マゴチメインに五目釣り! 仕掛け&アワセ方(館山沖・鯨丸)

マゴチメインに五目釣り! 仕掛け&アワセ方(館山沖・鯨丸)

初夏から夏に東京湾で盛んになるマゴチ釣り。東京湾奥や神奈川の乗合船が、エビエサやハゼエサなどで狙うのが一般的だが、内房、館山湾では生きたカタクチイワシエサを使い、マゴチ中心の五目釣りで狙う。


初夏のマゴチ釣りメインにヒラメや根魚まじりでアタリいっぱい!

波静かな館山湾内にはカツオ漁船用のイワシの畜養イケスが設置される。この周りは絶好のポイントだ。

魚探には大きなイワシの群れが映っている。これはチャンス。

タックルは2m前後のLTロッド、ゲームロッドに小型両軸リールの組み合わせ。オモリは35号を使用。

マゴチの魚影は濃く、適度に船が流れればアタリは頻発。潮が緩い館山湾内では多少風がある方が潮が流れてアタリも多くなる。

カタクチイワシをエサにして狙う泳がせ五目。マゴチ中心にヒラメ、ホウボウ、カサゴ、メバル、ハタ、青物など、さまざまなフィッシュイーターが食ってくる。

高級魚マゴチ、刺身が絶品。

マゴチはトップ6匹。「楽しい〜!!」

ライトタックルの釣りなので、マゴチやヒラメとのやり取りは、超スリリングだ。

ヒラメも良型がまじる。いい引きを楽しませてくれた。

ホウボウもレギュラーゲスト。大型もまじる。

マゴチ主体だが、ワニゴチもまじる。

仕掛けは市販のLTヒラメ仕掛けでOK。

エサはカタクチイワシ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・館山「鯨丸」。

初夏の館山湾ではカタクチイワシをエサにして、マゴチ主体にヒラメやホウボウなどを狙う泳がせ釣りが楽しめる。館山「鯨丸」が、その泳がせ五目で出船している。
「5月から6月にかけては、館山湾一帯にカタクチイワシの群れが回遊してくるんです。そうなるとマゴチやヒラメが活発にエサを追うようになるんです」と唐沢進船長。その言葉通り、船の周りの海面がイワシの群れでさざ波立つ。魚探には真っ赤なイワシの群れの反応が映る。
アタリは活発! イワシの群れに触発されたフィッシュイーターたちが、次々と仕掛けにアタックしてくる。マゴチが連発し、トップは6匹! それにまじってヒラメ、ホウボウ、ワニゴチも上がった。
まだまだイワシ回遊中。これはチャンスだ!

タックルはLTロッド、ゲームロッド、イワシメバル用の竿などライトなものでオーケー。「鯨丸」ではオモリ35号を使用。
エサはカタクチイワシなので泳ぎの良さを重視したい人は、仕掛けはハリスにチヌ5~6号を結んだ1本バリがいいだろう。イワシの下アゴから上アゴに刺しぬくようにハリ付けして泳がせてやる。
唐沢船長はハリ掛かりの良さを重視し、孫バリにトレブルフックを結んだ、一般的なヒラメ仕掛けをすすめる。
「孫バリを付けてもけっこう泳ぎますよ。いろんな魚がいろんな食い方をしてくる釣りです。水温も高い時期なので活発にガツンと一気に食い込むことも多いんです。そんなときは孫バリ、とくにトレブルフックを付けたほうが確実ですよ」とのこと。
仕掛けはハリス5号前後を80㎝、それに対して捨て糸を30㎝ほど。
最近は「LT仕掛け」と銘打った仕掛けも市販されている。それらは短いLTロッドに対応するよう、幹糸が短くなっている(もしくは無い)。短い竿で長い幹糸が付いた仕掛けを使うと、取り込みの際魚を寄せられなくて困るので注意しよう。

主役は高級魚マゴチ。まめなタナ取り、アワセは大きくしよう!!

水温が高い時期なので、どの魚も比較的活性が高く、一発で食い込むことも多いが、もぞもぞといつまでも食い込まないこともある。
着底したらオモリを切って、マメに底ダチを取り直してやるのが基本の釣り方。
館山湾内の海底は柔らかい泥が積もっている。エサが底を引きずるような状態ではどんな魚も食ってこない。底ダチを撮り直して、海底の少し上をイワシが泳ぐ状態をキープする。
マゴチの場合、前アタリがあったら少し竿先を送り込んでやり、そこでしばらく待つ。そして、グッグッと重量感を感じたら大きくアワせる。あまり待ちすぎるとエサを離してしまうことが多い。口が硬いので、アワせると決めたらしっかり大きくアワせて、ハリ掛かりさせよう。
マゴチ以外に、ヒラメなど多彩な魚が食ってくるのでアタリの出方もそのときどきで違うが、そこがこの釣りのおもしろいところ。イワシ回遊でアタリは多い。空振りしても大丈夫! また、次のアタリが来るはずだ。

以上の記事は「つり丸」2015年6月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


生きイワシで大型マゴチ激チャンス中! 金田湾ボート釣り(浜千鳥)

生きイワシで大型マゴチ激チャンス中! 金田湾ボート釣り(浜千鳥)

三浦半島・金田湾は古くからシロギス釣りのメッカとして知られているが、最近はボートで大物狙いができる場所として人気を集めている。「マゴチは好調ですね。サイズもいいし数も出ています。ヒラメは少し小型が多くなったけど、こちらも釣れてます」と、金田湾「浜千鳥」の飯島尚武さんは言う。


行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

内房・富浦は房総半島随一のボートフィールドだ。南側には太房岬がありまるで湖のような景色が広がる。シロギスが多いポイントだが、マゴチ、ヒラメの魚影も濃い。


巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

東京湾の人気ルアーターゲット・タチウオが連日好調だ。「このところトップで30本前後、平均でも10本以上という日が続いています。サイズもよく、指3.5本クラスが中心で、4本以上のサイズもよくヒットしています。今日は出ませんでしたが、ドラゴンサイズも連日ヒットしていますよ」とは、千葉・長浦港「こなや丸」進藤通孝船長。


真夏の沖釣り! 仙台湾のカレイ&マゴチを釣りに行こう!(拓洋丸)

真夏の沖釣り! 仙台湾のカレイ&マゴチを釣りに行こう!(拓洋丸)

宮城県の仙台湾はカレイの海で全国に知られている。県内では人気№1の不動の沖釣りターゲットだが、8月はヒラメや青物などの引きが強い、または、大型の魚を看板にあげる船宿が多くなる。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読