MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジャンボカサゴシーズン開幕! 釣り方教えます!(北山丸)

ジャンボカサゴシーズン開幕! 釣り方教えます!(北山丸)

東京湾や相模湾でも人気のあるカサゴ釣り。ビギナーにもよく釣れて食べておいしいからだ。そんなカサゴ釣りに力を入れている南房の船宿がある。洲崎「北山丸」だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

エサがこの釣りのキーポイント。根掛かりおそれず攻めまくれ!

初夏の夜明けはカサゴたちのモーニングタイム! 朝いちにジャンボカサゴをゲットして気分よくすごそう。

こんなジャンボカサゴが釣れちゃいます!

「固めの竿を使うと底をトレースしやすいので根掛かりが少なくなりますよ!」と話す、小島さん。後半戦に良型を連発していた。

ジャンボカサゴの抜き上げを派手に決めよう!

北山船長が攻めるポイントの海底はこんな感じ。起伏の激しさが一目瞭然。

おっ! アタリがきたか⁉︎

ジャンボカサゴラッシュ!

上バリにカサゴが来たわ!

乗船者全員がこのジャンボカサゴをキャッチ。

この大きさなら申し分なし!

水深50m以深ではオニカサゴが釣れる。

誘いのタイミングがあうと、数釣りができる。

船で購入できる仕掛けはコレ。

エサはサバの切り身とイワシが用意されている(エサ代は別)。

根掛かり回避のアイテムも有効だ。オモリのロストを少なくしよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・洲崎「北山丸」。

房総半島の先端、洲崎前のジャンボカサゴシーズンが開幕した。
浅場のカサゴだが、ここの魚はとにかくデカイ! 30㎝級はザラで最大36 ㎝が毎年キャッチされている。
例年、5月半ばから7月までがシーズン。5月初め、カサゴ乗合初出船にさっそく便乗した。
「洲崎前の浅場のカサゴは、最盛期になると30㎝前後の大型が誰にでもカンタンに釣れるようになります。食べておいしいカサゴですから、ぜひ気軽に遊びにきてください!」と話す、洲崎港「北山丸」の北山茂樹船長。このカサゴ釣りは、船長が約15年前、船宿業を継ぐためにサラリーマンをやめ、最初に始めた釣り物。それだけにこだわりがあり、いまでは相当数のポイントを熟知しているという。
ポイントは洲崎沖周辺水深20〜40m。ハイシーズン中は乗っ込みのため群れがかたまり釣りやすくなるのだ。
仕掛けは胴付き2本バリ。エサはサバの切り身や冷凍イワシなど。イワシなどの小魚は上バリに付けるのが正解。

底の起伏に合わせてトントン当りがでたら一呼吸おいて釣りあげ!

釣り方はカンタンだ。仕掛けを底まで落とし、底の起伏にあわせて、オモリをトントンとさせるだけ。オモリは底から10〜50㎝ほど上げ、マメに底ダチをとるイメージだ。
アタリが出たら、すぐにアワせず、一呼吸おいてから竿を上へゆっくりと聞き上げよう。これで十分アワセになりフッキングする。
アタリが出てからアワせると根掛かりすることもしばしばだ。大型になればなるほど、魚が根のなかに逃げ込むことが多い。だから、根掛かりしたと判断したらすぐに強引に引っ張り切るのではなく、テンションをかけたり緩めたりして、魚が根から出てくるのを期待してみよう。どうしても出てこなければ、強引に引っ張ってハリスを切る。

以上の記事は「つり丸」2015年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル