マダイ乗っ込み継続中! タナ取りから釣り方までご紹介(兵助屋)

マダイ乗っ込み継続中! タナ取りから釣り方までご紹介(兵助屋)

南伊豆沖はマダイ、イサキの好ポイントを抱えるエリア。4月から好調をキープしている乗っ込みマダイは、そろそろ終盤だが、まだ楽しめるだろう。下田柿崎港「兵助屋」では、石廊崎沖〜仲木沖をメインに乗っ込みのマダイを狙っている。


南伊豆の乗っ込みマダイは終盤だが、まだまだ大型が期待できる!

当日は石廊崎沖〜仲木沖でマダイをメインに狙った。水深は80〜90mと深い。

永井名人は1投目から食わせた。

永井名人の1枚目は2㎏弱。

これは3枚目。

永井名人は、この日4枚のマダイを釣り上げてトップ。

誘いのタイミングがあった人は、良型マダイがアタった!

強い引きはマダイだ!

取り込みはタモで確実に!

このサイズなら申し分なし!

最後の投入でゲット! 諦めないことが大事。

この引きは間違いなくマダイだ!

常連の小山さんも良型マダイを手堅くゲット!

イサキもダブルでゲット!

これからはイサキも好シーズン。

エサ取りの正体は、このウマヅラ。

コマセはオキアミ。ビシはステン缶がオススメ。

付けエサはオキアミ。1匹付けが基本。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田柿崎「兵助屋」。

この時期、南伊豆海域でおもしろいのがコマセ釣りのマダイとイサキ。マダイは、まだ乗っ込みが継続中。シーズン終盤であるが、良型マダイが期待できるのだ。また、イサキは、これからが本格シーズン。専門に狙えば数釣りが期待できるのだ。
下田柿崎「兵助屋」では、この時期マダイをメインに狙っており、状況を見てイサキも狙っている。南伊豆のイサキ釣りは、コマセマダイタックルで狙うのが当エリアのスタイル。つまり、コマセマダイ用タックルがあれば、マダイもイサキも狙えるのだ。
取材当日はマダイの乗っ込みシーズン真っ只中。石廊崎沖〜仲木沖でマダイをメインに狙った。石廊崎沖〜仲木沖以外にも多数の好ポイントを抱える南伊豆海域。本誌発売以降はマダイの乗っ込みが終盤になるので、いろいろなポイントを狙うことになるだろう。
南伊豆海域のマダイとイサキは周年狙えるが、爽快に楽しむならこの時期がオススメ! さあ出かけよう!!

タックルはコマセマダイ用。仕掛けはハリス3〜4号で準備OK!

タックルはコマセマダイ用があればOK。
「兵助屋」で使用するビシは80号なので、オモリ80号に対応したコマセマダイロッドを選ぼう。長さは3〜3.6m。「兵助屋」の鈴木俊和船長は、ウネリを吸収しやすい長めの竿をオススメしている。終始手持ちで狙う人は、もちろんマダイ用のショートロッドでもOKだ。
リールは小型電動がオススメ。この時期でも水深80m台や90m台のポイントをメインに攻めることもあるので、電動リールが釣りをしやすいだろう。
電動リールはスムーズにラインが出ていく、ドラグ性能がいいものを使うようにしたい。大ダイが掛かったら、ラインを出し入れしながらのやり取りになるからだ。
道糸はPEラインの3〜4号。リールに300m巻いてあれば十分だ。イサキを狙うときも、このマダイタックルでOKだ。道糸の先にビシを装着した片テンビンをつなぐ。
「兵助屋」でマダイ、イサキを狙うときのビシオモリは80号だ。ビシはステン缶、またはプラビシ。コマセの出方の調整が楽で、コマセの出方にムラのないステン缶が鈴木船長のオススメだ。
ハリスは3〜4号。マダイの活性が高く、コンスタントにアタるときは4号にするとハリス切れなどのバラシが少なくなるだろう。
4月後半の取材時は、鈴木船長から指示されたハリスの長さは10〜12m。「兵助屋」では海面からの水深指示でタナを取る。そのため、ハリスの長さは、船長が指示する長さにすること。
仕掛けはストレートハリス、二段テーパーハリス、2本バリなど、いろいろなバリエーションがある。状況に応じていろいろ試すといいだろう。また、釣れている人の仕掛けを真似るのもアリだ。反応が幅広く出るときは、タナを探りやすい2本バリ仕掛けがオススメだ。
ハリは軸がしっかりしているマダイバリの8〜10号。軸が細いハリは、ハリが伸びたり、折れたりするので使用は避けよう。
この時期は、潮が濁ることもしばしば。濁り潮では、夜光玉などのアピール度をアップさせるアクセサリーを付けると有効なときもある。
付けエサはオキアミ。1匹付けが基本。オキアミの尾羽をハサミできれいに切り取り、その切り口からハリを刺し入れて、ハリの軸に対してまっすぐ刺す。ハリ先はでていてもOKだ。

タナ取りは海面から! 船長からの水深指示でタナ取りを行おう!

「兵助屋」では海面からの水深指示でタナ取りをおこなう。このタナ取りは、ビシを海底まで落とさないので、マダイを驚かせず、またエサ取りを浮かせにくい。またビシの位置が揃うので、船中で均等にアタりやすい。
そのため、このタナ取りで厳守しないといけないのは、ビシを海底まで落とさないこと。また最初にビシを落とす位置は船長の指示に従うこと。指示がなければ、指示ダナよりもハリスの長さの3分の2〜半分ぐらい下までビシを下ろすようにする。
前で少し触れているが、このタナ取りでは、反応の位置とハリスの長さから指示ダナが決定する。そのため、船長が推奨するハリスの長さにしないと、付けエサがとんでもない位置を漂うので注意しよう。
投入合図があったら仕掛けを投入するが、まずはタナ取りだ。前述したように指示ダナよりもハリスの長さの3分の2ぐらい下までビシを落とす。ハリスがなじんだところで、コマセをまきながら指示ダナまでビシを巻き上げる。
活性が高く、タナを取ってすぐにアタるような状況では、タナ取り時にしっかりコマセをまくようにしよう。
エサ取りが多く、エサがすぐ取られる状況では、タナ取り時にコマセをまかずにビシをタナまで巻き上げるのもアリだ。

タナ取り後の釣り方。わからなければ静かに置き竿にしよう!

タナを取った後は、状況次第で誘ったりする。しかし、誘い方がわからない人は、ビシをタナに合わせてそのまま静かに待つのが無難だ。マダイは置き竿でも十分にアタる。かえって変に誘うと、マダイを驚かせてしまうことになるからだ。
また、長時間流すときは、仕掛けを入れ替えることも忘れずに!

では、誘いはどのようにしたらいいのか?
一番有効なのは、反応が出たときにゆっくりと落とし込む方法だ。「探見丸」に反応が映ったとき、また船長から「反応出てますよ」というアナウンスがあったときが、まさに誘う絶好のタイミング。静かに竿を手に持ち、竿先を海面に向けて下げる、またはドラグを緩めてラインをゆっくり出す。うまくすると誘ってすぐにアタるだろう。
誘うときの注意点は、マダイを驚かさないように、静かにゆっくりとおこなうこと。また、落とし込んだ後は静かにビシをタナに戻すこと。落とし込んだままでは、タナを下げたことと変わらないからだ。

以上の記事は「つり丸」2018年6月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイが秋シーズンに突入した。「今年はお盆過ぎあたりから食いだしました。キロ前後主体ですが2㎏前後まじりで順調に食っていますよ」と、鹿島港「義心丸」の大森誠船長は言う。


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読