沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ジャンボカサゴシーズン開幕! 釣り方教えます!(北山丸)

ジャンボカサゴシーズン開幕! 釣り方教えます!(北山丸)

東京湾や相模湾でも人気のあるカサゴ釣り。ビギナーにもよく釣れて食べておいしいからだ。そんなカサゴ釣りに力を入れている南房の船宿がある。洲崎「北山丸」だ。


エサがこの釣りのキーポイント。根掛かりおそれず攻めまくれ!

初夏の夜明けはカサゴたちのモーニングタイム! 朝いちにジャンボカサゴをゲットして気分よくすごそう。

こんなジャンボカサゴが釣れちゃいます!

「固めの竿を使うと底をトレースしやすいので根掛かりが少なくなりますよ!」と話す、小島さん。後半戦に良型を連発していた。

ジャンボカサゴの抜き上げを派手に決めよう!

北山船長が攻めるポイントの海底はこんな感じ。起伏の激しさが一目瞭然。

おっ! アタリがきたか⁉︎

ジャンボカサゴラッシュ!

上バリにカサゴが来たわ!

乗船者全員がこのジャンボカサゴをキャッチ。

この大きさなら申し分なし!

水深50m以深ではオニカサゴが釣れる。

誘いのタイミングがあうと、数釣りができる。

船で購入できる仕掛けはコレ。

エサはサバの切り身とイワシが用意されている(エサ代は別)。

根掛かり回避のアイテムも有効だ。オモリのロストを少なくしよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・洲崎「北山丸」。

房総半島の先端、洲崎前のジャンボカサゴシーズンが開幕した。
浅場のカサゴだが、ここの魚はとにかくデカイ! 30㎝級はザラで最大36 ㎝が毎年キャッチされている。
例年、5月半ばから7月までがシーズン。5月初め、カサゴ乗合初出船にさっそく便乗した。
「洲崎前の浅場のカサゴは、最盛期になると30㎝前後の大型が誰にでもカンタンに釣れるようになります。食べておいしいカサゴですから、ぜひ気軽に遊びにきてください!」と話す、洲崎港「北山丸」の北山茂樹船長。このカサゴ釣りは、船長が約15年前、船宿業を継ぐためにサラリーマンをやめ、最初に始めた釣り物。それだけにこだわりがあり、いまでは相当数のポイントを熟知しているという。
ポイントは洲崎沖周辺水深20〜40m。ハイシーズン中は乗っ込みのため群れがかたまり釣りやすくなるのだ。
仕掛けは胴付き2本バリ。エサはサバの切り身や冷凍イワシなど。イワシなどの小魚は上バリに付けるのが正解。

底の起伏に合わせてトントン当りがでたら一呼吸おいて釣りあげ!

釣り方はカンタンだ。仕掛けを底まで落とし、底の起伏にあわせて、オモリをトントンとさせるだけ。オモリは底から10〜50㎝ほど上げ、マメに底ダチをとるイメージだ。
アタリが出たら、すぐにアワせず、一呼吸おいてから竿を上へゆっくりと聞き上げよう。これで十分アワセになりフッキングする。
アタリが出てからアワせると根掛かりすることもしばしばだ。大型になればなるほど、魚が根のなかに逃げ込むことが多い。だから、根掛かりしたと判断したらすぐに強引に引っ張り切るのではなく、テンションをかけたり緩めたりして、魚が根から出てくるのを期待してみよう。どうしても出てこなければ、強引に引っ張ってハリスを切る。

以上の記事は「つり丸」2015年6月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどがターゲット。


ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

例年ならすでに秋のベストシーズンに突入している外房のヒラマサ。しかし今年は高水温の影響なのか、本格化が少し遅れていた。


手軽に伝統釣法が楽しめる! 上総湊沖のシャクリマダイ(とう市丸)

手軽に伝統釣法が楽しめる! 上総湊沖のシャクリマダイ(とう市丸)

天羽のシャクリマダイが面白い。天羽とは、富津市の一部をそう呼んだ、かつての郡名らしいが、内房総・上総湊「とう市丸」の船上には「天羽 とう市丸」と書かれているプレートが貼られている。そんなところにもこの釣りの歴史を感じるが、なにより手バネ竿でマダイを釣るのは、マダイ釣りの歴史に触れたような味わいがある。


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


最新の投稿


沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどがターゲット。


バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

ライトジギングやタイラバなどのライトゲームに最適なベイトリールシリーズ「ELAN」の新モデルをご紹介!


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読