沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

エキサイティングな夏が来たーっ! 相模湾のシイラ開幕!! 【相模湾】

エキサイティングな夏が来たーっ! 相模湾のシイラ開幕!! 【相模湾】

相模湾の夏の風物詩「シイラ」がついに開幕!ここ数年は、夏はキハダでヒートアップする相模湾だが、やはりこのシイラを楽しまないとエキサイティングな夏は盛り上がらない! というアングラーも多いのではないだろうか。


この釣りはみずからの目でターゲットを探すことからはじまる

ターゲットを見つけたら反射的にキャストする。リールのベイルは返してスタンバイ。

シイラゲームの魅力のひとつはこのジャンプ! チョ〜楽しい!!

ヤツのお出ましだ!

ランディングの際は釣り人が魚をネットへと誘導するようにするとスムーズに取り込める。

尾上智佳さんはこの日最大となる103cmを「オノウエジャーク」(ローカルスタンダード)でキャッチ!

2本目もデカイ! このデカさがたまらない。

尾上さんは最大魚のみならず竿頭も! ルアーはもちろんすべて「オノウエジャーク」。

ルアーメーカー「サプライズ」代表“マシンガン椙尾”こと椙尾和義さんは、自身が製作する「スギペン」のニューサイズ11cm(プロト)でキャッチ! フックは必ずバーブレスで。

“湘南ハンター”キャップをかぶってご満悦のマシンガン椙尾。

こちらも「オノウエジャーク」でキャッチ! シーズン初期はシンキング系ルアーが活躍することが多い。

ロッドは7フィート前後のオフショアキャスティング用。「グラップラー」(シマノ)は、リーズナブルな価格ながら性能はピカイチ! これはオススメです!

水温が22度以上になればトップウォーターも。あらゆる状況に対応できるよう準備しておこう。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄三郎丸」。

キハダは“一発大物勝負”といったイメージで、かなり“運”に左右されやすい釣りだが、シイラはそうではない。アングラーのウデが試される、非常にテクニカルなゲームだ。さらに、ド派手なジャンプ! これがとにかくエキサイティング!!
このように、相模湾のシイラはエキスパートたちを熱くさせるゲーム性の高さが魅力だが、実はオフショアキャスティングゲームの入門にも最適。魚を探す、キャスト、ルアーアクション、ファイトと、どれをとってもオフショアキャスティングゲームに必要なテクニックの基本が詰まっているのだ。
そこで「庄三郎丸」では今年もシイラセミナーを開催。レンタルタックルが完備され、インストラクターが乗船するので、まったくオフショアキャスティングの経験がない人も安心して参加できる。
「これからです! 魚も続々と入ってきて、大型サイズも期待できます!」とは望月幸雄船長。
今年の夏は、シイラで盛り上がろう!

以上の記事は「つり丸」2014年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

平塚「豊漁丸」では、9月からアマダイ乗合をスタートさせている。今シーズンも好調なスタートを切って、数釣れている。出船すれば連日のようにトップ5匹以上を記録して、いい日にはトップ2桁もある。


LTで絶品アマダイをGET!平塚沖アマダイの仕掛け&釣り方(庄治郎丸)

LTで絶品アマダイをGET!平塚沖アマダイの仕掛け&釣り方(庄治郎丸)

冬の本格シーズンを迎え、相模湾エリアのアマダイが好調だ。アマダイ狙いで出船している平塚港「庄治郎丸」では、トップ2ケタ釣果も珍しくなく、40㎝オーバーの良型もコンスタントに釣れている。さらに50㎝オーバーの良型もけっこう上がっているのだ。


今年も季節到来! ビッグシーバスシーズン(アイランドクルーズ FC)

今年も季節到来! ビッグシーバスシーズン(アイランドクルーズ FC)

「今年は水温が高いこともあって、少しスタートが遅い感じですね。コノシロパターンも散発的にありますけど、今のところはイワシが多いので、こちらを意識した釣りのほうがメインパターンになっていますね」と話す、10月下旬時点での模様を教えてくれたのは、横浜新山下の人気シーバス船「アイランドクルーズFC」の家田茂大船長。


最新の投稿


沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどがターゲット。


バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

ライトジギングやタイラバなどのライトゲームに最適なベイトリールシリーズ「ELAN」の新モデルをご紹介!


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読