夏の東京湾のお手軽ターゲット! 良型カサゴゲットだぜ!(五朗丸)

夏の東京湾のお手軽ターゲット! 良型カサゴゲットだぜ!(五朗丸)

東京湾のカサゴが好調に釣れている。鴨居大室港の「五郎丸」が狙うのは鴨居沖が中心。根を知り尽くしたベテラン、福本清行船長が案内してくれるポイントは、港のすぐ前から行程15分ほどと近い。午後から出船の半日釣りでもトップで20~30匹と十分な釣果が続いている。


これから夏にかけて水温が上がれば数型ともに上昇し期待できる!

カサゴのポイントは東京湾に広く点在する。「五郎丸」が狙うのは鴨居沖が中心。

元気のいい引きが楽しめるのもカサゴの魅力。

良型カサゴを早速ゲット! まるまるしていて美味しそう。

型のいいカサゴが釣れてます! 手軽に楽しめて、食べてもおいしい。東京湾の人気ターゲットだ。

でっぷりした良型カサゴ。食べ応えあり!

色、ツヤ、大きさどれを取っても最高だ!

こちらも良型。いい引きを楽しませてくれた。

まじりでカナガシラも。

こちらはトゴットメバル。

仕掛けは胴付き2本バリ。

出船前に船長が切ってくれるエサは、ピッカピカのサバとコノシロの切り身。

オモリは30号。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居大室港「五朗丸」。

鴨居近辺はカサゴを攻めている船がほとんどないため場荒れも少なく、カサゴの型がいいのが特徴だ。リリースサイズはほとんどまじらず、25㎝越えの良型も珍しくない。オモリで底を丁寧にトレースしてやれば、コツンと気持ちよいアタリがやってくる。早アワセしないよう、十分に食い込ませよう。カサゴはハリ掛かりすると強烈に暴れ、釣り味も抜群だ。取材日は潮がなかなか動かず、前半はアタリが遠かったが、それでもトップは良型含みで20匹。半日船では十分な釣果だ。
カサゴはこれから水温が上がれば、数型ともに期待できる。
「五郎丸」の特徴は、半日船をメインに出船していること。カサゴのほかにはアジ、マルイカにも出船中。そして今後はタチウオも始まる。各自の都合に合わせて午前か午後の半日船を選んだり、好みの魚種を組み合わせてのリレー釣りもできるのが便利なところだ。これから夏になると凪が続く季節、鴨居沖の釣りを存分に楽しもう。

カサゴにアワセは不要。でも意外にテクニックが必要かもしれない

カサゴ釣りにアワセは不要で、完全に飲み込む前に引っ張るとエサを離してしまう。アタリがあったら穂先を少し送ってやり、食い込ませてから聞き上げることが基本だ。それでも魚がエサを離したらまたオモリを底に送って誘いを続けるとアタリが続くことも多い。
手軽な道具で釣れるカサゴだが、潮流れが緩いときなどは食い込みが浅く、意外にテクニカルな釣りなのだ。穂先の軟らかい竿を使うのは重要で、ライト五目に使う七三調子の竿がちょうど良い。ベテランになると、潮の速いときは底ダチ取りの感度を優先して硬めの先調子の竿、潮が緩いときは食い込みを優先して柔らかい竿と使い分けている人もいるほどだ。
船長はまめに移動を繰り返す。根掛かりが多いとアナウンスがあった場合には、オモリが底を引きずらないように注意する。
後半のカサゴは良型が多く、最大は28㎝のジャンボサイズも飛び出した。エサはコノシロ、サバ、シコイワシが用意されていたが、どのエサも遜色なく食っていた。
ブルブルッと鋭いアタリがあって食い込まないのはトラギスのいたずらのようだ。たまにオキトラギス、クラカケトラギスがハリに掛かってくる。天ぷらネタにすれば美味しい魚だ。他にはウスメバルもまじった。

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読