ダブルトリプルは当たり前! 近場で楽しめるムギイカ(坂口丸)

ダブルトリプルは当たり前! 近場で楽しめるムギイカ(坂口丸)

スルメイカは一年で生命を終える年魚で、ムギイカサイズが釣れる時期は短く、気がつけば成長して深場に落ちていく。そんな期間限定のムギイカが相模湾で好調だ。


LTでマルイカと両狙いもOK! 手軽に楽しめるおいしいイカ釣り

一番近いポイントは港の目の前! 釣り時間はたっぷりだ。

ムギイカは小型で外れやすいので取り込みは慎重に。

ブランコ仕掛けのノーマルタックルでムギイカ2、マルイカ1杯ゲット。

ダブル、トリプルは頻繁にあった。束釣りを目指すなら手釣りが有利だ。

「小さいね~!」なんてみなさんおっしゃいますが、小さい方がうれしいのがこのムギイカだ。だってやわらかくておいしいからね!

LTタックルでアタリを取って乗せるのもおもしろい。

沖漬けにして食べちゃおう!

直結仕掛けは手返しが早くなる。

LTは5、6cmのスッテにプラヅノをまぜる。

手釣りはプラヅノ、ナマリヅノで。

ノーマルタックルはプラヅノ11cmメインで。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小田原早川港「坂口丸」。

相模湾の初夏の釣りといってまず最初に思い浮かぶのはこのムギイカだろう。「ムギイカ」とはスルメイカの子どものことで、麦秋=初夏に釣れることからこの名前で呼ばれる。普通、釣りでは「より大きなもの」を釣るのがいいとされるが、このイカは「小さいほうがうれしい」のである。小さいほど身が柔らかく、舌の上でとろけるような味わいを楽しめるからだ。一年中イカ釣りをする人たちも「スルメはこの時期だけ刺身で食べる」と言う人が多いほど。

ムギイカはいろいろな釣り方ができる。それぞれのタックルと釣り方を説明していこう。それぞれどんなときに威力を発揮するかが違うので、それを理解して挑もう。

【ノーマルタックル】
イカ釣り用の通常の電動リールタックルで狙う。仕掛けはブランコ、直結を使用する。ブランコ仕掛けは、バラシが少なく初心者でも多点掛けが可能な仕掛けだ。
釣り方の基本は、仕掛けを海底まで落とし、竿をシャクリながら少しずつ上げていく。シャクったあとに竿先を見ると、竿先がフワフワとか、ガタガタと揺れるようなアタリが出る。これがムギイカが乗った合図だ。
海底に群れがいるときにいい。ポツポツと拾い釣りのときに有利だが、広範囲に群れがいるときに追いきれない。
直結仕掛けは扱いに慣れが必要になるが、ブランコ仕掛けの不利な点を補うことができる。とくに広範囲に群れがあるような場合は、電動のスイッチを入れて一気に探ることが可能で、より多点掛けのチャンスが広がる。
いずれの場合も、仕掛けはプラヅノ11㎝が基本。7㎝のウキスッテをまぜるのもおすすめだ。

【ライトタックル】
最近はムギイカ釣りでもマルイカ用のライトタックルで楽しむ人が増えている。このタックルの利点は何よりタックルが軽くて手軽なこと。そして細かいアタリを取って掛けるというゲーム性の高さにある。
タックルは道糸を1号以下にしてより繊細なアタリを取れるようにしておく。仕掛けは直ブラ、直結だが、少し慣れたらぜひ直結に挑戦してみよう。
釣り方は、海底まで仕掛けを沈め、少しタナを上げてまずは竿を動かさないで竿先を見る。このときに一番アタリが多く出る。アタったと思ったら竿を持ち上げてアワせ、そのまま巻き上げていく。
マルイカがいる場合、下の層がマルイカ、上の層がムギイカということも多いので、マルイカを狙って釣りたい場合は、底中心に探ろう。
ムギイカが多く、広い範囲に群れが出ているような場合は、竿先を止めてアタリを取るのではなく、竿をシャクりながら上へ上へと探っていくとガツンガツンと乗ってくることが多い。多点掛けが多い場合、スッテのかわりにプラヅノを用いるのもいいだろう。
海底付近に群れが多い場合は、小さいアタリも確実に取れるので有利。しかし、中層に群れが多い場合はやはり追いきれない。

【手釣り】
もっとも伝統的な釣り方ながら圧倒的な釣果をたたき出すのが手釣りだ。
最近はやる人が少なくなったが、水深が50mほどなので、じつは簡単な釣りなのだ。仕掛けが着底したら、底から20mほど一気に手繰ってくる。この時期のイカならただ手繰ってくるだけで乗るので簡単だ。乗ると、いくら小型のイカでもしっかりと重要感が伝わってくる。そのまま手を緩めずに手繰って仕掛けを回収する。
群れが広範囲に出ている場合、その群れの中を一気に探れ、さらにツノ数が多いことから多点掛けのチャンスが増える。さらに、手返しが早いので、2回、3回と釣ることも可能で、短時間で束釣りも可能なのだ。
しかし、反応が底にしかでない、群れが少なく拾い釣りになったときは手釣りの優位性は低下する。
このように、それぞれの釣り方に一長一短がある。もし、ムギイカのあともそのままスルメイカ釣りをしようとするなら、ノーマルタックルの直結仕掛け、さらに手釣りにも挑戦してみよう。本格的な沖のスルメイカ釣りにもそのまま入っていけるはずだ。

以上の記事は「つり丸」2015年6月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

ブランド魚のひとつとして名高い走水沖のアジが堅調だ。走水港「政信丸」では、取材日は強風と高波で序盤は苦戦したが、トップ43匹。その前日は64匹。また、サイズは20〜40㎝、アベレージで25㎝と申し分なしだ。さらにうれしいことに、背が黄金色に輝くいわゆる「金アジ」が3割程度まじった。


初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

今シーズンも東京湾のカサゴは、連日好調が続いている。今回、取材した金沢八景「新健丸」は、夏場はカサゴにターゲットを絞ったこだわりの船宿だ。


トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

脂が乗っていて美味しいと話題の横浜沖周辺のアジ! 平日なのに10隻以上のアジ船が集まっている人気ポイント。その美味しいアジを狙って、4月23日に川崎「つり幸」さんの午前LTアジに乗ってきた。


仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

夏が旬のアジ。これからの時期は身に脂が乗り、最も美味しくなる季節。手軽に狙えるので、とても人気があるターゲットだが、LTで狙えば道具も軽く気軽に楽しめる。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読