初夏のマダコ開幕! 仕掛けから取り込みまで(葉山沖・正一丸)

初夏のマダコ開幕! 仕掛けから取り込みまで(葉山沖・正一丸)

早くも葉山沖のマダコが開幕した! 葉山芝崎「正一丸」では、5月5日からマダコ乗合をスタート。4月後半の試釣ではなんとか数杯釣れるような状況であった。しかし、それから開幕までの間に上向き、開幕初日は1人3〜6杯で最大1.8㎏。二日目は1人2〜9杯で最大1.4㎏まじりの好釣果を記録している。


葉山沖はローケーションも抜群! のんび〜り釣りを楽しもう!

釣り人がそう多くないときは片舷流し、多い時は両舷に分かれて狙う!

鳥居がトレードマークの名島前も好ポイントの一つ!

船中のファーストヒットは嬉しい!

この釣りは、とにかく小突き続けることが大事。

取り込みは必ずタモで確実に! ここでのバラシも多い!

女性にも人気があるタコ釣り。

タコは脱走名人! 釣れたらすぐにネットに入れよう。

こんな大きいサイズのマダコが釣れました!

こちらもビッグサイズのマダコゲット!

手釣り糸にテンヤを結んだだけのシンプルな道具で狙う。

「正一丸」では手釣り用の糸は無料で貸してくれる。

エサのカニは冷凍の食用。大きいので半割にしてテンヤに付ける。

今回、取材にご協力いただいたのは、葉山芝崎「正一丸」。

「正一丸」が狙うポイントは航程数分の港周辺の浅場主体。潮が濁っていなければ、海底やテンヤが見えるほどの浅場だ。盛期には、そんな浅場で頻繁にアタるので、ビギナーにもオススメだ。「正一丸」の横森正一船長によると、初挑戦の人が竿頭になることも珍しくないという。

「正一丸」のマダコ釣りは、関東では一般的なスタイルの手釣りで狙う。
道具はというと、渋糸24〜25号の手釣り用糸にマダコ用テンヤ50号を結んだだけ(テンヤと道糸の間にナイロン20〜30号の先イトを介してもOK)。
このシンプルな道具でマダコが釣れるのだ。「正一丸」では手釣り用の道糸は貸出無料だ。そのため、釣り道具はテンヤを購入してくるだけで楽しめるのだ。
テンヤのすぐ上付近の道糸に、アピールのためにリボンやビニールを縛り付けてもOK。しかし、これはなくても十分に釣れる。「ビニールを結んでいないシンプルな仕掛けの人がトップだったことは何回もありますよ」と横森船長。
「正一丸」で用意するエサはカニ。種類不明の食用のカニだ。テンヤに対して大きいので、半割にして紐でテンヤに括りつける。
また前述したように手釣りで狙う。そのため手を保護するために指サックやグローブも準備しておこう。
釣れたタコを入れておくネットも必需品だ。タコは脱走名人。釣れてオケにそのまま入れておくと、ほぼ確実に脱走すると言える。そのため釣れたら、すぐにネットに入れ、かつネットの口を縛っておかないとダメだ。

小突くが勝ち! 変だと思ったら合わせよう

釣り方はテンヤを海底で小突くという単純な動作を繰り返すだけだ。しかし、これが奥が深い。乗る人には何回も乗るし、乗らない人はまったくダメということも珍しくない。また、初挑戦のビギナーにアタリが集中し、竿頭になることも珍しくないのだ。
基本の釣り方は左上のイラストで示したとおり。一般的な小突き方は基本パターン①と②だろう。これを組み合わせて小突くのもいい。
また、周囲でバタバタと乗っているのに自分には乗らないときは、小突くペースを速めたり、大きく小突いたりするなどしてアピールさせるのも手だ。
アタリの出方は千差万別。毎回同じようにアタリが出るわけではないので表現するのが難しい。重みを感じたり、何かに引っ掛かる手応えがあったり、小突く手が止められたりさまざまだ。
とにかく「変だな?」と感じたら、2手、3手と手繰るようにしてアワせよう。それで重みがあれば、タコが乗ったか、海藻など何かが引っかかった証拠。道糸を手繰って海面にタコが見えたら、タモで確実にすくうこと。海面でのバラシも多いからだ。

以上の記事は「つり丸」2015年6月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


東京湾のブランド品! 小柴沖のマダコを楽しもう!(小柴丸)

東京湾のブランド品! 小柴沖のマダコを楽しもう!(小柴丸)

小柴のシャコに小柴のアナゴ。釣りをやらない人でも寿司好きテンプラ好きなら聞き馴染みがあるであろう小柴沖は、旨い魚を育む好漁場でここで獲れるマダコも絶品との誉れが高い。毎年7月に解禁となる小柴沖のマダコ、金沢八景の「小柴丸」が乗合を開始したと聞き釣行した。


釣り場が拡大していよいよ本格シーズン! 片貝沖のヒラメ(正一丸)

釣り場が拡大していよいよ本格シーズン! 片貝沖のヒラメ(正一丸)

片貝沖のヒラメポイントは8月1日、9月1日の二回の部分解禁を経て、10月1日に全面解禁する。「どのポイントもヒラメの魚影は濃いよ。今日は潮が悪いけれど、これがなおればアタリはもっと多くなると思うよ」と話すのは、8月30日に取材で訪れた片貝旧港「正一丸」の海老原三利船長。


東京湾のニュースタイル ”エギングマダコゲーム” (フレンドシップ)

東京湾のニュースタイル ”エギングマダコゲーム” (フレンドシップ)

「3週間くらい前かな、自分がタコを食べたくなって船を出したら、けっこう釣れてね。面白いじゃん、ってハマったのがきっかけなんだよね」言葉の主は船橋港を拠点に各種ターゲットを追いかける、「フレンドシップ」の田岡要司船長。


乗れば高確率でジャンボ級! 東京湾、夏のマダコ釣り(小柴丸)

乗れば高確率でジャンボ級! 東京湾、夏のマダコ釣り(小柴丸)

今シーズンの東京湾はマダコの好況に沸いている。湾奥部では中小型主体の数釣りが続いているが、ここ小柴沖はとにかくでかいのが乗ると評判だ。


「釣った感」満載の東京湾の夏ダコ! エリア拡大で好調(一之瀬丸)

「釣った感」満載の東京湾の夏ダコ! エリア拡大で好調(一之瀬丸)

アタリというアタリはない。引きという引きもない。されど「釣った感」は満載で、釣り上げた瞬間誰しも笑顔になってしまうのがマダコ釣り。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読