MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
初夏のイサキ&ハナダイ五目、豪華リレーで出航だ!(勇幸丸)

初夏のイサキ&ハナダイ五目、豪華リレーで出航だ!(勇幸丸)

片貝旧港「勇幸丸」では、今の時期、イサキ・ハナダイ五目という豪華なリレーメニューで出船している。最初は航程1時間ちょっとの太東沖でイサキ狙い。その後、片貝沖でハナダイメインの五目釣りだ。

イサキを釣ってから好調なハナダイ五目狙い! 魚種多彩で楽しめる

イサキのポイントまでは航程1時間ちょっとだ。

開始早々に嬉しい一荷!

太東沖でイサキ狙い。今シーズンも好スタートを切っている!

永井名人も挑戦。

キュンキュンという独特の引きが楽しい!

ダブルでゲット!

良型ゲット!

身が引き締まっていて美味しそう!

今夜はこいつをアテに一杯。

イサキの仕掛けは空バリ仕様。

米粒大に切ったイカをエサにする。

力強い引き! 大型ハナダイか?それともカンパチか?

ショゴ(小型のカンパチ)は海面までよく引いた。

当日はハナダイの活性が高く、またショゴと呼ばれる小型のカンパチがよくまじった。

この日はハナダイの一荷も珍しくなかった!

こちらはマダイ。

ハナダイゲット!

こちらもハナダイとカンパチの一荷。

ハナダイ五目の仕掛けは、ウイリーやカラーバリ、空バリ+オキアミで狙う。

食いが渋い時はオキアミエサが有効!

ビシはFLサイズの60号。LTなら40号を使用。

今回、取材にご協力いただいたのは、片貝旧港「勇幸丸」。

出船すると、まず前半航程1時間ちょっとの太東沖で旬のイサキ狙い。昨年に続いて、今年も好調なスタートをきっている。一日中イサキを狙うわけではないが、「勇幸丸」ではトップ20匹台をコンスタントに記録している、またいい日には30匹台のときもある。
当エリアのイサキは、まとまって釣れる場所としては北限といわれている。厳しい環境で育っているので、身が締まって美味と言われている。
後半は片貝沖でハナダイをメインとした五目釣り。ハナダイは4月から好調が続いており、こちらもトップ20枚台をコンスタントに記録している。取材当日も活性が高く、一荷で釣れることも珍しくなかった。
そして、ゲストがまじるのも魅力。当日はショゴと呼ばれる小型のカンパチがまじった。ハナダイがアタって巻き上げてくると、その途中で魚が掛かっていないハリにカンパチがアタックしてくるのだ。
また、当日はまじらなかったが、状況次第では名物の大アジも期待できる。
とにかくクーラーのなかが賑やかになるイサキ・ハナダイ五目は、初夏の釣行にオススメだ!

イサキはタナでアタリ待ち、ハナダイ五目はタナの間を探る!

釣り方は上のイラストのとおり。イサキ狙いでは「28m」という固定されたタナが指示されるほか、「26〜28m」と幅のあるタナが指示されることもある。
タナが固定されているときは、仕掛けを投入したら指示ダナでビシの落下を止める。そして、仕掛けが馴染んだくらいにコマセをまいて、タナでアタリを待つようにする。
幅のあるタナが指示されたときは、その間を探ってもOK。またタナを決めて、そのタナでじっとアタリを待つのもOKだ。
アタリダナが決まってきたら、探ることなく、アタリダナの前後を集中して狙ったほうが、アタリが多くなって効率的だ。
ハナダイ狙いでは「22〜28m」のように、イサキのタナに比べると幅が広いタナが指示される。この場合、指示ダナの下限までビシを下ろす。そして、一定のリズムで竿をシャクって、タナの範囲を探っていく。
「ハナダイの活性が高いときは、魚探に反応が幅広く映ります。こんなときハナダイはコマセにつられて高いタナに浮いてきます。上へ上へと誘い上げて食わせてください」と市東船長。
取材当日のハナダイ五目では、ショゴと呼ばれる小型のカンパチがまじった。小型でも引きが強いので、よくアタるようならハリス3号前後の仕掛けを使うといいだろう。

以上の記事は「つり丸」2015年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読