MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のシロギス、2時間の〝チョイキス〟を楽しもう!【相模湾】

相模湾のシロギス、2時間の〝チョイキス〟を楽しもう!【相模湾】

葉山芝崎港「福栄丸」のチョイキス乗合いが人気だ。土日祝日限定で14時から16時までの2時間だけのそれこそチョイ釣り。その分料金は格安で船酔いの心配も少ないと、船釣りビギナー向けの安心設計? が人気の所以だ。

シロギスシーズン本格到来。家族連れ、カップルに大人気だ!

子供たちも短時間なら飽きずに楽しめる。小学生の乗船料金は1000円とリーズナブル。

ピース! 親子での釣り。いい思い出になりますよ。

大人だって負けてません。短時間だから手返しよく釣らないとね。

良型一荷。2時間でも晩のおかずぐらいは十分釣れますよ。

土日祝日限定14時から16時まで2時間のキスの「チョイ釣り」。家族連れやカップル釣行に超オススメです!

ゲストのカワハギ。嬉しいな!

でっかいカワハギがよくまじった。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山芝崎港「福栄丸」。

「毎年ゴールデンウイーク前後から始めるんですが今年は水温が低くて前半戦は苦戦しました。でもここに来て釣果も上がってきましたよ。キスはこれからが本番ですからお子さんでも楽しめると思いますよ」と話す、矢島雄三船長。
取材日も釣れ上がるキスは良型で、その他カワハギ、ヒラメ、ムシガレイ、ハナダイ、メゴチ、ワニゴチ、ヒメジ、サバと五目どころか十目に迫る釣果で、家族連れの子供達も大喜びだった。
家族連れのみならずカップルにも人気のこの釣り、沖釣りを楽しむ新たなバリーエーションのひとつに加えてみてはいかがでしょう。

以上の記事は「つり丸」2014年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読