MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
浅場でアタリ多く数釣り高確率! 東京湾シロギス(冨士見)

浅場でアタリ多く数釣り高確率! 東京湾シロギス(冨士見)

東京湾のシロギスが、いよいよ最盛期突入だ! 木更津沖の夏のシロギス釣りでは、二束もの釣果を頻繁に耳にするようになる。さらに良い日になると、三束という驚愕の釣果が聞こえてくることもあるほどだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

水深が浅くタックルも軽いシロギス釣りはビギナーにもうってつけ

当日のポイントは盤洲の水深6〜10m。

ファミリーフィッシングにも最適なシロギス釣り。

子供さんもこのとおり!

良型シロギスゲット!

シロギス釣り楽しい〜!!

一荷もあるぞ!

女性アングラーも良型を手にした!

こんなに釣れるとやみつきになりますね。

イシモチもまじった。

釣れたてのシロギスはとても美味。定番料理のテンプラは絶品!

サイズのいいシロギスは刺身で食べるのもおすすめ。

サイズ感問題なし!

後ろで取り込みを見守る斎藤正雄船長。当日はビギナーにレクチャーしたり、いろいろアドバイスをしていた!

鮮やかな腕前を披露してくれた斎藤正雄船長。わからないことがれば、とにかく聞いてみよう。

ビギナーにオススメの仕掛けは、袖バリ6号、ハリス1号45cmをダイレクトにテンビンに結んだもの。

エサはアオイソメ。写真は斎藤船長のエサ付け。

今回、取材にご協力いただいたのは、深川「冨士見」。

この時期になると、湾央から盤洲干潟まで駆け上がる地形の木更津沖に、シロギスたちが続々と集まってくる。また、水温が20度を超えてくるとシロギスが活発にエサにアタックするようになり、釣り場の水深も5m前後とかなり浅くなる。だからこの時期の木更津沖は、シロギスの爆釣シーズンとなるのだ。
今回取材した深川「冨士見」のシロギス船の釣果を見ても、5月後半の水温が20度前後に達した日には、95匹、104匹、97匹と、すでに束前後の釣果が記録されている。
「釣れる水深が浅くなって、水温が20度以上で安定するようになれば、ベストシーズンだね!」とは、「冨士見」のシロギス船の舵を握る、この道50年のベテラン斎藤正雄船長の談だ。
水深が浅く、タックルも軽いシロギス釣りは、ビギナーにもうってつけ。クーラーひとつで釣行しても、きっと数釣りを存分に楽しむことができるだろう。そしてまた、ベテラン釣り師にとっても、自己最高記録にチャレンジするには最適なシーズンとなる。
もう厚手のウエアはいらない。暑い夏に、東京湾の激釣シロギスで、メラメラと熱くなろう!

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル