 期待満々の鹿島沖といえるだろう。

以上の記事は「つり丸」2014年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイが秋シーズンに突入した。「今年はお盆過ぎあたりから食いだしました。キロ前後主体ですが2㎏前後まじりで順調に食っていますよ」と、鹿島港「義心丸」の大森誠船長は言う。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


目指すは40cm級のジャンボサイズ! 鹿島沖のショウサイフグ(豊丸)

目指すは40cm級のジャンボサイズ! 鹿島沖のショウサイフグ(豊丸)

周年狙え、すっかり人気の釣り物になった常磐のショウサイフグ。特に手軽な道具で釣ることができ、ジャンボサイズが多くまじるのが鹿島沖の特徴だ。今回は夏フグシーズンに突入した鹿島港の「豊丸」へとお邪魔した。


波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)

波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)

7月から開幕した波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。例年、9月10月がハイシーズン。今期も絶好調だ。


しっかりアワせて大ダイを手に! 鹿島沖ひとつテンヤマダイ(植田丸)

しっかりアワせて大ダイを手に! 鹿島沖ひとつテンヤマダイ(植田丸)

ほぼ周年ひとつテンヤマダイ釣りが楽しめる鹿島沖。夏真っ盛りの今もコンスタントにマダイが釣れている。その鹿島沖に出船し続けているのが鹿島港「植田丸」。「例年、真夏の暑い時期はいっときマダイの食いがやや落ちて渋くなるんですが、今年はまずまず。日ムラはありますが、食う日はトップ10枚以上ということもありますよ」とのこと。


最新の投稿


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイが秋シーズンに突入した。「今年はお盆過ぎあたりから食いだしました。キロ前後主体ですが2㎏前後まじりで順調に食っていますよ」と、鹿島港「義心丸」の大森誠船長は言う。


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読