ジャンボカサゴシーズン開幕! 釣り方教えます!(北山丸)

ジャンボカサゴシーズン開幕! 釣り方教えます!(北山丸)

東京湾や相模湾でも人気のあるカサゴ釣り。ビギナーにもよく釣れて食べておいしいからだ。そんなカサゴ釣りに力を入れている南房の船宿がある。洲崎「北山丸」だ。


エサがこの釣りのキーポイント。根掛かりおそれず攻めまくれ!

初夏の夜明けはカサゴたちのモーニングタイム! 朝いちにジャンボカサゴをゲットして気分よくすごそう。

こんなジャンボカサゴが釣れちゃいます!

「固めの竿を使うと底をトレースしやすいので根掛かりが少なくなりますよ!」と話す、小島さん。後半戦に良型を連発していた。

ジャンボカサゴの抜き上げを派手に決めよう!

北山船長が攻めるポイントの海底はこんな感じ。起伏の激しさが一目瞭然。

おっ! アタリがきたか⁉︎

ジャンボカサゴラッシュ!

上バリにカサゴが来たわ!

乗船者全員がこのジャンボカサゴをキャッチ。

この大きさなら申し分なし!

水深50m以深ではオニカサゴが釣れる。

誘いのタイミングがあうと、数釣りができる。

船で購入できる仕掛けはコレ。

エサはサバの切り身とイワシが用意されている(エサ代は別)。

根掛かり回避のアイテムも有効だ。オモリのロストを少なくしよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・洲崎「北山丸」。

房総半島の先端、洲崎前のジャンボカサゴシーズンが開幕した。
浅場のカサゴだが、ここの魚はとにかくデカイ! 30㎝級はザラで最大36 ㎝が毎年キャッチされている。
例年、5月半ばから7月までがシーズン。5月初め、カサゴ乗合初出船にさっそく便乗した。
「洲崎前の浅場のカサゴは、最盛期になると30㎝前後の大型が誰にでもカンタンに釣れるようになります。食べておいしいカサゴですから、ぜひ気軽に遊びにきてください!」と話す、洲崎港「北山丸」の北山茂樹船長。このカサゴ釣りは、船長が約15年前、船宿業を継ぐためにサラリーマンをやめ、最初に始めた釣り物。それだけにこだわりがあり、いまでは相当数のポイントを熟知しているという。
ポイントは洲崎沖周辺水深20〜40m。ハイシーズン中は乗っ込みのため群れがかたまり釣りやすくなるのだ。
仕掛けは胴付き2本バリ。エサはサバの切り身や冷凍イワシなど。イワシなどの小魚は上バリに付けるのが正解。

底の起伏に合わせてトントン当りがでたら一呼吸おいて釣りあげ!

釣り方はカンタンだ。仕掛けを底まで落とし、底の起伏にあわせて、オモリをトントンとさせるだけ。オモリは底から10〜50㎝ほど上げ、マメに底ダチをとるイメージだ。
アタリが出たら、すぐにアワせず、一呼吸おいてから竿を上へゆっくりと聞き上げよう。これで十分アワセになりフッキングする。
アタリが出てからアワせると根掛かりすることもしばしばだ。大型になればなるほど、魚が根のなかに逃げ込むことが多い。だから、根掛かりしたと判断したらすぐに強引に引っ張り切るのではなく、テンションをかけたり緩めたりして、魚が根から出てくるのを期待してみよう。どうしても出てこなければ、強引に引っ張ってハリスを切る。

以上の記事は「つり丸」2015年6月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

今シーズンも東京湾のカサゴは、連日好調が続いている。今回、取材した金沢八景「新健丸」は、夏場はカサゴにターゲットを絞ったこだわりの船宿だ。


10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

4日くらい前から黒潮が入ってきたね。ちょっと潮が澄んで手強いけど、流れているから食うよ。昨日は7人で9本キャッチかな。アベレージは2〜3㎏と小振りだけど、まさに初夏のヒラマサって感じだよね」と話すのは、大原港「松鶴丸」のオキさんこと、中村洋行船長。船長の言葉通り、外房沖は初夏マサシーズンまっさかり、という状況だった。


夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

他地区より遅れて乗っ込みマダイが好調なのが千倉沖だ。千倉港「千鯛丸」では4㎏、5㎏の良型が連日コンスタントに上がり、キロ前後のサイズも数釣れている。取材日にも6.1㎏、4.6㎏の大ダイが顔を出した、マダイファンにはぜひ注目してほしい釣り場だ。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読