浅場でアタリ多く数釣り高確率! 東京湾シロギス(冨士見)

浅場でアタリ多く数釣り高確率! 東京湾シロギス(冨士見)

東京湾のシロギスが、いよいよ最盛期突入だ! 木更津沖の夏のシロギス釣りでは、二束もの釣果を頻繁に耳にするようになる。さらに良い日になると、三束という驚愕の釣果が聞こえてくることもあるほどだ。


水深が浅くタックルも軽いシロギス釣りはビギナーにもうってつけ

当日のポイントは盤洲の水深6〜10m。

ファミリーフィッシングにも最適なシロギス釣り。

子供さんもこのとおり!

良型シロギスゲット!

シロギス釣り楽しい〜!!

一荷もあるぞ!

女性アングラーも良型を手にした!

こんなに釣れるとやみつきになりますね。

イシモチもまじった。

釣れたてのシロギスはとても美味。定番料理のテンプラは絶品!

サイズのいいシロギスは刺身で食べるのもおすすめ。

サイズ感問題なし!

後ろで取り込みを見守る斎藤正雄船長。当日はビギナーにレクチャーしたり、いろいろアドバイスをしていた!

鮮やかな腕前を披露してくれた斎藤正雄船長。わからないことがれば、とにかく聞いてみよう。

ビギナーにオススメの仕掛けは、袖バリ6号、ハリス1号45cmをダイレクトにテンビンに結んだもの。

エサはアオイソメ。写真は斎藤船長のエサ付け。

今回、取材にご協力いただいたのは、深川「冨士見」。

この時期になると、湾央から盤洲干潟まで駆け上がる地形の木更津沖に、シロギスたちが続々と集まってくる。また、水温が20度を超えてくるとシロギスが活発にエサにアタックするようになり、釣り場の水深も5m前後とかなり浅くなる。だからこの時期の木更津沖は、シロギスの爆釣シーズンとなるのだ。
今回取材した深川「冨士見」のシロギス船の釣果を見ても、5月後半の水温が20度前後に達した日には、95匹、104匹、97匹と、すでに束前後の釣果が記録されている。
「釣れる水深が浅くなって、水温が20度以上で安定するようになれば、ベストシーズンだね!」とは、「冨士見」のシロギス船の舵を握る、この道50年のベテラン斎藤正雄船長の談だ。
水深が浅く、タックルも軽いシロギス釣りは、ビギナーにもうってつけ。クーラーひとつで釣行しても、きっと数釣りを存分に楽しむことができるだろう。そしてまた、ベテラン釣り師にとっても、自己最高記録にチャレンジするには最適なシーズンとなる。
もう厚手のウエアはいらない。暑い夏に、東京湾の激釣シロギスで、メラメラと熱くなろう!

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


東京湾のイシモチが今年も好スタートを切っている!(小柴丸)

東京湾のイシモチが今年も好スタートを切っている!(小柴丸)

東京湾金沢八景沖のイシモチが秋風とともに急上昇。この釣りを金看板に掲げる金沢八景「小柴丸」では9月に入り本格的に乗合いを開始し、連日トップ50~60匹と絶好調だ。


絶好調タチウオに美味アジ! 贅沢リレーで楽しさ2倍(福よし丸)

絶好調タチウオに美味アジ! 贅沢リレーで楽しさ2倍(福よし丸)

今年の東京湾のタチウオはオススメだ。各船宿の釣果速報を毎日チェックしていると、好釣果がかれこれ一ケ月以上も続いているのだ。


東京湾のブランド品! 小柴沖のマダコを楽しもう!(小柴丸)

東京湾のブランド品! 小柴沖のマダコを楽しもう!(小柴丸)

小柴のシャコに小柴のアナゴ。釣りをやらない人でも寿司好きテンプラ好きなら聞き馴染みがあるであろう小柴沖は、旨い魚を育む好漁場でここで獲れるマダコも絶品との誉れが高い。毎年7月に解禁となる小柴沖のマダコ、金沢八景の「小柴丸」が乗合を開始したと聞き釣行した。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読