初夏のイサキ&ハナダイ五目、豪華リレーで出航だ!(勇幸丸)

初夏のイサキ&ハナダイ五目、豪華リレーで出航だ!(勇幸丸)

片貝旧港「勇幸丸」では、今の時期、イサキ・ハナダイ五目という豪華なリレーメニューで出船している。最初は航程1時間ちょっとの太東沖でイサキ狙い。その後、片貝沖でハナダイメインの五目釣りだ。


イサキを釣ってから好調なハナダイ五目狙い! 魚種多彩で楽しめる

イサキのポイントまでは航程1時間ちょっとだ。

開始早々に嬉しい一荷!

太東沖でイサキ狙い。今シーズンも好スタートを切っている!

永井名人も挑戦。

キュンキュンという独特の引きが楽しい!

ダブルでゲット!

良型ゲット!

身が引き締まっていて美味しそう!

今夜はこいつをアテに一杯。

イサキの仕掛けは空バリ仕様。

米粒大に切ったイカをエサにする。

力強い引き! 大型ハナダイか?それともカンパチか?

ショゴ(小型のカンパチ)は海面までよく引いた。

当日はハナダイの活性が高く、またショゴと呼ばれる小型のカンパチがよくまじった。

この日はハナダイの一荷も珍しくなかった!

こちらはマダイ。

ハナダイゲット!

こちらもハナダイとカンパチの一荷。

ハナダイ五目の仕掛けは、ウイリーやカラーバリ、空バリ+オキアミで狙う。

食いが渋い時はオキアミエサが有効!

ビシはFLサイズの60号。LTなら40号を使用。

今回、取材にご協力いただいたのは、片貝旧港「勇幸丸」。

出船すると、まず前半航程1時間ちょっとの太東沖で旬のイサキ狙い。昨年に続いて、今年も好調なスタートをきっている。一日中イサキを狙うわけではないが、「勇幸丸」ではトップ20匹台をコンスタントに記録している、またいい日には30匹台のときもある。
当エリアのイサキは、まとまって釣れる場所としては北限といわれている。厳しい環境で育っているので、身が締まって美味と言われている。
後半は片貝沖でハナダイをメインとした五目釣り。ハナダイは4月から好調が続いており、こちらもトップ20枚台をコンスタントに記録している。取材当日も活性が高く、一荷で釣れることも珍しくなかった。
そして、ゲストがまじるのも魅力。当日はショゴと呼ばれる小型のカンパチがまじった。ハナダイがアタって巻き上げてくると、その途中で魚が掛かっていないハリにカンパチがアタックしてくるのだ。
また、当日はまじらなかったが、状況次第では名物の大アジも期待できる。
とにかくクーラーのなかが賑やかになるイサキ・ハナダイ五目は、初夏の釣行にオススメだ!

イサキはタナでアタリ待ち、ハナダイ五目はタナの間を探る!

釣り方は上のイラストのとおり。イサキ狙いでは「28m」という固定されたタナが指示されるほか、「26〜28m」と幅のあるタナが指示されることもある。
タナが固定されているときは、仕掛けを投入したら指示ダナでビシの落下を止める。そして、仕掛けが馴染んだくらいにコマセをまいて、タナでアタリを待つようにする。
幅のあるタナが指示されたときは、その間を探ってもOK。またタナを決めて、そのタナでじっとアタリを待つのもOKだ。
アタリダナが決まってきたら、探ることなく、アタリダナの前後を集中して狙ったほうが、アタリが多くなって効率的だ。
ハナダイ狙いでは「22〜28m」のように、イサキのタナに比べると幅が広いタナが指示される。この場合、指示ダナの下限までビシを下ろす。そして、一定のリズムで竿をシャクって、タナの範囲を探っていく。
「ハナダイの活性が高いときは、魚探に反応が幅広く映ります。こんなときハナダイはコマセにつられて高いタナに浮いてきます。上へ上へと誘い上げて食わせてください」と市東船長。
取材当日のハナダイ五目では、ショゴと呼ばれる小型のカンパチがまじった。小型でも引きが強いので、よくアタるようならハリス3号前後の仕掛けを使うといいだろう。

以上の記事は「つり丸」2015年6月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

4日くらい前から黒潮が入ってきたね。ちょっと潮が澄んで手強いけど、流れているから食うよ。昨日は7人で9本キャッチかな。アベレージは2〜3㎏と小振りだけど、まさに初夏のヒラマサって感じだよね」と話すのは、大原港「松鶴丸」のオキさんこと、中村洋行船長。船長の言葉通り、外房沖は初夏マサシーズンまっさかり、という状況だった。


型と味には自信あり! 狙いは1kgオーバーのジャンボイサキ(村正丸)

型と味には自信あり! 狙いは1kgオーバーのジャンボイサキ(村正丸)

川奈沖のイサキは型と味の良さがウリだ! 半日船、それも大抵マダイとのリレーで出船ということもあって「数ではトップ20〜30匹と他地区と比較して見劣りするかもしれないけど、型と味の良さでは絶対負けませんよ」とは伊東港「村正丸」の村上大輔船長。


マダイとイサキの両狙いがこの時期の人気メニューだ!(兵助屋)

マダイとイサキの両狙いがこの時期の人気メニューだ!(兵助屋)

今年の南伊豆海域におけるマダイの乗っ込みは、例年になく遅れて本格化。そのぶん長引いており、6月に入っても乗っ込みの個体が釣れている。そしてイサキもおもしろい時期。本格シーズンに突入しており、専門に狙う船は連日好釣果を記録している。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読