沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

浅場でアタリ多く数釣り高確率! 東京湾シロギス(冨士見)

浅場でアタリ多く数釣り高確率! 東京湾シロギス(冨士見)

東京湾のシロギスが、いよいよ最盛期突入だ! 木更津沖の夏のシロギス釣りでは、二束もの釣果を頻繁に耳にするようになる。さらに良い日になると、三束という驚愕の釣果が聞こえてくることもあるほどだ。


水深が浅くタックルも軽いシロギス釣りはビギナーにもうってつけ

当日のポイントは盤洲の水深6〜10m。

ファミリーフィッシングにも最適なシロギス釣り。

子供さんもこのとおり!

良型シロギスゲット!

シロギス釣り楽しい〜!!

一荷もあるぞ!

女性アングラーも良型を手にした!

こんなに釣れるとやみつきになりますね。

イシモチもまじった。

釣れたてのシロギスはとても美味。定番料理のテンプラは絶品!

サイズのいいシロギスは刺身で食べるのもおすすめ。

サイズ感問題なし!

後ろで取り込みを見守る斎藤正雄船長。当日はビギナーにレクチャーしたり、いろいろアドバイスをしていた!

鮮やかな腕前を披露してくれた斎藤正雄船長。わからないことがれば、とにかく聞いてみよう。

ビギナーにオススメの仕掛けは、袖バリ6号、ハリス1号45cmをダイレクトにテンビンに結んだもの。

エサはアオイソメ。写真は斎藤船長のエサ付け。

今回、取材にご協力いただいたのは、深川「冨士見」。

この時期になると、湾央から盤洲干潟まで駆け上がる地形の木更津沖に、シロギスたちが続々と集まってくる。また、水温が20度を超えてくるとシロギスが活発にエサにアタックするようになり、釣り場の水深も5m前後とかなり浅くなる。だからこの時期の木更津沖は、シロギスの爆釣シーズンとなるのだ。
今回取材した深川「冨士見」のシロギス船の釣果を見ても、5月後半の水温が20度前後に達した日には、95匹、104匹、97匹と、すでに束前後の釣果が記録されている。
「釣れる水深が浅くなって、水温が20度以上で安定するようになれば、ベストシーズンだね!」とは、「冨士見」のシロギス船の舵を握る、この道50年のベテラン斎藤正雄船長の談だ。
水深が浅く、タックルも軽いシロギス釣りは、ビギナーにもうってつけ。クーラーひとつで釣行しても、きっと数釣りを存分に楽しむことができるだろう。そしてまた、ベテラン釣り師にとっても、自己最高記録にチャレンジするには最適なシーズンとなる。
もう厚手のウエアはいらない。暑い夏に、東京湾の激釣シロギスで、メラメラと熱くなろう!

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


今年も季節到来! ビッグシーバスシーズン(アイランドクルーズ FC)

今年も季節到来! ビッグシーバスシーズン(アイランドクルーズ FC)

「今年は水温が高いこともあって、少しスタートが遅い感じですね。コノシロパターンも散発的にありますけど、今のところはイワシが多いので、こちらを意識した釣りのほうがメインパターンになっていますね」と話す、10月下旬時点での模様を教えてくれたのは、横浜新山下の人気シーバス船「アイランドクルーズFC」の家田茂大船長。


タチウオ&アジの美味しい豪華リレー!仕掛けと釣り方(福よし丸)

タチウオ&アジの美味しい豪華リレー!仕掛けと釣り方(福よし丸)

「福よし丸」では、使用する道糸の太さによって、オモリの号数を変えている。道糸がPEライン2号の場合、オモリは60〜80号。PEライン3号の場合、オモリは80〜100号。PEライン4号の場合、オモリは100〜120号。あとは、その日の状況によってオマツリなどしないように微調整する。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


仲間とワイワイお手軽フィッシング! 東京湾のLTアジ大人気(釣り幸)

仲間とワイワイお手軽フィッシング! 東京湾のLTアジ大人気(釣り幸)

手軽に美味しいアジが釣れる東京湾のLT(ライトタックル)アジが人気だ。都心からほど近い川崎の「つり幸」では、親子連れや女性を交えたグループ釣行者などで連日賑わいを見せている。


最新の投稿


沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどがターゲット。


バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

ライトジギングやタイラバなどのライトゲームに最適なベイトリールシリーズ「ELAN」の新モデルをご紹介!


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読