MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
浅場でアタリ多く数釣り高確率! 東京湾シロギス(冨士見)

浅場でアタリ多く数釣り高確率! 東京湾シロギス(冨士見)

東京湾のシロギスが、いよいよ最盛期突入だ! 木更津沖の夏のシロギス釣りでは、二束もの釣果を頻繁に耳にするようになる。さらに良い日になると、三束という驚愕の釣果が聞こえてくることもあるほどだ。

水深が浅くタックルも軽いシロギス釣りはビギナーにもうってつけ

当日のポイントは盤洲の水深6〜10m。

ファミリーフィッシングにも最適なシロギス釣り。

子供さんもこのとおり!

良型シロギスゲット!

シロギス釣り楽しい〜!!

一荷もあるぞ!

女性アングラーも良型を手にした!

こんなに釣れるとやみつきになりますね。

イシモチもまじった。

釣れたてのシロギスはとても美味。定番料理のテンプラは絶品!

サイズのいいシロギスは刺身で食べるのもおすすめ。

サイズ感問題なし!

後ろで取り込みを見守る斎藤正雄船長。当日はビギナーにレクチャーしたり、いろいろアドバイスをしていた!

鮮やかな腕前を披露してくれた斎藤正雄船長。わからないことがれば、とにかく聞いてみよう。

ビギナーにオススメの仕掛けは、袖バリ6号、ハリス1号45cmをダイレクトにテンビンに結んだもの。

エサはアオイソメ。写真は斎藤船長のエサ付け。

今回、取材にご協力いただいたのは、深川「冨士見」。

この時期になると、湾央から盤洲干潟まで駆け上がる地形の木更津沖に、シロギスたちが続々と集まってくる。また、水温が20度を超えてくるとシロギスが活発にエサにアタックするようになり、釣り場の水深も5m前後とかなり浅くなる。だからこの時期の木更津沖は、シロギスの爆釣シーズンとなるのだ。
今回取材した深川「冨士見」のシロギス船の釣果を見ても、5月後半の水温が20度前後に達した日には、95匹、104匹、97匹と、すでに束前後の釣果が記録されている。
「釣れる水深が浅くなって、水温が20度以上で安定するようになれば、ベストシーズンだね!」とは、「冨士見」のシロギス船の舵を握る、この道50年のベテラン斎藤正雄船長の談だ。
水深が浅く、タックルも軽いシロギス釣りは、ビギナーにもうってつけ。クーラーひとつで釣行しても、きっと数釣りを存分に楽しむことができるだろう。そしてまた、ベテラン釣り師にとっても、自己最高記録にチャレンジするには最適なシーズンとなる。
もう厚手のウエアはいらない。暑い夏に、東京湾の激釣シロギスで、メラメラと熱くなろう!

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読