MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジャンボカサゴシーズン開幕! 釣り方教えます!(北山丸)

ジャンボカサゴシーズン開幕! 釣り方教えます!(北山丸)

東京湾や相模湾でも人気のあるカサゴ釣り。ビギナーにもよく釣れて食べておいしいからだ。そんなカサゴ釣りに力を入れている南房の船宿がある。洲崎「北山丸」だ。

エサがこの釣りのキーポイント。根掛かりおそれず攻めまくれ!

初夏の夜明けはカサゴたちのモーニングタイム! 朝いちにジャンボカサゴをゲットして気分よくすごそう。

こんなジャンボカサゴが釣れちゃいます!

「固めの竿を使うと底をトレースしやすいので根掛かりが少なくなりますよ!」と話す、小島さん。後半戦に良型を連発していた。

ジャンボカサゴの抜き上げを派手に決めよう!

北山船長が攻めるポイントの海底はこんな感じ。起伏の激しさが一目瞭然。

おっ! アタリがきたか⁉︎

ジャンボカサゴラッシュ!

上バリにカサゴが来たわ!

乗船者全員がこのジャンボカサゴをキャッチ。

この大きさなら申し分なし!

水深50m以深ではオニカサゴが釣れる。

誘いのタイミングがあうと、数釣りができる。

船で購入できる仕掛けはコレ。

エサはサバの切り身とイワシが用意されている(エサ代は別)。

根掛かり回避のアイテムも有効だ。オモリのロストを少なくしよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・洲崎「北山丸」。

房総半島の先端、洲崎前のジャンボカサゴシーズンが開幕した。
浅場のカサゴだが、ここの魚はとにかくデカイ! 30㎝級はザラで最大36 ㎝が毎年キャッチされている。
例年、5月半ばから7月までがシーズン。5月初め、カサゴ乗合初出船にさっそく便乗した。
「洲崎前の浅場のカサゴは、最盛期になると30㎝前後の大型が誰にでもカンタンに釣れるようになります。食べておいしいカサゴですから、ぜひ気軽に遊びにきてください!」と話す、洲崎港「北山丸」の北山茂樹船長。このカサゴ釣りは、船長が約15年前、船宿業を継ぐためにサラリーマンをやめ、最初に始めた釣り物。それだけにこだわりがあり、いまでは相当数のポイントを熟知しているという。
ポイントは洲崎沖周辺水深20〜40m。ハイシーズン中は乗っ込みのため群れがかたまり釣りやすくなるのだ。
仕掛けは胴付き2本バリ。エサはサバの切り身や冷凍イワシなど。イワシなどの小魚は上バリに付けるのが正解。

底の起伏に合わせてトントン当りがでたら一呼吸おいて釣りあげ!

釣り方はカンタンだ。仕掛けを底まで落とし、底の起伏にあわせて、オモリをトントンとさせるだけ。オモリは底から10〜50㎝ほど上げ、マメに底ダチをとるイメージだ。
アタリが出たら、すぐにアワせず、一呼吸おいてから竿を上へゆっくりと聞き上げよう。これで十分アワセになりフッキングする。
アタリが出てからアワせると根掛かりすることもしばしばだ。大型になればなるほど、魚が根のなかに逃げ込むことが多い。だから、根掛かりしたと判断したらすぐに強引に引っ張り切るのではなく、テンションをかけたり緩めたりして、魚が根から出てくるのを期待してみよう。どうしても出てこなければ、強引に引っ張ってハリスを切る。

以上の記事は「つり丸」2015年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読