MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エキサイティングな夏が来たーっ! 相模湾のシイラ開幕!! 【相模湾】

エキサイティングな夏が来たーっ! 相模湾のシイラ開幕!! 【相模湾】

相模湾の夏の風物詩「シイラ」がついに開幕!ここ数年は、夏はキハダでヒートアップする相模湾だが、やはりこのシイラを楽しまないとエキサイティングな夏は盛り上がらない! というアングラーも多いのではないだろうか。

この釣りはみずからの目でターゲットを探すことからはじまる

ターゲットを見つけたら反射的にキャストする。リールのベイルは返してスタンバイ。

シイラゲームの魅力のひとつはこのジャンプ! チョ〜楽しい!!

ヤツのお出ましだ!

ランディングの際は釣り人が魚をネットへと誘導するようにするとスムーズに取り込める。

尾上智佳さんはこの日最大となる103cmを「オノウエジャーク」(ローカルスタンダード)でキャッチ!

2本目もデカイ! このデカさがたまらない。

尾上さんは最大魚のみならず竿頭も! ルアーはもちろんすべて「オノウエジャーク」。

ルアーメーカー「サプライズ」代表“マシンガン椙尾”こと椙尾和義さんは、自身が製作する「スギペン」のニューサイズ11cm(プロト)でキャッチ! フックは必ずバーブレスで。

“湘南ハンター”キャップをかぶってご満悦のマシンガン椙尾。

こちらも「オノウエジャーク」でキャッチ! シーズン初期はシンキング系ルアーが活躍することが多い。

ロッドは7フィート前後のオフショアキャスティング用。「グラップラー」(シマノ)は、リーズナブルな価格ながら性能はピカイチ! これはオススメです!

水温が22度以上になればトップウォーターも。あらゆる状況に対応できるよう準備しておこう。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄三郎丸」。

キハダは“一発大物勝負”といったイメージで、かなり“運”に左右されやすい釣りだが、シイラはそうではない。アングラーのウデが試される、非常にテクニカルなゲームだ。さらに、ド派手なジャンプ! これがとにかくエキサイティング!!
このように、相模湾のシイラはエキスパートたちを熱くさせるゲーム性の高さが魅力だが、実はオフショアキャスティングゲームの入門にも最適。魚を探す、キャスト、ルアーアクション、ファイトと、どれをとってもオフショアキャスティングゲームに必要なテクニックの基本が詰まっているのだ。
そこで「庄三郎丸」では今年もシイラセミナーを開催。レンタルタックルが完備され、インストラクターが乗船するので、まったくオフショアキャスティングの経験がない人も安心して参加できる。
「これからです! 魚も続々と入ってきて、大型サイズも期待できます!」とは望月幸雄船長。
今年の夏は、シイラで盛り上がろう!

以上の記事は「つり丸」2014年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
沼津静浦港「幸松丸」では「夜ジンドウ」の名称で人気のマルイカイカメタルゲームがアツい!この機会に、ぜひ挑戦してみよう。
昨年に続き、東京湾の餌木タコゲームが絶好調!長浦港「こなや」では30号のオモリと3.5号の餌木を2つセットしたリグで攻め、0.3㎏から2㎏オーバーまでのサイズがキャッチされている。
東京湾ルアーターゲットの主役タチウオ!メーターオーバー!ドラゴン級が高確率で上がっている!数、型ともにおおいに期待できる!湾内タチウオゲーム最新事情を紹介!
夏の風物詩、相模湾のシイラゲームが早くも佳境に突入!今期の最新タックル&マストルアーで南国の使者、黒潮の申し子たちと遊ぼう!
鹿島沖のテンヤマゴチは、今一押しのターゲット。ガツンと強烈なアタリで40〜50㎝級が多く、60㎝級もまじる!暑さに負けず、照りゴチを満喫してほしい。
最新記事
東京湾の江戸前マダコが好調!好漁場として有名な小柴沖で、モンスター級が連日顔を出している。金沢八景「小柴丸」でも餌木タコが大人気!今年も激アツ!マダコフィーバーだ!!
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読