大型アカムツレギュラーシーズン! 仕掛けから応用まで(渡辺丸)

大型アカムツレギュラーシーズン! 仕掛けから応用まで(渡辺丸)

南房・江見沖は急深の地形のみならず、近くに鴨川海溝を有する。これはアカムツの生息域を決定付けるなにものでもない。しかも、アカムツ自体の生体は深海魚という理由ですべてが解明されておらず、いまだ不明な部分が多い。


半日のんび〜りデカムツを狙うなら南房のポイントはココだ!!

この「第10渡辺丸」が乗合船だ。

ポイントは港の真沖。陸から意外と近い。

アカムツポイントの水深は200〜300m。

水深200mでも誘いは有効。さまざまなことを試そう!

アカムツ釣り名人の横浜市の泊さんは見事50㎝をキャッチ!

このサイズが3本! 半日でこれだけ釣れれば十分。

おまつりしたため、船下が浮上した大型アカムツ。すかさずタモ入れを行った。それにしてもデカイ。

80歳のアカムツ釣り師のおじいちゃんは、終始手持ち竿で誘い続けた。

50cm越えのアカムツの魚体。身厚だ。

これで3本目です! サバを交わして釣りました。

53㎝のアカムツが浮上。サメと間違ってしまうほど、やり取り中は終始よく引くのだ。

このサイズはこの海域では小さいほうだが、立派な大きさだ。

ゲストのカガミダイ。

やっかいもののゲストはこのツノザメ。タナが低いとよくヒットする。背中の2本のツノには要注意。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・江見太夫崎「渡辺丸」。

南房の深場のアカムツもシーズンイン! 江見太夫崎沖水深200〜300mで40㎝オーバーの大型アカムツがコンスタントにあがっている。
「今期はヤリイカが久しぶりによくてイカ中心の出船でしたが、ほぼ終了したので、GW以降はアカムツをメインに出船しています」と話す、南房の深場アカムツのパイオニア、江見太夫崎「第10渡辺丸」の渡辺英雄船長。
港の近くに鴨川海溝を有し、ほぼ周年アカムツを狙うことができる好立地だが、大型アカムツがまとまって釣れるのは、春〜初夏と秋。まさに、GWを基点として良型シーズンまっただなかなのだ。
「連日50㎝前後の大型がヒットしてます。数はたくさんではないですけど、潮さえ流れれば高確率で釣れてます。その日によってヒットパターンが異なるので、いろいろと試してみてください」と渡辺船長は話す。
午前午後の2便制でポイントは至近。半日のんびりと大型アカムツ求めて釣りをする人にはぴったり。狙いは50㎝級! ぜひ、挑戦してもらいたい。

水深200〜300mを攻める江見沖、深場アカムツタックルとは⁉︎

水深200〜300mを攻める江見沖では、オモリは200号を使用する。タックルは昔ならば、PE6号以上、置き竿専用のリールとロッドが主流であったが、現在はPE4号以下が主流。「渡辺丸」では、最低でもPE4号400m以上収納できるリールを使うようにと釣り人にすすめている。
リールは具体的にはシマノ社製なら3000番、ダイワ社製なら500番が適合。同じサイズのものでも最安値のリールは適さない。どうしてかというと、オモリ200号使用のため、高負加がかかり、リールのモーターがオーバーヒートしてしまうトラブルが発生しやすいからだ。よって、電動リールは中級機以上のものが望ましい。
さらに近年話題にあがっているのが、バッテリー問題。最近の電動リールはハイパワーなものがほとんど。船の電源を使うと、高電圧を要するため、複数人同時使用時に電圧が足りなくなり巻けなくなる事態が頻発している。これを解消するのは、ハイパワー電動の能力をフルに引き出す〝リチウムバッテリー〟だ。バッテリーなんて必要ない、と思っていた人もこのアカムツ釣りを行うなら〝リチウムバッテリー〟を用意したほうがよいのは間違いない。
ロッドは7対3調子がベスト。8対2調子でもよい。穂先は繊細なアタリを感知できる高感度のものがベター。あまり硬すぎるものは避けたい。
専用ロッドも各メーカーから発売されているが、ビシアジ用、中深場用など普段使い慣れているタックルの流用でも十分に対応できる。操作性の面では竿の長さは2〜2.1mがベストだ。
仕掛けはハリス5〜6号胴付き2〜3本バリだ。気になるのは、アピールアイテムだろう。
一番人気は、いまやアカムツ釣りの定番となった、マシュマロボール。ハリスのハリのチモトに付けるだけで、釣果が伸びるという優れものだ。
マシュマロボールと同じく定番となっているのが、フロートパイプ。どちらも浮力系でしかも夜光タイプやケイムラなど集魚効果も同時に期待できる。
マシュマロボール+フロートパイプの組み合わせが流行りだが、気をつけなくてはいけないのが、サバやサメがいるとき。ケイムラカラーやイエロー、夜光グリーンなどのカラーはフォール中にサバにつかまりやすい。さらには、ボトム付近のサメにも高アピールする。
よって、サバやサメが多いときは、カラーを目立たないもの、光らないものなどにかえて使用することが大事だ。
ハリの形状も重要だ。深場ではバラシ防止のため、ムツもしくはホタバリの太軸のものがオススメ。
太軸であると、一度フッキングすると、口周りが裂けにくく、ハリ穴があまり大きくならないのでバラシにくくなるのだ。サバ・サメ対策ではさらに、水中ライト、タコベイトなどの集魚アイテムも外すことも必要だ。
とはいうものの、サバ・サメを寄せる、ということはアカムツも寄せるということにもなる。その使用判断は釣り人次第ということだ。

投入時に竿を下に向けてサバを回避し、本命をキャッチしよう!

初夏の南房はサバが多い。これを回避することが結果として本命キャッチに結びつく。サバ回避の方法として、仕掛けの投入法があることを紹介しよう。
よくヤリイカやスルメイカで行われていることだが、竿先をできるだけ、垂直に下へ向けて落とし込むというもの。サバは落下速度のちょっとした変化に反応しフォール中のエサを食ってしまう。つまりできるだけ速く、そして一定のスピードで仕掛けを落としてやれば、サバにつかまりにくくなるのだ。江見沖といえども、アカムツの釣り方は、波崎沖などと同じだ。
ボトム付近でオモリをつけたまま、静かにアタリを待つというもの。
この際、誘いのタイミングが気になるだろうが、それは好みでOK。基本的にはあまり動かしすぎはよくない。深場のアカムツはかなり上ダナにいることもあるので、たまにオモリを底からゆっくりと上げて、上げた状態で静止させてアタリを待つのもよい。いずれの動作もスローに行う。速い動きはアカムツを散らすことになるので注意。

釣れた魚で捨て糸の長さを判断して釣り方を替えていく方法もある

ユメカサゴやサメばかりヒットするときは、原因として潮があまり流れていないことが考えられるが、基本的にタナが低すぎるのが最大の理由。
タナは捨て糸の長さで決まる。たとえば、捨て糸の長さが1mなら、50㎝足して1.5mにするなどして対応しよう。ここでは捨て糸の長さは2mまで標準だと思ってよい。
このエリアでは、とにかく、アカムツは底付近から浮いていることが多い。アカムツ=ベタ底という概念から少し遠ざかって、アカムツは底上5mで泳いでいるとイメージしてみよう。そう思うと高めのタナも攻めることが可能になる。
あまり高ダナばかりこだわりすぎると、ドツボにハマルこともある。
つまり、タナと誘いパターンはその日、その時によってさまざま。いち早く当たりパターンを探すことが、釣果のカギを握っているのだ。

以上の記事は「つり丸」2018年6月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

4日くらい前から黒潮が入ってきたね。ちょっと潮が澄んで手強いけど、流れているから食うよ。昨日は7人で9本キャッチかな。アベレージは2〜3㎏と小振りだけど、まさに初夏のヒラマサって感じだよね」と話すのは、大原港「松鶴丸」のオキさんこと、中村洋行船長。船長の言葉通り、外房沖は初夏マサシーズンまっさかり、という状況だった。


夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

他地区より遅れて乗っ込みマダイが好調なのが千倉沖だ。千倉港「千鯛丸」では4㎏、5㎏の良型が連日コンスタントに上がり、キロ前後のサイズも数釣れている。取材日にも6.1㎏、4.6㎏の大ダイが顔を出した、マダイファンにはぜひ注目してほしい釣り場だ。


カモシ釣りでマダイ好シーズン! 加えてヒラマサも好調(不動丸)

カモシ釣りでマダイ好シーズン! 加えてヒラマサも好調(不動丸)

外房勝浦沖のカモシ釣りが好スタートを切っている。カモシ乗合で出船している川津港「不動丸」では、マダイの1〜3㎏主体に4〜5㎏級もまじりトップ3枚前後、それにヒラマサの2〜5㎏前後が数まじるという、ウレシイ状況が続いている。


ジギング&キャスティングともに絶好調! 外房ヒラマサ(松鶴丸)

ジギング&キャスティングともに絶好調! 外房ヒラマサ(松鶴丸)

パワー全開のスピードランが、多くのファンを集める外房沖のヒラマサ。近年では周年のターゲットとして、各地のアングラーを惹きつけているが、やはり春から初夏にかけての、いわゆる「春マサ」シーズンはおおいに盛り上がる。黒潮の影響を受けた南からの潮、「真潮」が勢力を増し、多くのヒラマサを外房沖に送りこんでくる。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読