乗っ込み本格化! 究極絶品のマアジを釣るなら今だ!(小金丸)

乗っ込み本格化! 究極絶品のマアジを釣るなら今だ!(小金丸)

東京湾のマアジ。もうすっかりブランド化されている。湾内のアジは、金アジ・黄金アジとも呼ばれ、その魚体は金色もしくは薄く紫かかっている。脂ののりはもちろん、そのうまみを一度味わってしまうと、誰もが虜になってしまう。


コマセのマアジ釣りは5月からムラがあるが本格化するのはこれから

中アジ以上だとかなり引く。軟らかめ&ショートロッドが最適。

金アジとか黄金アジなどと呼ばれているマアジがコレだ。「小金丸」はこのようなアジを専門に狙っている。

手持ち竿でマメにタナ取りするのがコツだ。

最後までしっかり網で捕獲!

良型が二人同時ヒットすることもしばしば。

うまいアジは元気いっぱい。

このサイズがアベレージ。これからは産卵期になるのでさらに釣りやすくなるハズだ。

クラゲが今年大発生しているが、触手を触った手で顔などを触らないようにしよう。海水で洗い流すように。

30㎝を超える大アジもまじる。

幅広で美味しそうなアジだ!

その日に食べるのもいいが、一日寝かすとさらに脂の乗りがよくなる東京湾のマアジ。

仕掛けは基本はハリス長2m、2本バリ。

エサは、アオイソメやバイオベイト。バイオベイトはエサ持ちよくオススメ。濁り潮のときに効果大。

付けエサは小さめが基本。

ビシは130号。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小柴港「小金丸」。

全国的にマアジの漁獲が減少傾向にあるなか、東京湾のマアジはそんな影響を全く感じさせない釣れっぷりだ。一昔前は、春になるとマアジはいったん小休止することが多かったが、近年は一年中釣れ続いている。
「基本的に中型以上のアジを求めて操船してますが、いわゆる『中っぱ』と呼んでいる中型サイズのアジが一番おいしいですよ」と話す、ビシアジ一筋、東京湾のエキスパート船長である小柴港「小金丸」小山満寿夫さん。
猿島沖から観音崎沖にかけてが「小金丸」が得意とするフィールド。いまそこが絶品中アジ、中型幅広肉厚タイプが釣れるポイントだ。釣果は船長の潮の読みと釣り場選びに左右される。だから、周年ビシアジ専門乗合のこの「小金丸」に乗船すれば安心だ。
「なにせ、ここのアジは置き竿では、たくさんは釣れません。イワシのミンチをまきすぎないようにして、手持ち竿でマメにタナ取りすることがコツです」と、船長はアドバイスする。
東京湾のアジはこれからが旬。乗っ込み期を迎えさらに釣りやすくなっていく。

コマセのドバまき厳禁! ミンチの匂いで集魚するつもりで釣ろう!

釣り方は、いまも昔も変わらない。潮の流れの速さが半日で刻々と変化する東京湾。その潮の速さ対策をまず意識しよう。
船は、基本的にエンジン流しだが、アンカーをかけているようにピンポイントに止まっている。だから、道糸に潮の流れの抵抗がかかってくることは避けられない。
難しいのは潮の流れが速いとき。道糸が潮に流されてどんどん斜めになっていく。ある程度はしょうがないが、フケすぎはオマツリの原因になる。それを回避するには、リールのスプールをサミングしブレーキをかけながら仕掛けを落とすこと。
ビシが底に着いたら、潮が速いときは、5mほど巻き上げてから再度タナ取りすることを心がけよう。タナはポイントにもよるが、底から2〜3mがほとんど。
底から道糸のマーカーを見ながら正確に1m巻き上げ、コマセを2回〜3回に分けて軽く振り出しながら、指示ダナにビシをすえる。このときのコマセの出し方が肝だ。
「コマセの振り出しは大きく竿をあおるのではなく、竿先が時計の針だとすると7時から10時か9時くらいまで軽くチョンと振り上げる程度でいいです。けしてドバまきはしないでください。イワシのミンチのニオイでアジを寄せるイメージです」
と船長が言うように、コマセのドバまきは絶対しないこと。回収した後のビシカゴの中には、イワシミンチのカスが詰まっているくらいでよいという。
一連の動作でアタリが出なければ、再び底ダチを取り直し、コマセを出す。この動作を2回から3回行ったら、回収して再投入しよう。

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

ブランド魚のひとつとして名高い走水沖のアジが堅調だ。走水港「政信丸」では、取材日は強風と高波で序盤は苦戦したが、トップ43匹。その前日は64匹。また、サイズは20〜40㎝、アベレージで25㎝と申し分なしだ。さらにうれしいことに、背が黄金色に輝くいわゆる「金アジ」が3割程度まじった。


初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

今シーズンも東京湾のカサゴは、連日好調が続いている。今回、取材した金沢八景「新健丸」は、夏場はカサゴにターゲットを絞ったこだわりの船宿だ。


トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

脂が乗っていて美味しいと話題の横浜沖周辺のアジ! 平日なのに10隻以上のアジ船が集まっている人気ポイント。その美味しいアジを狙って、4月23日に川崎「つり幸」さんの午前LTアジに乗ってきた。


仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

夏が旬のアジ。これからの時期は身に脂が乗り、最も美味しくなる季節。手軽に狙えるので、とても人気があるターゲットだが、LTで狙えば道具も軽く気軽に楽しめる。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読