MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏の東京湾のお手軽ターゲット! 良型カサゴゲットだぜ!(五郎丸)

夏の東京湾のお手軽ターゲット! 良型カサゴゲットだぜ!(五郎丸)

東京湾のカサゴが好調に釣れている。鴨居大室港の「五郎丸」が狙うのは鴨居沖が中心。根を知り尽くしたベテラン、福本清行船長が案内してくれるポイントは、港のすぐ前から行程15分ほどと近い。午後から出船の半日釣りでもトップで20~30匹と十分な釣果が続いている。

これから夏にかけて水温が上がれば数型ともに上昇し期待できる!

カサゴのポイントは東京湾に広く点在する。「五郎丸」が狙うのは鴨居沖が中心。

元気のいい引きが楽しめるのもカサゴの魅力。

良型カサゴを早速ゲット! まるまるしていて美味しそう。

型のいいカサゴが釣れてます! 手軽に楽しめて、食べてもおいしい。東京湾の人気ターゲットだ。

でっぷりした良型カサゴ。食べ応えあり!

色、ツヤ、大きさどれを取っても最高だ!

こちらも良型。いい引きを楽しませてくれた。

まじりでカナガシラも。

こちらはトゴットメバル。

仕掛けは胴付き2本バリ。

出船前に船長が切ってくれるエサは、ピッカピカのサバとコノシロの切り身。

オモリは30号。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居大室港「五朗丸」。

鴨居近辺はカサゴを攻めている船がほとんどないため場荒れも少なく、カサゴの型がいいのが特徴だ。リリースサイズはほとんどまじらず、25㎝越えの良型も珍しくない。オモリで底を丁寧にトレースしてやれば、コツンと気持ちよいアタリがやってくる。早アワセしないよう、十分に食い込ませよう。カサゴはハリ掛かりすると強烈に暴れ、釣り味も抜群だ。取材日は潮がなかなか動かず、前半はアタリが遠かったが、それでもトップは良型含みで20匹。半日船では十分な釣果だ。
カサゴはこれから水温が上がれば、数型ともに期待できる。
「五郎丸」の特徴は、半日船をメインに出船していること。カサゴのほかにはアジ、マルイカにも出船中。そして今後はタチウオも始まる。各自の都合に合わせて午前か午後の半日船を選んだり、好みの魚種を組み合わせてのリレー釣りもできるのが便利なところだ。これから夏になると凪が続く季節、鴨居沖の釣りを存分に楽しもう。

カサゴにアワセは不要。でも意外にテクニックが必要かもしれない

カサゴ釣りにアワセは不要で、完全に飲み込む前に引っ張るとエサを離してしまう。アタリがあったら穂先を少し送ってやり、食い込ませてから聞き上げることが基本だ。それでも魚がエサを離したらまたオモリを底に送って誘いを続けるとアタリが続くことも多い。
手軽な道具で釣れるカサゴだが、潮流れが緩いときなどは食い込みが浅く、意外にテクニカルな釣りなのだ。穂先の軟らかい竿を使うのは重要で、ライト五目に使う七三調子の竿がちょうど良い。ベテランになると、潮の速いときは底ダチ取りの感度を優先して硬めの先調子の竿、潮が緩いときは食い込みを優先して柔らかい竿と使い分けている人もいるほどだ。
船長はまめに移動を繰り返す。根掛かりが多いとアナウンスがあった場合には、オモリが底を引きずらないように注意する。
後半のカサゴは良型が多く、最大は28㎝のジャンボサイズも飛び出した。エサはコノシロ、サバ、シコイワシが用意されていたが、どのエサも遜色なく食っていた。
ブルブルッと鋭いアタリがあって食い込まないのはトラギスのいたずらのようだ。たまにオキトラギス、クラカケトラギスがハリに掛かってくる。天ぷらネタにすれば美味しい魚だ。他にはウスメバルもまじった。

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読